書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2014年 05月 19日
鴨川ホルモー 【印象度:75】
2006年発表。kindleで読みました。

作品のタイトルは割と重要だなと思いました。
地名+カタカナというと、どうも安っぽいイメージが先行し、
それだけでなんとなく敬遠していました。

京都の大学生を主人公にした青春ファンタジーということで、
たまたま先日読んだ森見登美彦と重なるところが多いです。
(過去記事:「夜は短し歩けよ乙女」)

両作者1作ずつしか読んでないにもかかわらず、あえて比較するならば、
小ネタが滑りまくりなのは両者共通として、
大きく異なるのは、本作の方がキャラクターが等身大で、
共感しやすかったところでしょうか。

ファンタジー要素(SF要素もしかり)を導入した場合、
そのリアクション部分をなるべくリアルにするのはやはり鉄板ですかね。


恋愛という身勝手な感情に振り回され悶える若者の物語として、
ファンタジー要素がなくても(ホルモーをカバディに変えても)
成立し得るだけの骨格はあるので、
破綻することなく、後半に行くに従って面白くなっていきます。


ホルモーという競技自体は、
KOEIとかの合戦シミュレーションや任天堂のピクミンなどを連想させ、
(どちらもやったことないですが)
戦略ゲームとして面白そうな雰囲気が伝わってきますね。


頻繁に挟まれる小ネタの中で、
芦屋(登場人物)の強さを三国志の呂布になぞらえ、
差し詰め早良京子(登場人物)は貂蝉か?と、
いやいや違うだろ的な例えを主人公がしたところは唯一ツボに入りました。

大学の位置や社寺の位置を地図で確認しながら読むと、
京都の土地勘が養われて良いかも。京都行きたいなぁと思いました。


鴨川ホルモー (角川文庫)
by camuson | 2014-05-19 21:09 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/22015861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ゴッドファーザー 【印象度:86】 ラン・ウォーク・フォト(~谷中... >>