書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2013年 08月 23日
斜め屋敷の犯罪 【印象度:86】
1982年発表。久しぶりに紙の本を読みました。
3年ほど前に購入して積んでありました。

作者から読者への挑戦状が提示される本格推理物で、
斜め屋敷と称されるヘンテコ建築を舞台にした密室連続殺人トリック。
図面がふんだんに示され、物理的ロジックによる推理を迫るタイプです。

私は花壇の謎については、花壇づくりのエピソードのところで
方法は気づきましたが、
(多湖輝の頭の体操を思い出しました。ア○○○○ルではうまくいきませんでした)
それが何を意味するかは解答編の途中まで気づきませんでした。

その他の数々の謎については、
込み入ったからくり仕掛けがあるような気がして、
それについて悩むのはひどく面倒くさいような気がして、
また、直感的に解けそうにないような気がして、
普段なら挑戦状が出たところで再度読み直すのですが、
そのまま解答に進みました。

メイントリックは細かい仕掛けではなく、
大胆不敵なウルトラC級で度肝を抜かれます。
ただ爽快なだけに、それを成立させるための細かい条件付けに
いじましさと若干のくどさを感じもしました。

ですが、この作品の真価は、犯人のトリックをも利用した、
探偵による犯人を追いつめるための裏トリック(勝手に命名)
にこそあると思います。

頭脳明晰な犯人ですら引っかかる裏トリックですが、
犯人ではない読者にとってみれば、
犯人による表のトリックと混ざって区別が付かず、
推理の攪乱要因となり、難易度が極端に上がっています。
なぜ気づかなかったと後悔することはなく、
悩まず解答に進んでよかったと思える難しさです。


キャラクターはなかなか俗っぽくて、
前作「占星術殺人事件」とは大きく異なりますが、
これはこれで楽しめました。


斜め屋敷の犯罪 (講談社文庫)
by camuson | 2013-08-23 03:17 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/20967504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 七人の侍 【印象度:90】 残暑の候の>>2や... >>