書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2010年 11月 28日
MW 【印象度:40】
1976~78年の間、ビックコミックに連載された手塚治虫による大人向け漫画作品。
文庫版を購入して読みました。

手塚治虫の作品で、私の中で強く印象に残っている作品を挙げるとすると、
有名どころになってしまいますが、
「ブラック・ジャック」、「火の鳥」、「鉄腕アトム」あたりでしょうか。
一応少年向けではあるけれども、大人が読むに耐える、
生命に対する深い洞察があり、感動があるところが、
手塚治虫の真骨頂なのだと思います。

で、本作ですが、
ホモセクシャルあり、殺人あり、キリスト教ありという大人向けのダークな内容と
少年向け漫画で手癖になってしまっている可愛らしい人物造形のデフォルメとが、
どうもうまくマッチせずに不協和音を発していると感じました。

主人公の美青年が、神父と関係を持ったりするのですが、
美青年が、やたら股上の深いブリーフを穿いていて、
ロボットのパーツみたいな、鉄の固まりのような尻になっていたりして、

肉体のディテールが発するオーラのようなものの描写を放棄しているためか、
色気が感じられないんですよね。

絵に関して言えば、手塚治虫の特長なので仕方がない面もありますが、
ストーリーやプロットに関しては、
扱っている素材は大人向けなのですが、つくりの荒さが目立ち、
他の珠玉作品群と比べ深みも感じられず、
大人が楽しめるものになっていないと思ってしまいました。

「ブラック・ジャック」や「ブッダ」などの執筆と時期を重ねて、
まったく毛色の違う作品で、タブーに挑戦したことは評価できると思います。

MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
by camuson | 2010-11-28 20:25 | 漫画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/13719300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 粘土 【印象度:50】 イニシエーション・ラブ 【印象... >>