書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2017年 04月 25日
千年女優 【印象度:45】
2002年の劇場アニメ。レンタルDVD。

劇場用のアニメなので、丁寧につくってあることは間違いないのですが、
どうも、私には合わない作品でした。



主要な登場人物は以下の3人です。
隠遁生活をしている往年の大女優。
そのドキュメンタリーをつくろうとしてインタビューをするおっさんP。
(小さな映像製作会社の社長らしい。プロデューサー兼ディレクターか?)
おっさんPが連れてきた関西弁若手カメラマン。

女優が若き日の役柄を回想する度に、
女優の大ファンのおっさんPと若手カメラマンが回想の中に入り込み
おっさんPは、劇中の登場人物となって、
自らの犠牲を顧みずに女優を助け、その忍ぶ愛に酔い、
若手カメラマンはそれに対して、
関西弁で突っ込みを入れつつも撮影続けるというスタイルです。

デフォルメを抑えたキャラクターに細かい演技をさせて、
コントの真似事をさせているわけですが、
これが決定的に面白くないというか、肌に合いませんでした。

不気味の谷に近付いているのでしょうかね。
わざわざアニメらしくないことをして、
わざわざアニメでは難しいことをして、
失敗しているなと思いました。

千年女優 [Blu-ray]
by camuson | 2017-04-25 23:37 | アニメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/25724310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ルー=ガルー 【印象度:50】 ウルフ・オブ・ウォールストリー... >>