書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
カテゴリ:蚊も無視する( 9 )
2014年 09月 28日
当ブログにおける作品の国籍について
カフカの「変身」の国籍は?

作者フランツ・カフカは、プラハ生まれでチェコ語を母語としていますが、
すべての作品をドイツ語で書いています。
カフカが生まれた時代のプラハはオーストリア・ハンガリー帝国の支配下にあり、
同帝国の公用語はwikipediaによると、ドイツ語、ハンガリー語、チェコ語、
ポーランド語、ルテニア語、ルーマニア語、クロアチア語、イタリア語だそうです。

当ブログでは、作品に国籍を設定して分類を行っています。
(参照:国籍索引
当ブログでいうところの作品の国籍は、
第一に作品のメインターゲットとなるマーケットの国籍であり、
(これには作品への投資者(出版社・製作会社等)と、
最終的な消費者(読者・視聴者)があり、どちらに重きを置くかは悩ましい)

副次的に作者の国籍を考慮するものと考えていました。
(母国に母国語の作品マーケットを持つ国は意外と限られているため)

日本の場合は、一国一言語で、歴史的な国境の変化がほとんどないため、
日本語で書かれていれば、日本の出版社でしか出版しないし、
読者として日本人しか対象としていないことから、
上記定義による作品の国籍は、
作者の国籍にかかわらず、日本国籍と言い切れるわけですが、
このようなケースは実は日本だけの特殊事情です。
(アメリカ人作者による日本国籍作品の例:「日本人の英語」(岩波新書))

同じ言語を複数の国で使用していたり、
時とともに国境や支配体制が変わり、言語が変わるのが、むしろ当たり前となると、
出口側では判断ができなくなり、
作者のアイデンティティー、
作者が最も影響を受けた場所のアイデンティティーに重きを置かざるを得なくなってきます。

本来、国というのはまったく固定されたものではなく流動的で、
民族、言語、文化が時間的に流動、変化するわけですが、
当ブログでは、作品を空間軸で分類する便宜上の方法として、
現在における国名を使うという立場をとろうと思います。
(例えばソ連時代のソ連作品の国籍はロシア等の現在の国に変えることにします)


というわけで、「変身」はドイツ語で書かれていますが、作者はプラハの人で、
プラハの国籍は当時はオーストラリア・ハンガリー帝国(ドイツ語が公用語の1つ)でしたが、
現在はチェコなので、作品の国籍はチェコとします。
by camuson | 2014-09-28 19:56 | 蚊も無視する | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 08日
マウス絵
2011年04月17日から、
読書メーター鑑賞メーターゲームメーター
などを始めたのですが、

プロフィール画像がデフォルトだと寂しいので、
勢いでマウス絵を描いてみました。


e0020682_19403317.jpg



このブログのアイコンとしても使用することにします。

双翅目、糸角亜目、カ科、ムシスルカ属、ムシスルカ。
と名乗っているようです。
by camuson | 2011-05-08 19:42 | 蚊も無視する | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 21日
印象度とは?
当ブログ感想文記事における「印象度」とは?

私の心の針がどこまで振れたかという極めて私的感覚的な指標です。

0~100で数値化しています。
90くらいでほぼMAXまで針は振り切れていて、
それ以上は、勢いとかが加味されている感じですかね。

いわゆる「オススメ度」とは、ちょっと違います。
作品を讃えることと、人に薦めることとは切り離して考えないと、
素直に作品を讃えることができなくなってしまう気がします。
「べ、別にあなたにオススメしてるわけじゃないんだから、か、勘違いしないでよね!」

―――――――――――――――――――――――――――――
作品を数値化することには迷いもありましたが、
圧倒的なわかりやすさは何事にも変えられないものです。

たまたま当ブログに迷い込んできた方々に、
拙文を読まずとも結論を簡潔に示せれば、それに超したことはありません。

また、ブログをデータベースとして構築、活用していくにあたって、
過去記事が串刺し的指標にもとづきマッピングされ、
過去記事へのアクセス性が高まることは、非常に効果的であると考えています。
一番利用するのは自分ですが。
by camuson | 2010-03-21 18:41 | 蚊も無視する | Trackback | Comments(0)
2007年 09月 01日
ごめん最後の一行無視して
まだまだ残暑が続きそうですね。
夏バテ防止はネバネバ系の食品がいいとか。
「もずく酢」なんかはサッパリ感もあり最高でしょうね。

というわけで、今回「もずく」を題材に作詞に挑戦してみました。
少年少女合唱曲をバロック風ロック調にアレンジした感じの曲をイメージしてます。

タイトルは、「絶対うめー!もずくロック」
聞いて下さい。

-----------------------
「絶対うめー!もずくロック」   作詞:camuson

♪絶対うめー!もずくロック!
絶対ぅんめー!もずくショック!

(中略)

絶対ぅんめえ!もずく食
絶対うんめぃ! もずく病み もずく力

もずく ずくも くもず ずもく もくず くずも
もずく ずくも くもず ずもく もくず くずも
もずく ずくも くもず ずもく もくず くずも
もずく ずくも くもず ずもく もくず くずも
もずく ずくも くもず ずもく もくず くずも
もずく ずくも くもず ずもく もくず くずも
もずく ずくも くもず ずもく もくず くずも
もずく ずくも くもず ずもく もくず くずも
もずく ずくも くもず ずもく もくず くずも
by camuson | 2007-09-01 09:24 | 蚊も無視する | Trackback | Comments(15)
2007年 07月 22日
チンゲン祭 ~祭りのあと~
今回、短歌に初挑戦したわけですが、
みなさん!
作品に対してどのような感想を持っていただけたでしょうか。
コメント下さった方。本当にありがとうございました。

みなさんからのコメントも打ち止めのようですし、
この短歌の解説をしてくれる物好きな人も、まずいないと思いますので、
今回、自ら短歌の解説に、これまた初挑戦してみたいと思います。

「チンゲン菜

  記念日!」だなんて・・・

    缶チューハイ

たった四はいで

  ぷにってコトかい?


まず最初の出だし「チンゲン菜記念日」についてです。
この言葉は作者が思いついたものではないようです。
この広いインターネット空間のどこかで、
2007/07/11(水) 23:17:39ごろに誰かの思いつきによって生まれ
後日それを目にした作者がインスピレーションを得て
この作品をつくりあげるモチベーションを得た。
と、考えられます。

この「チンゲン菜記念日」という言葉から、30代以上であれば
1987年に発行され、歌集・句集は売れないという定説を打ち破り
280万部の大ベストセラーとなった、あの、
俵万智の「サラダ記念日」を連想する人は多いはずです。
高校教師という立場でありながら、恋愛感情を詠った短歌も多かったため
当時高校生だった作者は、目を丸くしたと聞き及んでいます。

この「サラダ記念日」を契機に、大衆によって多くの「○○記念日」が創設され、
消費されるようになりました。
「サラダ記念日」以前に広く知られていたものとしては、
石野真子の「失恋記念日」くらいしかなかったと言われています。

歌集「サラダ記念日」におさめられた代表的な歌として
次の二首は欠かせないと考えられます。

・「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日
・「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの
俵万智「万智の一人百首」より

ここで、作者は、今回の作品を俵万智作品へのオマージュ
とすることを決心したと考えられます。
そして、「記念日」と聞いて誰もが連想する「この味がいいね」をあえて避けて、
「嫁さんになれよ」をモチーフにして、
揺れる乙女心を詠い上げようと心に決めたと考えられます。
結果的に、上の句はチンゲン菜と俵万智作品からの引用で終始します。

さて、下の句ですが、
原作では上の句の「カンチューハイ」に続けて、「二本で言って」としていますが、
本作品では「たった四はいで」と続けています。
この言葉は次の一首からの借用と考えられます。

・太平の眠りを覚ます上喜撰、たった四杯で夜も眠れず

これは、1853年に浦賀にペリーの黒船が来航し、
強硬的に開国を迫られ大わらわする日本国内の様子を詠った一首で、
上喜撰(=上質のお茶)と蒸気船(ペリーの黒船)とが、
四杯と四隻とがかけられた、たいへん技巧的な作品です。

さて、本作では、「たった四はいで」を引用することにより、
幕末の歴史絵巻をもバックグラウンドとして取り込むとともに、
「嫁さんになれよ」=「開国しろよ」という強硬的な態度に対する
「夜も眠れず」な乙女心を言葉の裏側にしのばせることを試みていると考えられます。

そして最後の句ですが「言ってしまっていいの」「夜も眠れず」
などの感情はすでに言葉の裏に隠してあるわけですから、
ここはそれとは正反対の言葉と態度が求められます。

そうです。いわゆるツンデレです。

近年のツンデレキャラとしてまず思い浮かぶのが、涼宮ハルヒですが、
アニメ放映は終了し、若干、旬は過ぎた感があります。
そこで、同じ京都アニメーション作品で現在放映中の「らき☆すた」
に白羽の矢が立つわけです。
youtubeで250万以上のviewを誇るオープニング(youtube)。
外国人にも衝撃を与えたとされています。(youtube
この爆発力と中毒性にあやかることを作者は意図したと考えられます。
出だしのフレーズが、「曖昧3cm」と数詞ではじまってますので、
「たった四はいで」に重ねることが可能となり、
「(そりゃ)ぷにってコトかい?(ちょっ!)」でこの短歌の締めとしては、
十二分に深みがあり、余韻を残す終わり方となっています。

なお、作者は、これら他作品の背景を知らない人でも、
言葉にリズム感を持たせることで、何となく楽しめて、
かつ、何らかの情景が浮かぶことを期待しているものと考えられます。
また、他作品からの引用の多用、なんとなく謎めかせて、
解釈を読み手にゆだねる手法(エヴァ的手法)により、
百人いれば百の解釈が出てくることをむしろ期待していると考えられます。

「どこを縦読み?」とか、
「チンゲン菜」やら「缶チューハイ」やら「ぷにっ」やら
よくわからないけど、下ネタか?とか、
思われた方もいらっしゃるかと思いますが、
それもまた、あなた自身を投影した一つの立派な解釈であり、
尊重されるべきものだと思います。

上記で延々と展開した解釈も無限にある解釈の一つに過ぎないのです。

「チンゲン菜

  記念日!」だなんて・・・

    缶チューハイ

たった四はいで

  ぷにってコトかい?

by camuson | 2007-07-22 22:35 | 蚊も無視する | Trackback | Comments(2)
2007年 07月 20日
チンゲン菜記念日
蚊も無視する文芸シリーズ第3弾

今回は短歌に挑戦してみました。

ちなみに前回は詩に挑戦。
前々回は散文に挑戦ということで、
いつのまにか第3回目ということです。

今回も、天から”ひらめき”が降ってくるような感覚があり、
その時の澄み渡るような感情そのままに詠いあげてみました。

では、行きます。



「チンゲン菜


  記念日!」だなんて・・・


    缶チューハイ


たった四はいで


  ぷにってコトかい?


(以下5回くりかえし)
 各自のハートに、ctrl+C,V,V,V,V,V

                 詠み人 camuson


作品に対するご意見等ございましたら、
お聞かせいただけるとありがたいです。
by camuson | 2007-07-20 00:39 | 蚊も無視する | Trackback | Comments(5)
2007年 07月 05日
ブログタイトル
ブログタイトルが意味不明というご意見もあるやに聞いておりますので、
語源をひもとき、日本語に意訳してみました。
そんなことで、皆様、今後ともよろしくお願いします。
by camuson | 2007-07-05 22:27 | 蚊も無視する | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 14日
やる気の詩
もしやるとしたら、書評かな。やる気ないけど。

もしやるとしたら、腕立てかな。やる気ないけど。

もしやるとしたら、主役かな。やる気ないけど。

もしやるとしたら、耳掃除かな。やる気ないけど。
by camuson | 2007-02-14 23:50 | 蚊も無視する | Trackback | Comments(11)
2007年 01月 01日
謹賀新年
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

知人の皆さん。年賀状の代わりと思ってください。

さて、今年の抱負を言いますと、

一人でも多くの方々と横隔膜を共鳴させて行ければなと。

いや、どうぞ軽く聞き流してください。

今日が終わらないうちに取り急ぎUPします。

(業務連絡:ping先をちょっと追加して1/2朝に再度送信してみる)
by camuson | 2007-01-01 23:45 | 蚊も無視する | Trackback | Comments(2)