書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2010年 11月 02日
愛のむきだし 【印象度:95】
2009年の日本映画。レンタルDVDで見ました。

DVD2枚、ほぼ4時間の長尺ですが、
笑いとシリアスが絶妙にバランスしていて、
変なアイディアてんこ盛りで、キャラも立っていて、
中だるみもなく、無駄もなく、
感動のラストまで失速せずに、疾走しきっています。

タイトルからはワイルドな印象を受けましたが、
どちらかというとデリケートで洗練された感じ・・・
あっ、でも、神父のオッカケのおばちゃんは、そうでもないか。
彼女については顔がムキダシな印象を持ちました。

エロ描写については、主人公の高校生男子が盗撮の達人で、
側転をしながらスカートの下から近写したり、
ヨーヨーのようにカメラを操ってスカートの下から接写したり、
ラジコンカーを操って、スカートの下から連写したりと、
アクロバティックかつスポーティーかつテクニカルで、
パンチラ至上主義のソフトエロ路線です。

これだけの行為をエロ感情を持たずにこなすところが、
変態の変態たる所以でしょうか。

この変態高校生役を西島隆弘が見事にソツなく演じています。
この主人公を嫌っているヒロインの役を満島ひかりが熱演しています。
ウザくても、キモくても、けなげにも、仲良くしなければならない
というシチュエーションは最高にイイものです。

また、特筆すべきは、
チアリーダー(チアリーダーじゃないけど)のチーフの、
存在感の凄みです。
演じている安藤サクラは奥田瑛二と安藤和津の娘とのことで、
切れ長の目は、なるほど安藤和津に似ていますが、
顔の下半分のふてぶてしさは、両親を遙かに超えています。


お下劣な笑いと変態と、派手な血しぶきと、
なんとなく高尚な話を混ぜ合わせて、
エンターテインメントとして成立させる手腕は見事です。
ここらへんに関しては、世界の中でも、
日本映画はアドバンテージがあると思うんですよね。


あと、言い忘れましたが、本作は純愛物です。

愛のむきだし [DVD]
by camuson | 2010-11-02 23:38 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/13558452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 衝突 ラン(自宅周辺5km×1周 計... >>