書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2017年 03月 30日
ツィゴイネルワイゼン 【印象度:65】
1980年の日本映画。レンタルDVD。
先月亡くなった鈴木清順監督の追悼をかねて。

本作は今回初見なのですが、
なんとなく、勝手に、若かりし日の大谷直子の妖艶な姿
というひもづけをしていました。

実際見てみたところ、若かりしと言うわけではなく、
私の知っている大谷直子そのものでした。



と言うことで、そっち方面ではちょっとスカッたのですが、
(裸で指ぱっちん意味不明です。)

それより、原田芳雄が原田芳雄らしくてほんと良かったです。
豪胆で放埒なんだけど、乱暴な感じはなく、安っぽくもない。
知性がにじみ出るとか感じさせずに、バカっぽくもない。
たまに丁寧語使ったりするのも違和感なくハマっています。

期せずして、原田芳雄追悼になってしまいましたね。

作品としては、雰囲気映画なんですよね。
映像も美しく、嫌いではないですが、
ストーリーがちょっと散漫で、
原田芳雄のキャラ以外であまり引っかかるものがなかったです。


ツィゴイネルワイゼン [DVD]
by camuson | 2017-03-30 21:39 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/25656536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< セッション 【印象度:86】 リザとキツネと恋する死者たち ... >>