書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2017年 07月 09日
第2回十和田湖マラソン(ハーフ)
休屋地区で受付を済ませた後、遊覧船で優雅にスタート会場に向かい、
十和田湖の南側を半周した後、遊覧船で優雅に休屋地区に戻ってくるという、
優雅ながらもアクロバティックな大会です。

本記事はおもにレースについてのご報告。
遊覧船での移動やその他観光は、「青森 旅ラン(その2)」をご参照ください。

遊覧船が7:15出発とのことなので、5時起きです。
青森から東北自動車道で黒石まで行って、そこから山道。
十和田湖周辺まで来ると、5~6台連なって徐行運転になってしまいましたが、
7時前に到着できて、とりあえずは間に合ったので良かったです。

実際は7:15発の第1便の後、7:30発の第2便があり、余裕でした。
第2便の遊覧船でスタート会場の大川岱地区に向かい、途中おにぎり1個給食。
着岸してから徒歩1分でスタート会場に到着。



スタートまで時間の余裕があり過ぎて、手持ち無沙汰です。
とりあえず、残りのおにぎり1個と珈琲牛乳を飲んで、荷物を預けます。
(荷物はゴール会場まで送られます。)

仮設のトイレは特に設置されず、常設のみでしたが、
参加者数が限られていることもあり、あまり待つこと無く使えました。
荷物を預けた後も、ドリンクコーナーでスポドリや水を飲むことができたのも高印象です。

9:00スタート。

快晴となり、暑さが心配だったのですが、
コースはほとんどの区間が樹木に覆われていました。
夏の大会としては、かなり涼しく走れる大会だなと思いました。

その反面、景観面においては、樹木の陰から湖面が見えるものの、
総じてメリハリがないかなと思いました。
一気に見晴らしが開けて湖面が一望できるなど、
ここぞという撮影ポイントがあればもっと良かったかな思います。
(湖の写真は数少ない木々が途切れた場所で撮影しています)

途中の上り坂では少し歩いてしまいましたが、
その後の下り坂でペースを上げて
夏場の高低差のあるハーフとしては、まあまあ及第点かなと。


ルート(Google)





e0020682_1028497.jpg
09:00:11 スタート直後

e0020682_10292592.jpg
09:28:33 十和田湖西湖と中山半島@和井内

e0020682_10312974.jpg
09:28:38 和井内

e0020682_10315890.jpg
09:43:43 十和田湖西湖@中ノ平

e0020682_1117931.jpg
09:43:48 十和田湖西湖と中山半島@中ノ平

e0020682_11245742.jpg
10:00:15 休屋から林道へ

e0020682_1137220.jpg
10:39:10 宇樽部

e0020682_11374161.jpg
10:55:49 十和田湖東湖と御倉山(御倉半島)

e0020682_11411984.jpg
10:55:53 十和田湖東湖

e0020682_11471020.jpg
11:20:11 水素水


-----------------------
GPSウォッチを2つつけていましたが、それぞれ、20.55km、20.64kmと、
距離計測が21kmに達しませんでした。

御倉半島の根本部分の山登り(ラップ10~13)では少し歩いてしまいました。
そして敢湖台から一気に下るラップ14は爽快でした。平均ピッチも190歩/分。自己ベストです。
タイムがあまり伸びてないのは、急勾配過ぎて、ブレーキをかけざるを得なかったためです。
太ももの前面がパンパンになりました。

e0020682_1491193.png



ネットタイム:2:06:00
ペース:5:58/km
平均心拍数:165回/分
最大心拍数:189回/分
総上昇量:258m
総下降量:261m
ピッチ:168歩/分
ストライド:0.97m/歩

-----------------------

一連の旅ランの記事もどうぞ!

青森 旅ラン(その1)
青森 旅ラン(その2)
by camuson | 2017-07-09 09:00 | ランニング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/25904696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< もう一つの鍵 【印象度:50】 青森 旅ラン(その2) >>