書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2007年 06月 06日
恋の門 【印象度:80】
2004年の日本映画。2年以上前の作品ですね。
映画公開当時に話題になった際に、原作マンガを読みました。
羽生生純の鬼才ぶりに驚嘆し、原作のみで満足し、
そのまま記憶の隅に追いやられてました。
最近、何かの拍子にふと思い出し、
レンタルDVDで観ることにしました。

原作が強烈だっただけに、駄作になってないかと心配でしたが、
杞憂でした。
酒が入っていたこともあるけれど、
コンスタントに大笑いできました。

原作がある映画だと、どうしても比較してしまいがちですが、
観ている間は、批評的な視点は忘れて、映画の世界に入り込めました。

それで、映画を見終わってから、あらためて、
原作のマンガをパラパラと見直したりしたのですが、
マンガでは、恋乃はもっと女臭いし、門はもっと男臭いし、
男と女のエゴのぶつかり合いでエグい感じなんですよね。

映画では、そういった人間ドラマは薄らいでいて、
ライトなドタバタコメディに仕上がってます。

松田龍平はいいですね。視線がどことなく泳いでて存在が軽くて。(褒め)
この映画がドロドロ、ベタベタのいやらしい感じにならず、軽妙さを保てたのも、
彼の持つ雰囲気によるところが大ですね。

酒井若菜も悪くないです。
ちなみに酒井若菜をwikipediaで調べると、
『特に「バカ女」キャラクター役に関して天才的な演技力を発揮し』
とあります。
もともと恋乃というキャラは「バカ女」というより、
感情の起伏がもの凄く激しいキャラなのですが、
酒井が演じるとかなりノーテンキな感じになり、
これはこれでありかなと思いました。

更にwikipediaを読み進めると
『ただ決して酒井自身が「バカ女」というわけではなく』
という記述があります。

必死だな(^^;)
本人ですか\(^o^)/


それより何より、小島聖がスゴイですわ。
どこでどう間違って、こうなったか知らんですが、
宝ですな。特筆事項です。

(以下、ネタバレあり)

マンガという表現の中では、
記号化されていて、気にもならないんですけどね。
いや、ゲロのことなんですけどね。
実写だとそうもいかないようですね。

あと忌野清志郎をはじめとした隣人がまとっている
ムダに派手な衣装は何ですかね。

いろいろと業界人が友情出演していたようなのですが、
庵野秀明くらいしか気付かなかったです。

恋の門 スペシャル・エディション (初回限定版) [DVD]
by camuson | 2007-06-06 22:50 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://camuson.exblog.jp/tb/5834784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Advanced/W-ZERO... 式日 SHIKI-JITSU ... >>