書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2017年 06月 12日
のぼうの城 【印象度:60】
2012年の日本映画。レンタルDVD。

昨年秋のテニス合宿2日目に、
行田市の忍城・さきたま古墳を観光した時からいつか見ようと思っていて、
今さらながら見ることにしました。



でくのぼうにあやかり「のぼう様」と呼ばれる成田長親(忍城城主の従兄弟)が、
城主不在時に石田三成勢に攻められるも、
農民を味方につけて、あっぱれな戦をするという話です。

ポテンシャルが高いのに色々と残念なところが多い作品です。
素材はとても面白いです。
コンピュータグラフィックス、特殊効果も頑張っています。
堤防の決壊のシーンなどは素晴らしいです。
しかし、演出面、脚本面でアチャーと頭を抱えてしまうところが多かったです。

役者の演技力のデコボコ感が半端ないのですよね。
軽薄で薄っぺらな色男の役柄を入れたくなるのは分かるのですが、
成宮がとにかくへたっぴで。
それを補える華や美貌やオーラがあれば良かったのですが・・・
華がないのは榮倉奈々にもあてはまります。

のぼう様役の野村萬斎も、序盤は演技過剰で、ちょっと見ているのがツラいです。
長親が「のぼう」を演じているという劇中構造を考慮に入れても、ちょっと浮きすぎています。
昔の「あぐり」の飄々とした演技が良かったので、どうしてこうなっちゃったかなと。
終盤はさすがの凄味を見せつけてくれますが。

三成役の上地は結構良かったです。冷徹な役がハマっています。
山口智充も与えられた役を十分にこなしてます。
鈴木保奈美も端役ではありますが、貫禄があり、見直しました。
佐藤浩市はさすがです。

あと、脚本の問題で、嘘臭すぎるというのがあります。
泥まみれの農民が城に上がれるように、のぼうが泥まみれになるとか、
農民の子供がおにぎりを渋るシーンとか、
必要ないどころか、しつこいと思ってしまいました。
その分を、リアリティや深みを与えるために使っていればなぁと。


のぼうの城の舞台となった忍城・さきたま古墳に行きました。
興味のある方は → コチラ


のぼうの城 スペシャル・プライス [DVD]
by camuson | 2017-06-12 22:56 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/25841397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< はじめての言語学 【印象度:70】 BLAME! 【印象度:88】 >>