書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
カテゴリ:書籍( 213 )
2017年 08月 06日
グッド・バイ 【印象度:80】
1948年「朝日評論」初出。青空文庫版。未完。

太宰治生家訪問をきっかけに読んだ「人間失格」が読みやすくて、
普通に面白かったので、同時期の別作品を読むことに。

続きを読む
by camuson | 2017-08-06 17:04 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 23日
人間失格 【印象度:91】
1948年発表の小説。青空文庫版。

青森 旅ラン」で青森県五所川原市(当時北津軽郡金木村)の太宰治の生家
「斜陽館」を訪れたのをきっかけに、再読してみることにしました。

これまで、学生の頃に作品全体を読んだものと思い込んでいました。
しかしながら、あるクラスメートにワザ。ワザと道化を見破られたり、
陰惨な絵を描きあげたりのエピソードは覚えているのに、
その他の部分はまったく覚えていなかったことから、
実は第二手記の部分抜粋を教科書で読んだだけであったろうことが発覚しました。
(同様の勘違いを夏目漱石の「こころ」でもやってました)

続きを読む
by camuson | 2017-07-23 22:23 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 03日
もう合コンに行くな―3時間で女をオトす恋愛戦略 【印象度:75】
2009年発行。
読書メーターでナイスをくれた方の、最近読んだ本に並んでました。
amazonのレビューを眺めると意外と面白そうだったので購読。

要約すると・・・
合コンは相手のメンバーを選べないし、
仮に可愛い子がいたとしても、取り合いになるので、極めて効率が悪い。
これに対し、ナンパは、最初から相手を選べて、競争もなく、
場数を踏む中でワンパターンの手法をひたすら磨くことができるので、
最初のハードルさえ乗り越えれば、極めて効率が高いという主張です。

続きを読む
by camuson | 2017-07-03 22:22 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 27日
「小池劇場」が日本を滅ぼす 【印象度:70】
2017年発行。電子書籍を購入しました。

ジャーナリスト有本香による小池都政のレビュー。

簡単にまとめると、小池はパフォーマンスの人で、
民主主義のルールを無視して、独断で市場移転延期などの重要事項を決定し、
大損害を出し続けているということです。
パフォーマンスの裏に隠れた真実をきちんと整理して、硬派なタッチでまとめています。

詳しい内容は本書をお読みください。
以下、本書を読み終わっての感想、というよりむしろ連想です。

続きを読む
by camuson | 2017-06-27 23:59 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 13日
はじめての言語学 【印象度:70】
2004年発行。電子書籍。

比較的時間に余裕がある時季なので、いろいろと本をあさっていたところ、
言語学に興味があったことを思い出して購読しました。

エッセイ的にサラッと楽しく読める言語学の入門書だと思います。
言語学の全体像を俯瞰する網羅的なものではなく、
あくまで読み物として捉えるべきものです。
紹介されている参考文献には興味を引くものが多く、なかなかの紹介上手です。

続きを読む
by camuson | 2017-06-13 22:37 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 05日
デンマルク国の話 【印象度:65】
内村鑑三が1911年に行った講演の内容を自ら文章にまとめたもの。
初出は「聖書之研究」(1911年)。電子書籍。

1864年の第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争で、
プロイセンとオーストリアに敗れ、最も豊穣な南部の地、
シュレースヴィヒ公国、ホルシュタイン公国を失ったにも拘わらず、

砂漠化した土地に地道な植林を行うことにより、まずは林業を復興し、
これが気候の変化、土地改良につながり、農業国として敗戦から見事復活、
一人あたりのGDPで世界トップクラスにまで至った事例を紹介するというものです。

続きを読む
by camuson | 2017-04-05 23:06 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 18日
一流の記憶法: あなたの頭が劇的に良くなり「天才への扉」がひらく 【印象度:75】
2017年発行。電子書籍版を購読しました。

kindleのベストセラーランキングで1位だったので。

前半、記憶のメカニズムの解説。
後半、記憶術の教則。

とてもわかりやすくまとまっていて、
演習をして効果を確認しながら進められるようになっています。

ま、でも、副題の天才への扉なんちゃらは言い過ぎというか、
良書なのに逆にイメージ悪くしてないか?

続きを読む
by camuson | 2017-03-18 21:36 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 21日
夏への扉(The Door into Summer)【印象度:92】
1954年に発表されたSF小説。電子書籍版を読みました。

英語小説原文は2014年7月の
マチルダは小さな大天才(Matilda)」以来2年半ぶりです。

続きを読む
by camuson | 2017-01-21 23:08 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 20日
望月光の古文教室 古典文法編 改訂版 【印象度:75】
2014年発行。電子書籍版を購読しました。

古文の文法をとにかく手っ取り早く1週間程度で、
頭に入れたいというニーズに最適です。

結構前に読み終えていたのですが、学習した内容が使えるかどうか確認するため、
「竹取物語」を読んでみました。
やはり文法(特に助動詞)を頭に入れた上で読むと、
現代語を読まなくてもある程度意味がわかるようになります。
効果はバッチリだったと思います。

続きを読む
by camuson | 2017-01-20 22:59 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 19日
竹取物語 【印象度:86】
成立時期には諸説ありますが、9世紀後半から10世紀初めとされています。

「竹取物語(全) ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」電子書籍版を購読し、
古文原文を、現代語訳と解説付きで読みました。

本レビューは原文に対するレビューとなります。
現代語訳、解説部分のレビューはコチラをご参照ください。

続きを読む
by camuson | 2017-01-19 22:02 | 書籍 | Trackback | Comments(0)