書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2013年 05月 14日
永遠の語らい 【印象度:70】
2003年のポルトガル/フランス/イタリア映画。レンタルDVDで見ました。

序盤はポルトガル人の美人歴史学者が幼女を引き連れて、
夫の勤務地インドに向けて、
地中海、紅海沿いの古代文明都市を探訪する様子が延々と続きます。
(ポルトガル→フランス→イタリア→ギリシャ→トルコ→エジプト→イエメン)

古代都市の景色は、それぞれ特色があって面白いのですが、
船での移動時には、船の舳が波を切る部分のアップが延々と続いたり、
船の発着時には乗船客の乗降シーンを延々と映したり、
ちょっと間が悪いなと思うほどにゆったりした時間が続きます。

歴史の勉強にはなるものの、
エンターテインメントとしてはどうしたものか、
と思いつつ見ていると・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これまでとはうってかわって、カメラが船内の食堂に移動します。
船長役にジョン・マルコヴィッチ、
船長から夕食の席に招待された3人のマダム
フランス人女性実業家役にカトリーヌ・ドヌーブ、
イタリア人モデル役にステファニア・サンドレッリ、
ギリシャ人女優役にイレーネ・パパス
と一挙に役者が揃います。
4人、4カ国語による語らいがごく自然に繰り広げられ、
驚かされます。

各界で名を成す癖のある熟女たちを相手に、
しなやかに立ち回る船長に惚れてしまいます。

そして次の日の夕食の席には、
ポルトガル人美人歴史学者とその娘が加わり、
5カ国語による語らいに・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、終盤には、さらに驚きの展開が・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大きく3つのパートに分かれていて、
次のパートに進むとガラッと作品の色が変わり、
驚かされるという作品です。

ちょっと他の作品にない変わった感触で面白いのですが、
反面、何回も使えない手法だなとも思いました。


永遠の語らい [DVD]
by camuson | 2013-05-14 21:40 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/20490642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ラン・ウォーク(~飯田橋~四谷... 第33回鹿沼さつきマラソン(ハーフ) >>