書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2014年 01月 14日
孤島パズル 【印象度:85】
1989年発表の推理小説。電子書籍を読みました。

アリスという作中登場人物による一人称記述となっており、
気取らない語り口調が読みやすいです。
たまに難しい表現や引用を気取ったりしますけど。


宝探しのパズルが仕掛けられた南洋の孤島。
ロケーション、シチュエーション
雰囲気は文句ないです。大好きです。

ただ、肝心の推理の部分が、ごちゃごちゃしていて、かつ
足元が弱くて、吹けば飛ぶような感じなんですよね。


地図を落としちゃったり、それを自転車で踏んじゃったり、
あり得なくはないけどとても不自然。
荷物持って移動するのにバッグの類は持っておけよと。
裸で荷台に紐で縛り付けるて。

また、移動手段として自転車が重要視されているのですが、
少し体力あればランニングでも同程度のスピードで移動できると思ってしまうと、
何時に自転車が何台あったかとか、どうでもよく感じてしまうのですよね。

作者からの挑戦状のところまできて、一から斜め読みしましたが、
上記のようなこともあり、緻密にロジックを組み立てる気力はありませんでした。

犯人が誰だったら最もインパクトがあるかという視点で、
犯人を決め付けて答え合わせへ。

解答編の途中までは、やっぱりそうなのか、
彼女を呼ばなかった理由は彼女が犯人だからなのかぁあああ!!!
自分の犯行ルートをうっかり披露しちゃったお茶目さんなのくわぁああああ!!!!
とドキドキしたのですが、とんだ見当違いでした。


第1の殺人の密室の謎は、なるほどと思いました。
第2第3の殺人より全然納得感があります。ドラマもあって好きです。

3年前の事件も結構ひどいですね。
魔が刺すということがあるとはいえ、雑すぎないでしょうか。
あのキャラ、言うほど悪い奴じゃないと思っていたので、
もう少しフォローがあればよかったかなと。


孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
by camuson | 2014-01-14 22:05 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/21570329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 構想の死角 【印象度:70】 バグダッド・カフェ 【印象度:65】 >>