書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2017年 03月 15日
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 【印象度:95】
2014年公開のアメリカ映画。レンタルDVDで見ました。
原題は、Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

かつてヒーロー「バードマン」(バットマン風)として人気を博した
老いた映画俳優が、
ブロードウェー舞台劇に主演兼演出で打って出るというような話です。

業界の裏側を見せ、かつ、劇中劇と劇中現実の境界を曖昧にさせるところなどは、
脳内ニューヨーク」の感覚に似てるかなと思いました。



なにせ、男女関係なく、個性と主張の強い、濃ゆい人だらけで、
仕事がらみだけでなく、元妻、元彼女、現彼女、子供までが、
関係入り乱れて応酬を交わすので、飽きる暇が無いです。


場面が変わるところでも、映像処理で長回し的に繋いだことも、
テンポの良さに貢献しています。

プレ講演だからとアドリブで暴れまくる人気俳優、
そいつが娘にちょっかいを出すなど
主人公から見て、かなりムカつく役をムカつく顔の人が好演。
(後で調べると、日本語も話せるナイスガイらしい、
それだけなりきって好演してたということですね)


「バットマン」の映画を見たこともないし、
マイケル・キートンを初めて見ましたが、
前知識が皆無でもメチャクチャ楽しめました。随所で笑えます。


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(字幕版)
by camuson | 2017-03-15 23:57 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/25610956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 一流の記憶法: あなたの頭が劇... 二枚のドガの絵 【印象度:70】 >>