書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2009年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2009年 11月 01日
スラムドッグ$ミリオネア 【印象度:86】
2008年のイギリス映画。
アカデミー賞で作品賞をはじめとして8部門受賞した話題作。
Blu-ray Discが発売になったので、購入して鑑賞してみました。

以下、感想など。

テレビのクイズ番組「クイズ・ミリオネア(インド版)」に回答者として出演した
ムンバイのスラム出身の青年が、正答を連続し、
パーフェクトまであと1問というところで、時間切れ次回持ち越し。
番組終了後、不正を疑われて警察で取り調べられることになります。

青年はクイズの正解をいかにして知り得たのか?
青年が自身の半生を回想し、語っていく物語です。

スラムの子供ですから、生活していくためには、
無銭乗車に始まり、スリや詐欺も当然のようにやります。
悪ガキの冒険譚が展開され、それはそれで楽しいのですが、
とにかく、映像で展開される「混沌」に圧倒されます。

社会的なインフラがほとんどない中、ごみと子供だけはやたら多くて、
それらが混じり合った状態で、本人たちは何の違和感もなく生活していて、
インドのスラムの現状の一端なのでしょうが、どこか近未来世界のような感じもして、
映像に見とれてしまうようなところもあります。

近代化の表の部分、虚構であるテレビのクイズ番組をとおして、
近代化の裏の部分、ゴミと子供にあふれたスラム街の現実を見せていく。
(むろん映画はフィクションであり虚構ではありますが・・・)
このアイデアが、非常にうまくはまっていて、
物語は非常にシンプルなのですが、メリハリがきいて飽きさせません。

舞台がインドであるからこそ成り立つ映画であり、
「混沌」と「躍動」こそが、この映画を輝かせている源ですね。

当のインドでは本作品に対して、批判的な意見も多いようです。
自国の社会問題をネタにされれば、いい気持ちはしないというのは、
わからなくもないですね。

スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray]
by camuson | 2009-11-01 23:09 | 映画 | Trackback | Comments(0)