書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2010年 04月 22日
魍魎の匣 【印象度:70】
2008年10月~12月にテレビ放映されたマッドハウスのアニメ作品。

原作が好きなので、アニメ化の話を聞いたときには、気にはなっていました。
本作品は、冒頭に印象的な作中作のシーンがあります。
列車の中で主人公の対面に座った男が、
膝の上に抱えた匣(はこ)を開けるシーンですが、
アニメではこちら側に向かって観音開きで匣が開いて、
娘がこっち向きでホゥホゥ言っていました。
これはあまりに趣が違うと思って、2話以降、切ってしまいました。

アニメの放映終了後、ふと思い出して、評価はどんなもんだったかと思い、
amazonのレビューなんかを眺めたのですが、思いのほか既読者からの評価が高く、
リーズナブルな値段でBD-BOXが販売されたこともあり、購入してみました。

本作品を見ることで、原作小説を実写化するよりも、
アニメ化する方が有利な点がいくつか見えました。

一つは、配役です。
実写化では限られた役者の中から選ぶしかないので、
ミスキャストと言われてしまうリスクが高いと思われますが、
アニメでは、イメージに合わせてキャラクターを一から創り出せます。

もう一つは、実写と比べると抽象化・記号化されていて、リアルから離れている分、
原作を読んだときに浮かぶイメージと真っ向から競合せずに、
受け手側がイメージを摺り合わせる“しろ”があることです。

そんなこともあって、原作を読んだときのイメージとは違うのだけれども、
こういうのもありかなと、比較的すんなりと受け入れることができました。


マッドハウスは、全体的に暗くて狂気が渦巻く世界観の作品では、
質の高い仕事をしますが、本作もその例に違わないです。
特に、美馬坂研究所の断面を切るようにカメラが動いていく絵は、
何度かリプレイしてしまいました。

魍魎の匣 BD-BOX [Blu-ray]
by camuson | 2010-04-22 22:17 | アニメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/12523408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 第9地区 【印象度:96】 ブルーベルベット 【印象度:80】 >>