書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2011年 12月 24日
硫黄島からの手紙 【印象度:80】
2006年のアメリカ映画。レンタルDVDで見ました。

二次大戦太平洋戦線末期の「硫黄島の戦い」を、
アメリカおよび日本それぞれの視点から描く
硫黄島プロジェクト2部作の2作目で、
日本側視点から描いたもの。
(1作目はアメリカ側視点から描いた「父親たちの星条旗」)

硫黄島からの手紙という素材を選んだ時点で、
泣ける作品になることは、ほぼ約束されており、
あとはどんなバランスで料理するかなのですが、
人間的感情を持つ日本兵達による美談に大きくシフトした構成になっています。

当初、イーストウッドは本作を日本人監督に任せるつもりだったようですが、
日本人監督がが同じ内容を撮ってもドメスティックな作品として扱われてしまい、
アメリカでの一般上映は難しかろうことを考えると、
結果的にイーストウッドがメガホンを取ったのは大正解でした。

日本兵たちは、食料としてミミズを食うくらいしかないような
極限状態に追い込まれ、
一部では集団自害を図るなどに至るのですが、
時間経過の描写が薄いため、
突飛でクレージーな行動と映ってしまうところが残念。

戦争には、狂気の沙汰もあれば、美談もある、
その両方を描く意図はわかるのですが、
狂気の悪人キャラと美談の善人キャラが
あまりにわかりやすく分かれてしまっていて、
本来単純じゃないものを描くはずじゃなかったのかと・・・。
少し気になりました。

この硫黄島プロジェクトの二部作は、
プロパガンダを俯瞰しているという立ち位置が重要で、
意味があるものとなっていますね。


硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) [DVD]
by camuson | 2011-12-24 13:04 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/17111488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新幹線大爆破 【印象度:86】 最近の>>2 >>