書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2010年 09月 27日
イラク -狼の谷- 【印象度:70】
2006年のトルコ映画。レンタルDVDで見ました。

トルコ映画史上最大の製作費(約1,000万ドル)で、
トルコ史上最大動員を果たし、
アラブ各国でも好評を博したとのことです。

イラク戦争後の米軍によるイラク支配を描いた作品で、
トルコ映画なので、トルコ人が主人公なのですが、
イラク戦争におけるトルコの立ち位置の微妙さ、複雑さを反映してか、
序盤は次々と出てくる登場人物達の関係が把握しづらいです。

そんな複雑で微妙な話が進むのかと思いきや、
後半はトルコ人主人公グループvs米国軍グループの
ドンパチアクションになってしまい、
米国の大衆向け娯楽映画並に分かりやすいことになっていて少し残念です。

米国製の戦争映画とは予算が一桁違いますが、
自爆テロの映像は迫力ありましたし、
特に破綻したところはありませんでしたね。

米兵によるイラン人捕虜の虐待を取り入れて見たり、
覆面過激グループによる人質の斬首事件を絡めて見たり、
当時ニュースとして話題になったことを、うまく取り込んで、
飽きさせません。

この映画に出てくる、米国軍人は、有名な映画の1シーン
「ホント 戦場は地獄だぜ! フゥハハハーハァー」のように、
いつもどおりの通常営業なのですが、
この作品は、なぜか反米映画とされているようですね。
米国以外の国がつくる反戦映画が、反米の認定を受けてしまうというのも
困った話です。

本作品は、米国内では一切上映されず、
米軍関係者は在住地を問わず映画館に近づくことすら規制されたとのことで、
そういう意識過剰な懐の狭い反応は、却って作品に箔を付けてしまうだけですよね。
そもそも他国の映画にも、他国にどう見られているかにも、
良くも悪くも、あまり興味を持たないお国柄でしょうに。

その一方で、作中で米国人役を演じた役者の役者魂には本当に頭が下がります。

イラク-狼の谷- [DVD]
by camuson | 2010-09-27 02:52 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/13297886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 百年の孤独 【印象度:90】 童夢 【印象度:75】 >>