書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
カテゴリ:技術( 18 )
2010年 04月 15日
ブログのデータベース化について
本ブログは文芸作品や映像作品の感想文がメインコンテンツになって久しいですが、
記事を作品の属性別に整理しようなんてことを考え始めると、
それは、DBMS(データベースマネージメントシステム)だよね、ということに気付きます。

各々のブログ記事は、内部的にはデータベースとして管理されているはずなので、
そこにアクセスして、条件検索による絞り込みやソートなどの処理をした上で、
結果をWEB上に表示できれば、それって便利でシンプルだよねと。

私がブログをちんたらと5年近くやって、最近おぼろげに考えたことですが、
極めて自然な話でもあるので、
頭の回転の速い人は4年以上も前に、その場所を通り過ぎていたようです。

松永英明氏公式サイト「絵文録ことのは」より
ブログの「次」はこれが来る。DWS(デーサイ)=データベース→サイト化ツールの時代

「デーサイ」=データベース→サイト化システム
まさにこれですね。

このサイトのページの最後の方に、「鬼が笑いまくる未来年表」というのがあって、
これによると、2007年2月に「デーサイは終わった!」が流行語になってます。
それから3年以上を経て、やっと私が辿り着いたときには、
時既に遅く、兵どもが夢の跡だったわけです。


とまあ、これは、あくまでフィクションで、
実際のところ、「デーサイ」は普及してませんし、
代わりに、従来の無料ブログサービスが進化したかというと、
ほとんど変わらず似たり寄ったりというのが実情です。

無料ブログサービスに限れば、
固定されたCMSを提供することで、そこに載せる広告の収入を得ていたり、
横のつながり、コミュニティの形成を促しているところがあるので、
なかなか、難しい面もあるんでしょうね。

データベース的な使い方の需要は確実にあるはずなので、
今の無料ブログをベースに、改良をしていってくれれば良いのですが、
でも、あまり期待はできないんでしょうね。

Movable Typeをいじるほど、根気もなければ、時間もないので、
エキサイトとか、やればいいのに。
by camuson | 2010-04-15 20:29 | 技術 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 10日
ブログを少しいじりました
作品の感想文がある程度たまってきたので、
「印象度」という勝手な指標で整理することにしました。

私個人の感覚でどれだけ印象に残ったかを示す指標で
簡単に言えば好き嫌いです。

さて、エキサイトブログには、タグ機能というのがあるのですが、
特に印象度の高い作品については、タグをつけましたので、
ブログ画面の右サイドにある「タグ」欄から、アクセスできます。
言わば、オススメの作品です。

本当はすべての印象度ランクをタグにして、
アクセスできるようにしにしたかったのですが、
表示順序をコントロールできず非常に見にくくなるのでやめました。

ブログのよいところは、記事を先に書いて、
記事ストックのたまり具合に合わせて、内容はいじらずに、
記事の組み合わせを変えられるところ、
簡単に容れ物を作り替えられるところ、
見せ方を変えられるところだと思います。
ストックへのアクセス性が重要になりますが、
無料ブログの標準ツールではそこらへんが弱いですかね。
(例えば、印象度ランキングリストの作成や、五十音別リストの作成を
当面やりたいと思っているのですが)

(2012.12.08追記)
現在は、五十音別リストはタイトル索引として、
印象度ランキングリストは、印象度索引として整理済み。
その他、作者索引、発表年索引があり、目次からアクセスできます。
by camuson | 2009-07-10 09:25 | 技術 | Trackback | Comments(0)
2009年 03月 10日
名前検索
興味本位と個人データ漏洩チェックを兼ねて、
自分の氏名でGoogleの検索をかけたりすることがないでしょうか?

たまたま、それをやった際の検索結果の上位がこんな感じでした。
(○○ ○○は私の氏名です。)

改造人間○○ ○○ - 改造人間メーカー
○○ ○○の鞄の中身 - 鞄の中身メーカー
銀河戦隊○○ ○○ジャー - 戦隊メーカー
○○ ○○ - Tシャツメーカー
○○ ○○部屋 - 相撲部屋メーカー
○○ ○○市 - 都市メーカー
○○ ○○の脳内イメージ - 脳内メーカー
○○ ○○の脳内フェチイメージ - 脳内フェチメーカー

上位8位までが、うそこメーカーのアウトプットで占められています。
以前はなかった傾向です。

誰かが、うそこメーカーで○○ ○○を入力し、結果を表示させた時に、
すかさずGoogleがキャッシュに残したのでしょうか。

自分では数年前に興味本位で脳内メーカーは使ったことがありますが、
ここまでのヴァリエーションがあることすら知らなかったというのが実情です。

確率的には、同姓同名の方、およびその周辺の方による可能性が高いと思いますが、
なんだか妙な気持ちですね。

もし、ご覧の皆様方の中に、
ちょっとした出来心で、
改造人間○○ ○○が、悪の組織ダークキャメルに、
右腕をメイクブラシ、小指を計量スプーンに改造された
などの情報を収集された方がいるようでしたら、
名乗り出ていただきたいものです。

あなたの名前は検索されています――6割以上が身近な人を Web 検索
http://japan.internet.com/research/20061212/1.html

自分の名前の検索結果に困ったことある ?
http://slashdot.jp/yro/09/02/19/0152224.shtml
by camuson | 2009-03-10 21:45 | 技術 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 24日
VVVF
なんか調べ物してたら、おもしろいの見つけたので貼っとく。

VVVF
by camuson | 2008-06-24 22:24 | 技術 | Trackback | Comments(0)
2008年 03月 18日
50インチPDP購入(その2)
ネットでパイオニアのKUROシリーズの評判を知って、量販店で実物を見て、他社製品とのあまりの画質の違いに驚いて、ついついポチッと買ってしまったわけですが、物(KURO PDP-5010HD)が届いてから、はや2週間が過ぎてしまいました。
おもにPS3でゲームやDVD、Blu-ray Disc(以下BD)の映像作品の鑑賞を楽しんでいます。

昨日、分波器(セパレーター)が届いたので、地デジも見てみました。
たまたま報道ステーションの時間帯だったのですが……。古館キャスター(笑)のドーランが非道いことになってますね。思わず、「古館 どうらん」でググってしまったほどです。
それほどKUROの映像は鮮明である、ということを伝えたかったわけですが、全くもってお伝えできた気がしていません。いや、むしろ失敗したというか、敗北感すら感じます(笑)
これからのテレビ番組は、HDTV対応のメークや照明が課題となりそうですね。ちなみにドーラン(dohran)はドイツ語だそうです(豆知識)。

<パイオニアがPDP自社生産から撤退>
(その1)をエントリーした翌朝に、パイオニアのPDP自社生産撤退のニュースを聞いて驚きました。
でも考えてみると、合従連衡や撤退が激しい業界で、シェア1割にも満たないメーカーが、4期連続赤字にもかかわらず、自社工場を抱えて生産してきたことの方が驚くべきことなのですけどね。

薄型テレビの世界は、典型的な設備産業である一方で、技術革新のスピードが速いので、短期間でどれだけのシェアを獲得できるかが勝負の分かれ目になるようで、非常にリスキーで資金力がものを言う世界のようです。半導体と似たような感じで、サムスンとかが強いみたいですね。

当初はパイオニアもシェア首位を狙っていたようですが、体力勝負では勝てず、最後の拠り所となる技術力に賭け品質勝負に持ち込んだものの、やはり、流れには抗えなかったようです。

2007年10月~12月期の世界市場におけるパイオニア製PDPの出荷枚数シェアは3.2%、売上高シェアは6.3%。これから計算すると、パイオニアの製品価格は他社製品平均の2.03倍。
実勢価格でも他社の上位機種の2倍弱と行ったところ。この価格だと、マジョリティに支持されなくても不思議ではないわけです。残念ではありますが、いずれはこうなる運命だったということでしょうか。

50インチ以上の市場に限れば、有機ELが製品化されるまで、少なくとも2~3年はかかりそうな勢いですし、当分は液晶に削られながらもPDPが需要を担っていくことになると思います。はたして、今後、KUROシリーズの画質を越えるPDP製品が出てくるのか?それとも、ニッチ層はしばし市場から切り捨てられるのか?ちょっと興味があるところです。

コンテンツがますます多様化していく一方で、それを享受するためのデバイスやプラットフォームが一極化に向かってしまうというのも、対照的で興味深いですね。インターネットの普及等により流通コストが低減し、規模の経済が取り払われつつある側面と、グローバル化によって、ますます規模の経済に拍車がかかる側面があって、産業による両者のバランスの違いが鮮明になってきたということなのでしょうか?技術進歩(革新)のスピードや必要となる先行投資の量なども関係してるように思えます。

ちょっと話が拡散してしまいました。
製品自体の感想などは、また次の機会に。

関連記事サイト:
http://diamond.jp/series/closeup/03_15_001/
by camuson | 2008-03-18 19:27 | 技術 | Trackback | Comments(0)
2008年 03月 03日
50インチPDP購入(その1)
今までテレビはSONYの10インチのブラウン管を使用していました。
テレビ番組の「ながら見」には最適のサイズなんですが、
最近は、ほとんどテレビ番組を見なくなってしまったので、
50インチのプラズマディスプレイパネル(PDP)に置き換えることにしました。

えーと、話が見えないですか。そうですか。

いや、テレビはほとんど見ないんですが、
映像作品を見る時間はむしろ増えてると思われるんですよね。
で、他の娯楽に比べると、最も気楽に多くの時間を費やしているわけで、
まあ、けして高い買い物ではないのかなと。

で、ネットで思わずクリック、昨日、日曜日に物が届きました。
佐川のドライバーが一人で持ってきたので、
パネルをアパートの3階まで運ぶのを手伝わされました。
階段を曲がりきれないので、パネルを縦にして運ぶのですが、
三方が壁に囲まれた階段室のざらざらの壁に腕や背中をゴリゴリとこすりつけられました。

まあ、お蔭で部屋の中の設置位置まで運べたので良かったです。
(規約上は玄関先までになっており、
その通りだったらどうしたものかと思っていた。)


さて、組み立て時に大きなハードルが立ちはだかりました。

普通は大人二人でパネルを垂直に持ち上げて、
パネル裏面の下側垂直方向の穴に、設置台の支柱を差し込みつつ
下ろす必要があるのですが、
この作業は一人では無理だということが判明しました。

いろいろと迷った挙げ句、
パネルを伏せた状態で設置台を差し込んで固定し、
90゜回転させて立ち上げる手法を採用せざるを得ませんでした。
パネルや床を傷付けないよう、毛布や発泡スチロールを利用しました。
(よい子は真似をしない方が無難でしょう)

e0020682_20321025.jpg
①奥の設置台に差し込むのは困難と判断。パネルを倒す。


e0020682_20323543.jpg
②設置台は前方に出っ張っているので、さらに発泡スチロールを嵩上げ。


e0020682_20325825.jpg
③何とかうまく設置。パネルを割ってしまい、涙目になることは避けられた。


e0020682_20333594.jpg
④初日に割ったら、悪魔でさえも涙ちょちょぎれものであると、噂で聞いたことがある。両側にスピーカーを付けると更に横長になる。


床に直に置くと、窓を遮ることなく、圧迫感もないですね。
六畳間の反対側の壁沿い(布団が敷いてある)で視聴することになるわけですが、
一つ誤算だったのは、パネルとの間に基本的に物を置けないということですかね。
今まで部屋の中央に鎮座していた食卓兼物置きのこたつテーブルが、
布団の上、足下の位置に侵攻してきて、快眠を阻害しそうな勢いです。

長くなりそうなので、つづきはまたにします。
by camuson | 2008-03-03 20:34 | 技術 | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 24日
Greasemonkey(グリースモンキー:整備士)
久しぶりなので、思いっきし自分用メモ的記事を・・・

ウェブブラウザにFirefoxを使うようになって、かれこれ3年近く経つと思いますが、
すごく便利かつ基本的な拡張機能を見落としていたようですorz

「Greasemonkey」という拡張アドオンです。
「Greasemonkey」は、ウェブサイトをクライアント側で表示する際に、
任意のJavaScript(ユーザースクリプトと呼ぶ)を埋め込んで加工してしまうという
少々強引な猿です。
JavaScriptは自分で書いてもいいですが、
通常は用途に応じてダウンロードするだけです。

例えば、ユーザースクリプト「GoogleAutoPager」なんか、結構、感動ものでした。
グーグルで検索した結果は、通常10件ずつ表示され、次の10件を表示するには、
クリックしなければならないですが、「GoogleAutoPager」を導入すると、
下にスクロールすれば勝手に次頁を継ぎ足して表示してくれます。
Google Mania「Greasemonkey入門 ~よくわかるグリースモンキーの使い方 ~」


気付いたきっかけは、ニコニコ動画の便利ツールに「Greasmonkey」
が使われていたからなんですがね。
http://nicowiki.com/tools.html#ubd0992e
by camuson | 2007-12-24 00:03 | 技術 | Trackback | Comments(2)
2007年 05月 27日
メールについて
たいへん遅れましたが、
92さん。コメント有り難うございます。

5/16に92さんから「メール送れないぞ」
というコメントがつきました。
一見、本ブログとは全く無縁なコメントで、
しかも、どれだけ掘り下げても無関係なコメントです。

要は、「このコメント浮いてね。」ってわけで、
これに関連する記事を書くことにより、
このコメントをこのブログに馴染ませることが
もしかしたら、可能なのではないか?
そのような一縷の望みを持ちつつ、
前向きに努力してみることにしました。

実は、5/12から5日間程、
プロバイダーから割り当てられているメールサーバーの容量をオーバーし、
新規メールを受け付けなくなっていることに気付かずに過ごしていました。

いや、意外と気付かないものですね。
普段、迷惑メールはメーラーの機能で自動でより分けてるし、
RSS配信をメールで受けていて、そちらが普通に受信していたので、
気付くのが送れました。

レンタルソフト屋や、ネット通販の返事が遅かったりと、
何となく違和感はあったのですけどね。

もともとメインのメールアドレスは
(1)会社PC、(2)自宅デスクトップPC、(3)自宅ノートPC、(4)ケータイ
の4カ所で開く可能性があるので、メールがあちこちに分散しないよう、
1週間メールサーバーにコピーを残す設定にしていたのですが、
裏目に出ました。

今となってはGmailに全部転送してるので、
その必要もないっちゃないんですよね。
ということで、今後は、同様のトラブルはなくなるかと思います。
ご迷惑おかけしました。

Gmailはいざというときにどこにいても見れるよう、
とにかく放り込んで置くって使い方には非常に便利ですね。
by camuson | 2007-05-27 17:42 | 技術 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 02日
エネループ
サンヨー電気のニッケル水素二次電池
「エネループ(eneloop)」を購入しました。
しかも、「オールインワンセット」で。

スタパがブログでえらくうるさかったので。
スタパ齋藤氏がブログで熱く語っていたので。
ブログで書かれてるまんま、真似して
「ジャパネットたかた」で購入してしまいました。

こんなんです。

単1と単2は電池じゃなくてスペーサーで、
中に単3をはめ込んで使います。
これは、発想の転換でした。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

うん。これは便利だわ。
従来のニッケル水素電池もケータイの出先充電用に利用していたのですが、
放電がひどくて、使い物にならなかったのですが、
エネループは売り文句どおり、かなり放電が抑えられているようですね。

<便利その1>
電池を買いに行く必要がなくなります。

<便利その2>
電池の無駄なストックが減ります。
例えばこの電卓などは単4を3本使用するのですが、
市販されている単4電池は4本セットなわけです。
この余った1本は、そこら辺においておくと意外とじゃまなわりに、
必要な時には見つからなかったりするわけです。

<便利その3>
出先などで使う前に、100%充電状態にできるのは
二次電池ならではのメリットです。
つぎ足し充電可能なのが嬉しいですね。

<便利その4>
電池を捨てることがなくなります。
私が住んでいるところでは、
乾電池は廃棄する時には分別し、
資源回収センターに持って行く必要があります。
エネループの場合1,000回充電が可能ですので、
当分廃棄する必要はなさそうです。
余計な資源を浪費せずにすみ、ゴミも減ります。

<便利?その5>
使えば使うほど、コストメリットが出てきます。
充電器を含めて初期費用は高いですが、
1000サイクル使い切れば、1本(充電1回)あたり4円と低コストらしいです。
http://www.sanyo.co.jp/eneloop/info/info01.html

私の場合、Bluetoothマウスに単4を2本使用しているのですが、
消し忘れたりすることもあって、1ヶ月くらいしか持たないです。
すると、1000サイクル÷12サイクル/年=83年 なので
あと83年は持ちますね。
って、あんた!生きてないって!!
コスト算出する時にはせめて100サイクルくらいで
お願いします。サンヨーさん。


なんかサンヨーの宣伝になってしまいましたね。
あのおばちゃんとかいなくなったし、
野中ともよ氏も辞められたことですし、
再建に向けて頑張って欲しいものです。
わけわかりませんが。

panaも似たようなのをつくっています。
ソツのなさでは世界一ってなイメージあるな。松下は。
by camuson | 2007-05-02 20:20 | 技術 | Trackback(2) | Comments(0)
2006年 09月 20日
ひかり電話
昨日から会社の電話が非常につながりにくくなっています。

NTT東日本の「ひかり電話」(NTTのIP電話サービス)がパンクしたとのことです。

NTT東日本によると発生原因は

「連休明けの通話の集中に伴い、通話を制御しているため。」です。

NTTがやらかしてくれました。

しかも、ホームページにひっそりとアナウンスしているのみのため、

客先が事態を知らないため、

周りの人達も説明に四苦八苦しているようです。

NTTには何かと驚かされることが多いですね。
by camuson | 2006-09-20 17:49 | 技術 | Trackback | Comments(0)