書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2016年 03月 08日
作家の収支 【印象度:80】
2015年発表。電子書籍版を購読しました。

これまであまり語られることのなかった作家の収入・支出の内訳を、
森博嗣が自身を実例としてつまびらかにするというものです。

これは本当に貴重な情報で、一気に読んでしまいました。面白かったです。

森博嗣は多作な上に、ドラマやアニメ映画の原作になっているものもあったり、
フィクションだけでなく、本作のような実用・新書系も書いてたりして、
サンプルが1人でも十分に多様性があって、
ケーススタディとして成立するのですよね。


ちなみに印税は書籍価格の10%(書き下ろしだと12%)が相場で、
森博嗣の場合、引退する前は9千万円/年前後で安定、
引退してからは半減とのこと。

売れてる作家のイメージがあったのですが、
ミリオンを超える作品はないそうで、
読みやすい割には読む層を選ぶ作家なのかなぁと改めて感じました。

追伸
本作の電子書籍版は紙媒体の6割引の価格という、
原価を反映した正しいあり方。
(ちなみに幻冬舎新書は通常7%程度の割引率。破格。)
これも森の仕業か?
電子書籍は原価が少なく印税率が高くなるようなので、
その分を何も言わずにキックバックしているのか?
無言実行カコイイ!

作家の収支 (幻冬舎新書)
by camuson | 2016-03-08 20:56 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/24203172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 読書は「アウトプット」が99%... タクシデルミア~ある剥製師の遺... >>