書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2011年 06月 24日
ローマの休日 【印象度:60】
1953年のアメリカ映画。モノクロ。
著作権が切れた名作と言うことで、英語学習用教材冊子付で購入しました。


戦後の作品なので、めちゃくちゃ古いというわけではないのだけれど、
映画にとっての古き良き時代を思わせる作品です。

ヨーロッパの王女が、公務に嫌気が差して、ローマの街に抜け出して、
たまたま通りすがった新聞記者と、たった一日だけのデート&恋愛もどきをするという
今日的には、娯楽として成立させることはちょっと難しいと思うくらいに
シンプルなストーリーです。

当時は大衆に向けた種々の情報が、
現代とは比べものにならないくらい少なかったでしょうから、
異国情緒溢れる古都ローマでのロケを行ったことだけでも、
見せ物的な価値が高く、娯楽となり得たのだと思われます。
大衆向け情報メディアとしての映画のプレゼンスが、
段違いに高かったのだと思います。


アクションに迫力がないのは、当時の技術的に仕方がないと思いますが、
それを補うためなのか意外とバイオレンスです。
結構、これは新鮮な驚きで、笑ってしまいました。
通りすがりのハゲ親父が、祝福の名の下に、
いきなり口にブチューと吸い付いてきたりするのも
相当ダメージの残るバイオレンスだなと感じました。

一期一会の恋に、深みを求めてはいけないとは思いますが、
初々しさとか、ドキドキ感みたいなものが、演出されることもなく、
そもそも、あまり求められてもいないと思われるところが、
ちょっと興味深いところですかね。

オードリー・ヘボンさんにもあまり思い入れがないので、
こんなところですかね。

みるみる上達 名作映画で英会話 ローマの休日 (DVD付) (COSMIC MOOK)
by camuson | 2011-06-24 20:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/15008763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< クマのプーさん(Winnie ... 鋸山 >>