書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2010年 02月 23日
冷たい密室と博士たち 【印象度:88】
あまり推理小説を読まないし、詳しくもないのですが、
ちょっと変わったタイプの推理小説だなと思いました。

いわゆる単純な倒叙法ではないのですが、
ある程度読み進むと、犯人とトリックの目星が付くようになっていて、
何故犯人は密室をつくったのか?の謎を追っていくようになります。
そこから、仮想倒叙モードが進行する一方で、
実は倒叙じゃないよという揺さぶりを掛けてきたりと、
面白いことするなぁと感じました。

ただ、読んでる側からすると、
登場人物が巡らす間違った推理がバカっぽく感じてしまうんですよね。
読者にヒントを与えて誘導しようとする作者のあざとさを若干感じてしまいました。
とは言うものの、
読者は、犯人が「本の外の人」では作品が成立しないことを知っているのに対して、
「本の中の人」達は、そうではないので、実際はバカではないんですけどね。
逆に、密室の理由の謎については、神視点ですべて見えてしまう読者の
虚を突くものになっています。

前作「すべてがFになる」(過去記事参照)が、
強烈なビジュアルイメージ、天才、狂気、なのに対して、
本作は、その都度平面図と見比べながらコツコツと空間のイメージを積み上げて、
秀才はたくさん出てきますが天才は出てこなくて、怨恨のような人間っぽい話もあってと、
非常に対照的ですね。
どちらも甲乙付けがたいですが、シリーズの振れ幅が味わえて、
続編が楽しみになる感じです。

私も大学時代は実験系のことをやっていて、
大学の敷地の外れにある外界から隔絶された
窓が全くない実験施設に籠もったりもしていたので、
非常に身近というか、懐かしいというか、そういった感覚で一気に読めました。


ストーリーと関係ないところで、ちょっと、おやっ、と思ったのは、
搬入室と実験室の間にドアらしきものがないことですね。
せっかく同レベルのところに搬入室を設けたのに、
これだと、実験室に荷物を入れるのに、非常に急で狭い階段を
上がって降りてしなきゃならないんですよね。まあ蛇足です。

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)
by camuson | 2010-02-23 23:58 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 21日
インビクタス/負けざる者達 【印象度:80】
2009年アメリカ映画。
監督:クリント・イーストウッド。

劇場で見てきました。
非常にシンプルで、テーマが絞られていて、無駄のない、良質な映画です。

実話に基づいた作品なので、嘘くさい大げさな演出にならないよう
丁寧に作られている印象を持ちました。

南アの大統領が分裂した国をまとめるのにスポーツを利用するお話
と言ってしまうとそれまでですが、
国が置かれている状況からするに、藁にもすがるのはむしろ英断であり、
そんな一縷の望みに近い目標を、強い信念により
実現に結びつけた成功物語が描かれています。

時は1995年ラグビーワールドカップ南ア大会当時。
主人公は、南ア大統領ネルソン・マンデラと
南アラグビーナショナルチーム主将のフランソワ。

南アと言ってまず連想されるのはアパルトヘイトでしょうか。
アパルトヘイト時代における黒人の不幸は、私の想像を超えたものですが、
生まれる国を選べないのは、白人にも言えることであり、
アパルトヘイトが廃止された南アで、白人として生きていくことは、
先祖の負の遺産を背負い、常に復讐におびえながら生きていくことなのだ、
ということを暗に気付かせてくる作品でもあります。

日本に住んでいると感覚がずれてしまいがちですが、
復讐の連鎖を断ち切らずに、とりあえず未来のことは考えずに、
子孫をも不幸の連鎖に巻き込んでいくのが世界標準の考え方で、
マンデラ大統領は、それが不毛であることを悟ることができた希有な指導者のようです。
非白人と白人が法的には平等になった今、白人支配時代からの誇りである
ラグビーナショナルチーム「スプリングボックス」まで白人から取り上げてはいけない、
そういう「負けるが勝ち」的なバランス感覚をも持っています。

マンデラは、大統領になる前に、反アパルトヘイト活動により、
27年間の投獄生活を強いられましたが、
「自分の人生の支配者は自分自身である」という詩の一節を心の支えに、
決して信念を曲げることはありませんでした。

敵対し合う国民がまとまるには、国民としての共通の誇りが必要なこと、
ものを成し遂げるには、決して屈服することのない信念が重要であることを
主将フランソワに伝え、これが、チーム内にも伝搬し、
自国初開催のワールドカップで初優勝が現実となります。


この作品のテーマは誇りと信念、そしてその伝搬。
シンプルで事実以上の驚きはありませんが、だがそれがいい。と言える作品です。

その後の南アの治安はいっこうに良くなっていないように思いますが、
何らかの前進があったのかどうかは興味深いところです。

追伸 日本代表も成し遂げてくれています。真面目な作品にアクセントを与えてくれました。

インビクタス/負けざる者たち (クリント・イーストウッド 監督) [DVD]
by camuson | 2010-02-21 21:42 | 映画 | Trackback(7) | Comments(0)
2010年 02月 03日
蔵王温泉スキー場
土日一泊二日。知り合いの人4人で、蔵王に行き、スキーしてきました。

1日目は、氷の粒が顔に当たって痛かったです。
一緒に滑っていた人も顔がやばいと言っていました。

また、視界が悪く、樹氷を見ることもままなりませんでした。
一緒に滑っていた人は、顔がヤバいと言いながらも、
樹氷を見られなかったことが相当悔しかったのか、何なのか、
自ら樹氷になることを選択したようですよ。

続きを読む
by camuson | 2010-02-03 22:28 | 旅・散策 | Trackback | Comments(0)