書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2011年 11月 21日
父親たちの星条旗 【印象度:70】
2006年のアメリカ映画。レンタルDVDで見ました。

二次大戦太平洋戦線末期の「硫黄島の戦い」を、
アメリカ側視点から描いた作品。
硫黄島プロジェクト2部作の1作目で、
2作目は日本側視点から描いた「硫黄島からの手紙」となります。

本作は実話に基づいています。
「硫黄島の戦い」のさなか、島制圧を誇示するため、
硫黄島擂鉢山山頂に星条旗を突き立てようとする兵士達を写す
1枚の写真が撮影されました(後にピューリッツァー賞を受賞)。
その写真の裏に隠された物語を紡いでいきます。

もとより戦争は政治の道具なのでしょうが、
政局の道具として利用し尽くそうとする政治家の思惑があり、
その思惑に煽られた民衆がつくる戦争認識があり、
その認識と戦場で実際起こっていることとの、
あまりの落差に翻弄される兵士達の苦悩が描かれていきます。

また、アメリカ軍による硫黄島上陸作戦の様子が再現されます。
本作にプロデューサーで参加しているスピルバーグが監督した
プライベート・ライアン」のノルマンディー上陸作戦を彷彿とさせますが、
今回はあまり没入できませんでした。

兵士達のキャラがあまり立っていなくて、
視点をある人物に固定せずに群像として描いているため、
誰が誰だかを認識するのに注意力を削がれ、
心に残らずに流れていってしまうのですよね。

あえて日本兵の人間性をまったく描いてないのは、
対となる第2作のためであることは十分理解できますが、
それにしても、日本兵のやられ方があまりにパターン化していて、
あたかもシューティングゲームの的のような、
ワンパターンな殺られリアクションで、苦笑してしまいました。

軍事戦略的な観点も含めた、戦争エンターテインメントとして、
他では見られないような特異な地形の硫黄島での攻防は、
かなり面白くなるはずだと思うのですが、
アメリカ側視点だけだと、
その面白い部分をあまり描けないというハンデがあって、
その分、日本側視点の第2作に期待してしまうところですね。

父親たちの星条旗 (特別版) [DVD]
by camuson | 2011-11-21 19:41 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/16906731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ブルークリスマス 【印象度:65】 フラガール 【印象度:80】 >>