書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2011年 05月 20日
オズの魔法使い(The Wonderful Wizard of Oz) 【印象度:70】
1900年発表のライマン・フランク・ボームによる児童文学作品。
英語原著読書3作目。講談社英語文庫を読みました。

ドロシーとカカシとブリキのロボット?とライオンとエメラルドの町
が出てくるらしい、くらいの前知識です。ストーリーはほとんど知りません。
幼少の頃、シェリー主演のTVドラマを少しは見たのかも知れませんが、
内容はまったく憶えていません。

不思議の国のアリス」の後に読んだため、やたら読みやすく感じました。
話の筋がきちんと通っていて、駄洒落や蘊蓄のために脇道に逸れることがないので、
多少わからない単語があっても、意味が類推できるんですよね。

英語の児童書への挑戦はこれで3作目ですが、
(1作目「チョコレート工場の秘密」、2作目「不思議の国のアリス」)
その中では、もっともマッチョな作品で、
冒険の目的が明解で、善悪、敵味方がはっきりしていて、
道中でバトルが発生し、敵を殺っつけながら進んでいきます。

この手の単純明快なバトルアドベンチャーは、
ジャンプ系バトルマンガに顕著なように、パワーインフレに陥りがちですが、
その片鱗さえ見せないのは、見事ですね。というか、むしろデフレです。
ボスキャラェ・・・。
その点では、かなりの型破りです。斬新です。見倣いたいものです。

終わり方も、回収すべくはすべて回収し、かつ、ムダがないですね。

オズの魔法使い―The wizard of Oz 【講談社英語文庫】
by camuson | 2011-05-20 21:09 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/14811763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ライフ・イズ・ミラクル 【印象... 冷たい熱帯魚 【印象度:89】 >>