書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2011年 06月 05日
太陽の帝国 【印象度:70】
1987年のアメリカ映画。レンタルDVDで見ました。
J・G・バラードの原作小説は未読です。

舞台は1941年から1945年までの上海。
主人公は上海租界に住むイギリス人少年で、
ゼロ戦の模型を肌身離さず身につけている飛行機っ子。

イギリス人居留地に日本軍が侵攻した際に、
避難民の群れに流されて、少年は、両親と離れ離れになってしまい、
そこから少年のサバイバルがはじまります。
最終的には日本軍が管理する民間人収容所?に収容されますが、
貧しいながらも、食料と安全と行動の自由がそこそこ与えられており、
その中で、したたかに成長していく少年の体験記となっています。

連合国側の立場でありながら、日本に対して敵国としての先入観のない少年による
戦時の記録という意味で、他にあまり類がなく貴重だと思います。
また、上海租界の街の雰囲気、群集シーンの迫力など映像は見ごたえがあります。

だが、しかし、エンターテインメントとして、あまり面白くないのですよね。
それぞれのエピソードをうまく束ね切れていなくて、推進力がない感じです。

日本軍人役を伊武雅刀やガッツ石松など日本人が演じているなど、
それなりにリアル志向の作品で、
日本人以外が見てもなんら違和感はないのでしょうが、
それでも日本人が見れば、おかしな描写が多々あり、
それはそれで楽しめます。

太陽の帝国 特別版 [DVD]
by camuson | 2011-06-05 01:50 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/14898263
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 首無の如き祟るもの 【印象度:93】 隠蔽捜査 【印象度:88】 >>