書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2016年 09月 28日
君の名は。【印象度:95】
2016年の劇場アニメ作品。
新海作品は7年くらい前に「秒速5センチメートル」を
Blu-ray DISCで購入していたのですが、
なんだかんだで、見ずじまいになっていました。
よって、本作が、初新海作品です。



出張の帰りTOHOシネマ新宿に寄って見てきました。
21:10~の回に間に合うかと思って、
道の途中のやよい軒で飯を食いながらネット予約をしていたら、
開演20分前くらいに、予約操作の途中でシャットアウトされました。

仕方なく、次の21:50~の回にして、飯をゆっくり食うことととしたのですが、
おかげで超巨大画面(スクリーン9)で見ることになったので、まあ、良かったかなと。

実際に劇場に入ってみて、ここまで画面が大きいとは思わず、
前から3列目で失敗したかなと思ったのですが、
作品が始まってしまえば、疲れも感じませんでした。



さて、作品の感想です。

今まで見てきた劇場アニメ作品の中でも、完成度は高いと思います。
作画が素晴らしいのはわかっていましたが、
ストーリー展開に無駄がなく、後半になるほど、没入できます。

類似のアイディアを持つ作品が相当数思い浮かぶのですが、
どれか一つにべったり似てるということはなく、
満遍なく、いろいろな作品のいいところが混じっているようです。
だからといってツギハギ感はなく、シンプルに整理されています。
ごく自然に話が流れていきますが、要所に緻密に伏線が仕込まれています。
これらに、作者の元来の"売り"である光がこぼれてくるような神作画が加わると、
まったく新しい、個性的な作品ができるのだなぁと思いました。

類似作品を挙げるとネタバレになってしまうので避けますが、
核心となる設定は、乙一氏の短編小説が近いかなと思いました。

追記

音楽は、悪くないと思いますが、1アーティストのポップソングに偏りすぎていて、
リピートしてみる際のネックになりそうです。もういいやと。
音楽を入れ替えたバージョンもつくってもらえれば、
もう1回見直すこともやぶさかではないです。
by camuson | 2016-09-28 19:55 | アニメ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/24686680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2016-09-30 09:27
タイトル : 君の名は。
千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。 山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(みつは)は、自分が都会の男の子になった夢を見た。 一方、東京で暮らす男子高校生・瀧(たき)も、自分が山奥の女子高校生になった夢を見た。 繰り返される不思議な夢、そして、明らかに抜け落ちている記憶と時間。 やがて二人は、自分たちが入れ替わっているのではと思い始める…。 アニメーション。 ≪まだ会ったことのない君を、探している≫... more
<< ラン・ウォーク・フォト(~弥生... カポーティ 【印象度:60】 >>