書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2013年 02月 09日
打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? 【印象度65】
1994年劇場公開の日本映画。レンタルDVDでみました。

再生し始めた際に、50分弱という短さに驚き、
どういう興行形態だったのかとても興味を持ちました。

そしてタイトルキャプションがが出たとき、
文字が小さいこともあったのですが、
文字がつぶれるほどの画質の悪さに驚き、
DVD化にあたって、なんて雑な仕事をしたものかと感じました。

上記2点が気になったので、見終えた後に調べたところ、
元々テレビドラマとして放映したものを、
編集し直して劇場で公開したものと言うことで、
それですべてに納得がいき、謎が一挙に萎んでしまいました。

テレビドラマとしてはフィルムライクにつくられていて、
画質は汚いけど、映像は綺麗なので、
言われるまでテレビカメラとは気付かなかったです。

内容ですが、小学校高学年の男の子達が、
花火を横から見たら丸いか平べったいかを言い争い、
実際に確かめるために、灯台へ向かうという話です。

とここまで書いたところで、
スタンド・バイ・ミー」に似ていることに気付きますが、
同時代の日本人の私としては断然こちらに共感しました。
うまく郷愁を誘うものが詰め込まれています。

ヒロインが奥菜恵なのですが、
この人は思春期の子役として輝いていた人だったのですね。
これまでこの人の立ち位置が理解できていなかったのですが、
晴れて納得しました。
(思春期に驚くほど艶っぽかった人の例として、
他には松たか子などが挙げられます)

主人公は山崎裕太(あっぱれさんま大先生)で、
大人の脇役が、麻木久仁子や石井苗子(TVタックル)や蛭子能収など、
ちょっと不思議な配役で楽しめます。


打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]
by camuson | 2013-02-09 15:48 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/19766721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 博士の異常な愛情 または私は如... うみねこのなく頃に散 ~真実と... >>