書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2011年 07月 06日
メメント 【印象度:87】
2000年のアメリカ映画。レンタルDVDで見ました。

ドラマチックなストーリーづくりのための便利アイテムとして、
「記憶喪失」は、実に多くの作品で使い古されてきた感があります。


本作は、前向性健忘症(ある時点から新しく記憶をすることができない)
という、これまであまり馴染みのなかった種類の記憶喪失を患う主人公の
心理状態および行動を話の中心に据えて、
時間軸を逆転させて描写することにより、
受け手に対して、
主人公と同様の混乱状態を体感させることに成功しています。
他のご都合主義的な記憶喪失ものとは完全に一線を画していると言えます。

受け手は、主人公に同化し、感情移入するも、
作品が終わった時点で、記憶を辿り、事実をつなぎ合わせて、
このストーリーを終わらせることができます。

一方、主人公は、記憶障害により、それができないため、
ストーリーの中の無限ループを彷徨うことになります。

人間の記憶とはあやふやなもので、
しばしば都合良く書き換えられるもののようです。
では、書き換えたい記憶がそもそもない場合どうなのか?
その一つの答えとして、たいへん興味深いです。


メメント [DVD]
by camuson | 2011-07-06 19:39 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/15073064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 若草物語 【印象度:86】 レイクサイド マーダーケース ... >>