書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2013年 07月 01日
砂漠のライオン 【印象度:85】
1981年のリビア/アメリカ/イギリス映画。レンタルDVDで見ました。

1911年にイタリアは伊土戦争に勝利し、
オスマン帝国からリビアを奪い植民地として位置づけ、
統制に向けた武力侵攻を開始します。

それに立ち向かうリビア遊牧民のリーダーが主人公で、
その勇敢さから「砂漠のライオン」の異名を持つオマル・ムフタール。

一方、その敵役として、侵攻軍を統率するのは、
その苛烈さから「リビアの屠殺屋」の異名を持つ、
ロドルフォ・グラッツィアーニ。

同じ砂漠の戦争を扱った「アラビアのロレンス」に比べると、
構図がわかりやすいですね。
「アラビアのロレンス」は、言っても、
イギリスによるイギリス人をヒーローにした映画です。

本作は、アラブ人をヒーローにした映画で、
製作に米英が参加していますが、
ムッソリーニ時代のイタリア王国は米英からすれば敵国ということもあるのか、
残虐非道な侵略行為を比較的容赦なく描写していると思います。


騎馬隊vs戦車隊と武力の差は歴然としているものの、
地の利を味方につけた知略により、それなりに戦えている様子は、
なかなか面白いです。


砂漠のライオン [DVD]
by camuson | 2013-07-01 22:08 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/20731775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ラン・フォト(~巣鴨~新板橋~... ラン・ウォーク・フォト(~秋葉... >>