書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2016年 12月 13日
ネオ寄生獣 【印象度:60】
岩明均「寄生獣」のトリビュート作品集。
雑誌「月刊アフタヌーン」2014年11月号~2016年5月号掲載。
2016年7月単行本発行。

<収録作品リスト>
1.萩尾望都「由良の門を」
2.太田アモレ「今夜もEat it」
3.竹谷隆之「ババ後悔す」
4.韮沢靖「PARAGANT」
5.真島ヒロ「ルーシィとミギー」
6.PEACH-PIT「教えて!田宮良子先生」
7.熊倉隆敏「変わりもの」
8.皆川亮二「PERFECT SOLDIER」
9.植芝理一「ミギーの旅」
10.遠藤浩輝「EDIBLE」
11.瀧波ユカリ「寄生!! 江古田ちゃん」
12.平本アキラ「アゴなしゲンとオレは寄生獣」



真面目な意欲作から、ちょっとふざけた同人誌風、
お下劣なネタ、模型物まで、多種多彩です。

やはり、原作の設定を踏襲した上で、
新たな広がりを見せてくれる作品を評価したいですね。
ということで、私の中での評価上位作品は以下のとおりです。

1位 太田アモレ「今夜もEat it」
2位 熊倉隆敏「変わりもの」
3位 植芝理一「ミギーの旅」

いずれも私が知らない作家でした。
(そもそも萩尾望都、PEACH-PIT、皆川亮二以外は知りませんでした)
機会があればオリジナル作品も読んでみたいですね。


------------------
以下、収録作品の個別評です。

1.萩尾望都「由良の門を」
印象度:60
昔の正統派少女漫画。力作。ページ数も多く登場キャラも多い。
贅沢なつくりながら、読み切りとしてのインパクトがやや弱いか。


2.太田アモレ「今夜もEat it」
印象度:80
その後の寄生獣と人類との共生事例1。
ヒューマンドラマにちりばめられたクスリとホロリのバランスが絶妙。


3.竹谷隆之「ババ後悔す」
印象度:70
寒村のばあちゃんに寄生してしまった寄生獣を、
なんとフィギュアで再現。ナイスアイディアです。


4.韮沢靖「PARAGANT」
印象度:50
アメコミ風。


5.真島ヒロ「ルーシィとミギー」
印象度:65
自作キャラとミギーとのコラボ。
自作キャラを使用したためかamazonレビューでは叩かれてましたが、
その作品自体を知らないので、普通に楽しめました。


6.PEACH-PIT「教えて!田宮良子先生」
印象度:60
田宮良子もの。同人風。田宮の後ろ姿がかわいい。


7.熊倉隆敏「変わりもの」
印象度:75
その後の寄生獣と人類の共生事例2。
こいつ田宮良子以上に賢いかも知れない。


8.皆川亮二「PERFECT SOLDIER」
印象度:55
究極の傭兵として利用される寄生獣。お話的に盛り上がりに欠けるかも。


9.植芝理一「ミギーの旅」
印象度:75
独自の作品世界。書き込み量がすごいです。


10.遠藤浩輝「EDIBLE」
印象度:50
宇宙人に寄生。


11.瀧波ユカリ「寄生!! 江古田ちゃん」
印象度:40
かなりお下劣な4コマ漫画。収録作品の振れ幅の大きさに貢献しています。


12.平本アキラ「アゴなしゲンとオレは寄生獣」
印象度:55
この婆さんに目を付けるとは・・・ゴクリ・・・


ネオ寄生獣 (アフタヌーンコミックス)
by camuson | 2016-12-13 23:37 | 漫画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/25045761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ゼア・ウィル・ビー・ブラッド ... ラン(自宅周辺5km×1周+2... >>