書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2013年 05月 01日
ミケランジェロの暗号 【印象度:65】
2011年のオーストリア映画。レンタルDVDで見ました。

舞台は1938年のナチス勢力下のウィーン。
主人公はユダヤ人画商の息子。
この画商が、行方不明のミケランジェロ作のデッサン画を所有していることを、
ナチスが嗅ぎつけ、
総統閣下からムッソリーニへのおみやげにちょうどよくね?と没収しようとします。
画商一家は、永世中立国スイスになんとか亡命を図ろうとするも、
出国は認められず、それぞれ別々の収容所に送られることに。
移動時に主人公が乗った飛行機が墜落事故を起こし、
主人公とナチス親衛隊員1人が生き残るという映画的な展開となり、
主人公はいかに立ち回るのか?主人公の命運やいかに?!
と言った内容です。

話は史実を背景にした完全なフィクションで、
二転三転して、サスペンスとしては面白いのですが、
史実の重さとどうもうまく馴染まないような気がして、モヤモヤ感が残ります。

バランスの取り方が本当に難しいと思うのですが、
もうちょっと生きる死ぬの切実感があった方が、
メリハリが効いたのかなと思いました。失敗するリスクも高いですが。


ミケランジェロの暗号 [DVD]
by camuson | 2013-05-01 20:07 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/20406907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ラン・ウォーク・フォト(~田端... ザ・メッセージ 砂漠の旋風 【... >>