書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2013年 02月 02日
うみねこのなく頃に散 ~真実と幻想の夜想曲~ 【印象度:95】
2011年発表のPS3用ノベルゲーム。
ほぼ1年前に記事にした
うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~
が出題編(EP1~4)なのに対して、
本作はその展開編という位置づけで、EP5~8が収録されています。

しかし長い、長過ぎる。丸1年かかってしまいました。
プレー時間が140時間以上カウントされています。
寝オチしてしまうケースが多々あったからで、
実際のプレー時間は70~80時間くらいだと思います。


ほぼ一本道(八本道?EP8の最後の最後に分岐がある)でこの長さですから、
作品を面白いと感じない読者は投げ出してしまうと思います。
ですがその一方で、作者はミステリ作品として読者に挑戦状を叩き付け、
その謎解きを引っ張って興味をつないでいる側面もあるので、
謎解きをくどくどと示さずに終わる終わり方に、
大きな不満を感じてしまった読者もいるようです。
(ヒントはくどいほどに示されているとも思いますが)
ネットの評価などを見回しても、
毀誉褒貶どちらかに振り切れていて、その中間がないようです。


私は絶賛の方です。
原作部分の構成は新境地に達しており、
要所要所に新しいアイディアが盛り込まれ飽きることがありません。
これに、贅を尽くしたグラフィック、ヴォイス、音楽が絡み合い、
総合芸術としてのゴージャス感に溢れています。

新キャラで印象深いのはなんと言っても古戸ヱリカ。
大いに笑わせてもらいました。

碑文の謎解きは驚くほどきれいに決まっていました。

終盤の山羊の皆さんの腹に響く厳かな声と、
拭いきれないザコ臭のバランスが絶妙で、
これも大いに笑わせてもらいました。

最期の数十年後のエピソードも抑制がきいていて、
静かに感動的でした。

ちなみに最期の分岐で私は「魔法」を選びました。
もう一方のルートも試してみようと思ったのですが、
クイズ大会以降のログが消えてしまう仕様のようで、
そこからやり直すのは大変そうなので、
また時間があるときにやれればやります。

追記:結局すぐにやりました。


うみねこのなく頃に散 〜真実と幻想の夜想曲〜(通常版)
by camuson | 2013-02-02 21:40 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/19727390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 打ち上げ花火、下から見るか? ... 人の顔 【印象度:70】 >>