書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2010年 12月 28日
チョコレート工場の秘密(Charlie and the Chocolate Factory)【印象度:70】
1964年に発表されたイギリス人作家ロアルド・ダールによる児童文学。
講談社英語文庫を購入して読みました。
本作品は映画化もされていますが、そちらは見ていません。

実は今まで何回か、小説などの英語原本に挑戦していたのですが、
ことごとく途中で挫折しました。
そこで、ここは初心に戻り、児童向けからはじめることとしました。

ちょっと難しめの単語や表現については巻末に解説が載っているので、
辞書を使わなくてもスラスラ読めます。
と言いたいところですが、知らない単語も結構出てくるので、
ケータイ片手にweb辞書を引きながら読み進めました。

登場人物は、甘やかされて、ろくでもなく育った悪ガキたち、
この親にしてこの子ありと思わせる親ばかな親たち、
上記悪ガキの態度に悪態を吐く主人公チャーリーの祖父、
人の話を聞かない奇妙で胡散臭い工場長のおっさん、
などなど、といった具合で、

これら、ろくでもない奴等が(祖父はそうでもないか)
ファンタジックなチョコレート工場を舞台に、
ろくでもないことをやらかすドタバタ展開で、
児童書とはいえ、説教じみた雰囲気はなく、
エンターテインメントに徹しています。

と思いきや、最後はいい話になっています。

英語のレベル的には、
難しい構文がないので、そこで悩むことはほとんどなく、
知らない単語が結構出てくるのですが、
節回しとして、同義語、類義語を重ねる表現が多く、
単語学習に非常に適しているのではないでしょうか。

終盤は、疾走感に溢れる展開で、
英語をのめり込んで読む感覚を味わえたのはよい経験でした。

英語作品については、
今後、当分は児童向けの名作を読んでいこうと思います。
いずれは、大人向け作品をストレスなく読めることをめざして。

チョコレート工場の秘密 - Charlie and the ChocolateFactory【講談社英語文庫】
by camuson | 2010-12-28 21:58 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/13891872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 旧約聖書を知っていますか 【印... サラエボの花 【印象度:80】 >>