書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2014年 11月 05日
雪国 【印象度:75】
1937年発表の小説。電子書籍版。
湯沢に行く機会が増えてきたので読んでみました。

出だしはあまりにも有名ですが、それ以外はまったく知らず。

と思っていたのですが、列車の窓ガラスの二重写しの描写は、
読んだ覚えがありました。
たぶん中学校時の国語の学習参考書に引用されていたのだと思います。

さて、お話しとしては、妻子持ちの枯れたおじさんが、
年1回、湯沢の温泉街に出かけて、
若い芸者の駒子に会い、不思議な立場で、
不思議にまったりべったり関係するというもの。

別段何も面白いことはないのですが、
何もないところから意味ありげな機微を紡ぎ出す手練です。
言葉は少ないのですが、表層的にならない含みが残る語り口です。

閉ざされた狭い世界で生きる女性の生き様、弱さと強さが、
ぴんと張り詰めた寒さと、雪に覆われた風景とともに、
作品世界に封じ込めれられています。


雪国 角川文庫
by camuson | 2014-11-05 20:30 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/22544432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 白山浴場 富士見湯 >>