書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2014年 07月 10日
マチルダは小さな大天才(Matilda) 【印象度:60】
1988年発表のイギリスの児童文学。英語原書を電子書籍で読みました。

悪徳中古車商の家に生まれ、ろくな教育を受けていないにもかかわらず、
奇跡的な頭脳を持つマチルダという名の小さな女の子の話。

まだ学校に通う年に至らないマチルダは、
昼間一人家に残されることが多く、他にすることがないので、
図書館の本を片っ端から読み始めます。
マチルダが読み始める本が、
英語初心者にうってつけと思われるタイトルとなっており、
読書入門的な役割も果たしていて、役立つ情報が得られました。

マチルダは小学校に入学することになりますが、
中盤、鬼女校長のエピソードが長くて、中だるみ感があります。
デブの男の子がケーキを食べるエピソードは必要ないと思いました。

そして終盤に急展開があります。
マチルダがいきなり超能力を使えるようになります。
元々奇跡的な天才という設定があり、
それだけで話を転がすことも可能だと思われるのに、
さらに超能力というチートを与えてしまうのは
少々安易かなと思いました。

終幕も急展開です。置いてかれました。
というか児童書とは思えない突き放しです。


クェンティン・ブレイクの絵が好きです。


Matilda
by camuson | 2014-07-10 21:55 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/22189683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< うさうさにゃんにゃん 【印象度... エイリアン4 【印象度:87】 >>