書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2010年 06月 09日
告白 【印象度:89】
会社を早めに切り上げて、池袋テアトルダイヤの
レイトショー(21:15~)で鑑賞してきました。原作は未読です。
この劇場は初めてでしたが、スクリーンが小さめです。
公開して間がないため、遅い時間ですが、結構入っていました。

中学校を舞台にしたミステリィ作品です。

女性教師の告白(というか、むしろ告発ですが)からはじまり、
序盤で、教師の娘を殺害した生徒が確定します。
残り時間どうしたものかと要らぬ心配がよぎりますが、
別の登場人物の告白が続き、事件の全く違った見方が示されていきます。
新たな真実が見えたときの、なるほど感がなかなかに心地よい作品です。

学校という社会から隔絶された世界を舞台にしているので、
閉塞感で息が詰まりますが、
最後には、どっかーんとそれをぶち壊して、風穴を開けてくれるような、
ある種の爽快感があります。


久しぶりに自分の中学時代(四半世紀前)を思い出しましたが、
その頃と比べて最も変化したのは、
ケータイ(通信端末)とインターネットの普及ですかね。
本作品ではこれらのツールを使用した新手のいじめなど、
生徒の生活に与える負の側面が描かれています。
ツール自体が悪いのではなく、使う人間のモラルの問題ですが、
能動的な情報収集ツール故に結果的に偏ってしまうこと、
依存症になりやすいことなどもあり、
未熟なうちは使用を制限した方がよさそうですね。


ここからは、わたくしごとでたいへん恐縮です。
私が通っていた中学校では、いじめなどしようものなら、
教師による体罰でぼっこぼこにされてしまうようなところでした。
特に私のクラスの担任は、ちょっとした悪ふざけ程度でも、
急に怒りだして、胸ぐら掴んで振り回したりして、
場の空気を凍りつかせるような教師でした。
(誰か暗殺してくれないかなーと、ため息を漏らした日々を思い出します)

こういう、わかりやすい「狂人」や「敵」が目の前にいると、
生徒同士は、意外と団結するもので、
そのお陰で目立ったいじめはありませんでしたね。

教師としては、単純に、生徒に舐められないために、
威嚇および実力行使をしているだけと思われますが、
結果的には、少年法に守られることのない大人が暴力を管理することになり、
生徒の暴力はある程度抑止されていたと考えられます。
(殺意のある殺人レベルになると、さすがに別でしょうが)

私がその中学校を卒業した数年後、体罰のエスカレートぶりが報道されて、
小西克也が中学校の校門の前でレポートしていたのを思い出します。
(サンデープロジェクトだったかな?)


色々と考えさせられる映画ですね。
by camuson | 2010-06-09 21:51 | 映画 | Trackback(23) | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/12778629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画のブログ at 2010-06-09 23:56
タイトル : 『告白』 はじけたのは何か?
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判っているはずの相手とのコミュニケーションは、実のところ断絶している。 ...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2010-06-10 17:19
タイトル : 告白
命を知るための課外授業。  ... more
Tracked from 象のロケット at 2010-06-10 17:40
タイトル : 告白
ある中学校、1年B組の終業式後のホームルームで、担任の森口悠子が語り出す。 「私の娘が死にました。 警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです。」 少年法で守られた犯人AとBのことを、決してこのままにはしないと宣言する森口。 物語は【告白】から始まる…。 ミステリー。... more
Tracked from yanajun at 2010-06-11 02:26
タイトル : 告白 (松たか子さん)
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... more
Tracked from Thanksgiving.. at 2010-06-15 01:21
タイトル : 映画「告白」
話題の映画「告白」を観てきました。 映画館に置いてあるリーフレットや予告編を観てから、ずっと気になってたんですよ。 テーマからしてちょっと重くて怖そうですし。 原作も話題になってましたしね。 2009年本屋大賞に輝いた、湊かなえのベストセラー小説が原作の....... more
Tracked from MAGI☆の日記 at 2010-06-15 09:32
タイトル : 映画「告白」(ネタバレ注意)
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に...... more
Tracked from 狂人ブログ ~旅立ち~ at 2010-06-16 21:17
タイトル : 「告白」感想
 作家・湊かなえのデビュー作にして、2009年第6回本屋大賞に選ばれた傑作ミステリー小説を映画化。 自分の生徒に一人娘を殺された中学教師の復讐劇を、様々な視点から淡々と...... more
Tracked from にき☆ろぐ at 2010-06-17 00:28
タイトル : 最近見た映画の感想
様々な映画を見たのですが、個別で感想を書く気力がないのでまとめて感想書きます久しぶりにたくさん映画を見ましたよ告白今話題になっている映画です。私も予告の時点で興味惹かれ...... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2010-06-18 11:03
タイトル : 告白
脚本ゼミのメンバーで観る映画を観る会の今回の作品です。 原作は、2009年の本屋大賞を受賞した湊かなえの同名小説。 メンバーは全員原作を読んでいたので 皆で楽しみにしてました。(^^) 特に私は、 「嫌われ松子の一生 」や「パコと魔法の絵本 」の中島哲也氏が監督... more
Tracked from |あんぱ的日々放談|∇ ̄.. at 2010-06-19 16:46
タイトル : AKB48には全く興味ないんだけど、初日舞台挨拶に行けな..
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート...... more
Tracked from 或る日の出来事 at 2010-06-19 19:48
タイトル : 「告白」
間違いなく、私の今年度の邦画第1位だろうなあ。ただし、そもそも、観る邦画の数は少ないんだけど。なーんてね。... more
Tracked from MINT ROOM  at 2010-06-21 21:24
タイトル : 【告白】
★★★★……★は5個で満点。☆は半分。ネタバレ有りなのでご注意。 【物語】とある中学校。終業式後のホームルームで、1年B組の担任・森口悠子(松たか子)は、37人の生徒を前に語...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2010-06-22 08:37
タイトル : 『告白』
  □作品オフィシャルサイト 「告白」□監督・脚本 中島哲也□原作 湊かなえ□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> このわずか数秒のラストシーンの、主人公森口悠子の表情に、松たか子の女優としての執念を観た。 それはあたかも松たか子に森口悠子の怨念がそのまま乗り移ったかのようだった。 そして、その一瞬の表情の中に、森口悠子の心情全てがまさに全身全霊を込めて...... more
Tracked from C'est joli〜こ.. at 2010-06-24 11:06
タイトル : 告白
告白’10:日本 ◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の....... more
Tracked from 新!やさぐれ日記 at 2010-07-05 19:39
タイトル : 【映画】告白
▼動機 バカにしに ▼感想 驚くほど良く出来た映画化 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。 ▼コメント 恐ろしく、良く出来た実写映画化だった。 この原作小説に込...... more
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2010-07-08 23:46
タイトル : 「告白」えげつない…。
[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。  とある中学校の三学期の終業式。1年B組の担任である森口悠子(松 たか子)は、殆んど話を聞こうとしない生徒たちを前に『2月に校内のプールで溺死した一人娘の愛美は、実は事故死ではなく、このクラスの生徒2人によって殺された』と“告白”する。騒然となる...... more
Tracked from じゅずじの旦那 at 2010-07-16 18:39
タイトル : 【告白】 湊かなえ 著
愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです…はっきりいって、本音が語られてる怖い話です [:ショック:]  一日一回のポチッ、よろしくお願い致します [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る…警察からは「事故」と判断された中学校で起こった事件。シングルマザーの森口先生の娘がプールで溺死した。ちょっとしたきっ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-07-18 07:30
タイトル : 告白
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜか敬遠してしまっていたところ(第2位の『ゴールデンスランバー』の方を読みました)、この映画もサスペンス仕立てですから読まずにいて正解でした!  作品のごく簡略な粗筋は、中学教師である森口悠子(松たか子)が、自分の最愛の娘を、担任していたクラ...... more
Tracked from Viva La Vida.. at 2010-07-30 06:03
タイトル : ■映画『告白』
久しぶりに、映画を観て息詰まるような感覚を覚えました。 中島哲也監督の最新作である映画『告白』は、今までとは打って変わった演出手法で、観る者に衝撃を与えます。 主演の松たか子の演技も、凄まじいの一言。 2010年度のキネマ旬報ベスト10、主演女優賞は彼女が受賞するの... more
Tracked from よしなしごと at 2010-07-30 07:53
タイトル : 映画:告白
 予告編の短い告白だけで惹き付けられてしまった映画、告白を観てきました。... more
Tracked from itchy1976の日記 at 2010-08-03 19:18
タイトル : 映画「告白」
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:106分 映倫指定:R15+ 配給:東宝 キャスト:松たか子、岡田将生、木村佳乃 ○ストーリー(eiga.comより) 2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲...... more
Tracked from スポーツ瓦版 at 2011-07-17 12:02
タイトル : 別館の予備(感想202作目 告白)
7月17日 告白 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10955203104/188b5f83 さや侍&X−MEN:ファースト・ジェネレーション& エクスペンダブルズ&ディア・ドクター& ...... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2011-07-17 12:02
タイトル : 告白(感想202作目)
告白はWOWOWでして6月に観たけども... more
<< 戦場でワルツを 【印象度:86】 ブラックホーク・ダウン 【印象... >>