書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2010年 09月 07日
松ヶ根乱射事件 【印象度:89】
2006年の日本映画。レンタルDVDで見ました。
こないだ見た山下淳弘監督の「リンダ リンダ リンダ」(過去記事参照)が良かったので。

冒頭にて、脚色はしているものの、
事実に基づいた作品である旨、字幕で示されます。

木村祐一、川越美和周りの設定は、
面白くするための捏造と思われますが、
話は嘘臭くても、
流れている空気にリアリティがあるんですよね。
普遍的、本質的に、最近の田舎ってこんな感じなんだろなっていう。

人口密度が低いと言うだけで、
住んでいる人は現代人にもかかわらず、
こうも都会と異なる社会になるものかなぁと、
感じ入ってしまいました。
(それは私の勝手な見方であって、都会の方が異常なわけですが)
田舎だと社会における男女の役割があまり分化してなくて、
男女が同じ地平にいることが、とても新鮮に感じました。
(分化しないからこそ女性的価値観の鏡であるマッチョが育つという意味で。
分化が進むと、女性はいたとしても、
女性的価値観は排除される傾向があるので)

こないだ見た、都会の孤独を映し出した是永監督の「空気人形」(過去記事参照
の人形と違い、春子は、なんか生々しく、
田舎の母性的社会、ズブズブな感じを象徴してる気がします。

以上も含めたモロモロを、特にとりたてて強調するでもなく、
間の取り方で魅せていく手法はあいかわらず健在です。

松ヶ根乱射事件 [DVD]
by camuson | 2010-09-07 22:23 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/13196818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ル・オタク フランスおたく物語... 火車 【印象度:65】 >>