書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2010年 09月 20日 ( 1 )
2010年 09月 20日
めし 【印象度:60】
1951年の日本映画。白黒。レンタルDVDで見ました。
成瀬巳喜男は初めて見ます。
林芙美子の原作は未読です。

サラリーマンの夫のために「めし」をつくる主婦業に嫌気がさして、
実家に帰って、数日間、ごろごろして、頭が冷やされてきたところに、
夫が迎えに来て、元の鞘に収まるという、
まあ、言ってしまえば、たわいもない日常話です。

日本でテレビ放送が始まる1953年より前のことですから、
その後テレビでやるようなホームドラマの需要を
映画が担っていたんでしょうね。

原作ありのホームドラマという時点で、
監督の作家性が出にくいのだと思いますが、
質素なサラリーマン夫婦を上原謙と原節子という
必ずしも役に似つかわしくない映画スターに演じさせているところも、
配役が先にありきの印象を持ってしまい、
監督の作家性が今ひとつ見えて来ないところですね。

ただ、作家性が表に出てこない分、
時代の要求に忠実につくられているように感じられ、
時代の記録として、貴重なものになっているような気がします。
その反面、非常に古臭さばかりが目立って、
時代を超えた何かが感じられないってことでもあるんですけどね。


ここからは余談です。
本作は大阪が舞台になっているのですが、
この時代に、すでに、くいだおれ人形があったのですね。
そういうことがわかるだけでも、なかなか貴重です。

過去の名作を見ると、後でキャストを見たときに驚くことが多いのですが、
本作もご多分に漏れずでした。
日本人離れした目つきをした貧相な若者が大泉滉だったり。
(ヒゲがなかったので、まったくわからなかったです)
脇役が板に付いた青年がいると思ったら、小林桂樹だったり。
(ご冥福を心よりお祈りします)

めし [DVD]
by camuson | 2010-09-20 23:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)