書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2012年 04月 08日
マグマ 【印象度:85】
2006年発表。文庫版を読みました。

日本国内に豊富なポテンシャルがあるにもかかわらず、
何故か普及してこなかった地熱発電をテーマにした作品です。

冒頭、先進国によるエネルギー問題会議の席で、
欧米諸国から日本だけが原子力発電の停止を求められます。
その理由は、中国、インドをはじめとしたアジア諸国への、
核技術の分散を防ぐためという、あまりに身勝手なもので、
いきなり興味は惹くものの、ちょっとリアリティがないなぁという印象です。

外圧の話は公表されないまま、裏で情報を掴んだ外資ハゲタカファンドが、
つぶれかかった地熱発電開発会社を買収し、再生をめざす展開になります。

ここらへんはリアリティがあるのかどうか、知らない世界なのでピンと来ませんが、
地熱発電を巡る技術動向、制度動向等は、ほぼ事実どおりの設定です。

読者は、地熱発電に関しては全くの素人の主人公の目を通して、
その普及を阻んできた様々な障害を知り、
実際にぶつかり、乗り越えていく過程を体験し、
次の展開をワクワクしながら、
地熱発電の入門的知識を身につけることができるという優れものです。


買収・転売ファンド(ハゲタカファンドとも呼ばれる)から乗り込んできた、
若くて美人な地熱発電開発会社社長の主人公をはじめとした
ケレン味のあるキャラ設定は、現実離れしているものの
話を盛り上げるのには必要不可欠で、
なかなか、愛すべきキャラが多くて、良かったと思います。

終盤、トントン拍子に進みすぎて、
綺麗にまとまり過ぎた感じはありますが。


マグマ (角川文庫)
by camuson | 2012-04-08 16:13 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/17719138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 午前の幽霊 【印象度:30】 ゴールデン・ピクニックス 【印... >>