書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2010年 06月 30日
デビルマン 【印象度:88】
1972~1973年の漫画作品。ほぼ同時期に製作されたテレビアニメ版と
部分的に設定を共有しているものの、全くの別作品。

今更ながら、新装版全4巻を購入し読了しました。

昔、子供の頃、テレビアニメ版を見たことはありますが、
オープニング・エンディング以外はほとんど記憶に残っていないという状況です。
漫画版の評価が非常に高いことから、読んでみることとしました。
以下、感想です。


これは、永井豪渾身の傑作。
日本におけるダークファンタジー漫画の原点
と言ってもいいかも知れませんね。

西洋の神話や宗教から題材を得ながら、
独自のアレンジで新境地を開いています。
エヴァンゲリオンや女神転生シリーズなども、
本作品の系列になるでしょうか。

この新装版では、冒頭から、人の目には見えないデーモンが蠢く世界を、
絵画と見紛う美麗さで描写しきっていることに、まず、驚かされます。
しかし、次の章からは、マンガチックな永井絵に戻り、
冒頭部分が後から書き足したものであることに気付かされます。

加筆した部分が結構あって、絵のタッチが全く違うので、すぐわかり、
違和感も大きいのですが、
それだけ、作者も本作品に並々ならぬ思い入れがあると言うことなのでしょう。

どちらかというと、後から書き足した部分よりも、
昔の絵柄の方が、勢いがあって、
作者が作品に魂をぶつけてきているのが、ストレートに伝わってきます。

終盤の畳みかけるような怒濤の展開、驚きの連続には圧倒されっぱなしです。
圧倒されすぎて、消化不良のまま、上滑りを感じてしまうところも、
無きににしろあらずです。
時空をも超越した壮大な物語だけに、もうちょっと、じっくりと味わいたかった
と思ってしまうのは贅沢な話でしょうか。

ネットで調べると加筆を加えていない完全復刻版(絶版)の方が、
評価が高いようなので、
そちらを中古で購入するというのも手かも知れませんね。

新装版 デビルマン(1) (講談社漫画文庫 な 2-37)
by camuson | 2010-06-30 21:45 | 漫画 | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 27日
父、帰る 【印象度:60】
2003年のロシア映画。同年のヴェネチア国際映画祭の金獅子賞受賞作品。
レンタルDVDで鑑賞しました。

何故か12年ぶりに家に帰ってきた父親が、
二人の息子と一緒に車で旅に出かけるロードムービーです。

なんとも、とらえどころがない印象を受けました。

父親は、旅を通して、12年間のブランクを埋めるべく、
子供に決して媚びることなく、威厳を持って、
大人の生き方を教えていこうとするものの、
すでに、子供には、父性愛を感じ取る、感受性がなくなっていたという悲劇、
という風にとらえればいいのでしょうか?

ロシアの社会状況はわかりませんが、なぜ今(2003年)そのテーマなのかというのが、
いまひとつピンとこないんですよね。

旅に出てから以降は、父親と二人の息子以外に主要な人物は登場せず、
父親の存在感は、なかなかいい雰囲気なのですが、
子役が演じるところの、弱虫な弟が、すねている姿を
延々と見せ続けられるのは、かなり、きついなぁ、という感じです。

アクションや笑いが皆無なのは、そういう作品だとしても、
泣ける話でもなく、すれ違いはあれど、葛藤があるわけではなく、
ときどき、青い空や、草いきれや、光る水面に、はっとさせられ、
ノスタルジーをくすぐられるところはあるものの、
どっぷりと浸かるところまではいかない。

現実は映画のように面白くないのも事実ですが、
この作品に現実味があるかというと、そうでもない。
兄はともかく、弟の方は見た目や行動が、小3~小4程度で、
彼が12歳以上だとしたら、あまり現実味を感じない。
あえて12年ぶりという設定にしたことも、不可解に思われます。

というように、何かすっきりとしない印象を持ちましたが、
映像はよくまとまっていて、そこそこ、いい映画に仕上がっていると思います。

-----------------------------------
2010.06.28追記
スッキリしなかったので、ちょっと調べてみました。

12年ぶりという設定に違和感を持ったのは前述したとおりですが、
その種明かしが下記のサイトに書かれています。

馬場広信氏のサイト 作品論:『父、帰る』
http://www.kiy.jp/~officen/vozvrashchenie.html

映画が公開された2003年は、1991年のソ連崩壊から12年目、
ソ連という父親を失った12年間を暗喩しているという解釈です。

不可解な設定や、何故今このテーマなのか、については、なるほど納得です。


父、帰る [DVD]
by camuson | 2010-06-27 18:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 20日
占星術殺人事件 【印象度:97】
1981年に発表された島田荘司による本格推理小説です。文庫版で読みました。

占星術と錬金術の知識がちりばめられた
物々しい猟奇殺人事件を示唆する狂人芸術家の
仰々しい手記から始まります。

羅列される情報の量に、読了するまでにどれだけ時間がかかるのかと、
先行きが非常に危ぶまれましたが、
手記が終わり、探偵役と助手役の会話パートになると、
軽妙なやりとりをすらすらと読み進めることができ、一安心。

全体の四分の三ほどを読み進み、探偵役が謎が解けたと宣言したところで、
作者からの挑戦状(挑発状m9(^Д^))が挿入されます。

挑発状m9(^Д^)で書かれているところの
「なぞを解く鍵が非常にあからさまな形で鼻先につきつけ」られたところで、
大掛かりなトリックの謎に、恥ずかしながら、ようやく気づいたのですが、

トリックに気付いた時の、からだじゅうに興奮物質が一気に充満していく感覚は、
ここのところなかった感覚でしたね。
思わず図を描いて確かめてしまいました。

ただ、「ピン一本を引き抜けば、パタパタカラカラと
一発ですっきりした形におさまった」
と探偵役は言うのですが、
私は、パタパタまでで、カラカラまでは行けなかったです。

自分の推理の検証のために、
全体の四分の三を、ほとんどもう一度読み直すことになりましたが、
最初の事件に関しては、いくつかストーリーの可能性はあって、
動機や実行の可能性に一長一短あり、
一つに絞り込むことはできませんでしたね。

最初の挑発状m9(^Д^)から、第二の挑発状m9(^Д^)の間の
感動的な出会いの演出には、思わず涙がこぼれてしまいました。

第二のm9(^Д^)の後に続く解答の部分は、
思いのほか退屈で蛇足ぎみなのですが、
最後には、もう一度感動がありました。

一長一短と前述したように、解答には相当無茶なところもあるのですが、
爽快な総合的力づくで乗り切られてしまった感じです。

占星術殺人事件 (講談社文庫)
by camuson | 2010-06-20 03:50 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 12日
戦場でワルツを 【印象度:86】
2008年イスラエルのアニメーション映画。レンタルDVDで鑑賞しました。

1982年のイスラエル軍によるレバノン侵攻と
レバノンの親イスラエル勢力によるパレスチナ難民の大虐殺を題材にしています。

当時19才だった本作品の監督アリ・フォルマンも、
徴兵され、イスラエル兵として侵攻に加わっていましたが、
大虐殺時の記憶はPTSDによって失われていました。

本作品は、監督自身を主人公として、この戦争を体験した者達に取材を重ねることで、
その記憶を徐々に取り戻していく過程を描いています。

アニメーションの人物造形は、実写をトレースした感じで、
ほとんどデフォルメされていません。
線描ではなく、筆で描いたようでもあり、切り絵のようでもあり、
陰影の黒ベタ塗りが結果として輪郭線となるような表現で、
色もべた塗りにすることで2D感を出しています。
日本の漫画の二次元表現より、アメコミに近いですかね。

けして表情豊かではないのですが、
まばたき、しゃべるときの口の開閉など非常に細かく動いていて、
独特の雰囲気をかもし出しています。

背景はグラデーションのある立体的な表現で、
シーンによっては3DCGも使用されているようです。
前景と背景の表現のバランスも、
これまでのアニメにはない味わいになっています。

吹き替えもあるのですが、あまり聞くことのない
ヘブライ語+日本語字幕にしました。

ヘブライ語がまったくわからないので、外来語が使われていると結構耳に入ってきます。
主人公と友人との会話で、PTSDの対策例として、指圧が挙げられていましたが、
はっきりと「SHI・A・TSU」と発音していて、なぜか笑えました。
浪越徳次郎を思い出しました。
こないだ覚えたRPG(携帯対戦車グレネード)も早速何回か出てきてました。
アルファベットは外来語としてそのまま発音しているようです。

テーマがテーマなので、心躍る映画ではないですが、
戦車が、道ばたに駐車している乗用車を、
強引につぶして進んでいくようシーンや、
ゲームのように人を殺していくシーンなど、
実写でやると生々しくなりそうなところを、
ポップでクールかつシニカルにまとめています。

心のフィルターを通した映像として、
このテーマをアニメーションで表現したことの意義を感じました。

最後の映像は、現実とのリンクという意味で、ひとつの方法として理解しますが、
アニメーションには、実写ではできない、実写を超えた表現を期待してしまうので、
それに挑戦した結果を見てみたかった気はしますね。

戦場でワルツを 完全版 [Blu-ray]
by camuson | 2010-06-12 08:33 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 09日
告白 【印象度:89】
会社を早めに切り上げて、池袋テアトルダイヤの
レイトショー(21:15~)で鑑賞してきました。原作は未読です。
この劇場は初めてでしたが、スクリーンが小さめです。
公開して間がないため、遅い時間ですが、結構入っていました。

中学校を舞台にしたミステリィ作品です。

女性教師の告白(というか、むしろ告発ですが)からはじまり、
序盤で、教師の娘を殺害した生徒が確定します。
残り時間どうしたものかと要らぬ心配がよぎりますが、
別の登場人物の告白が続き、事件の全く違った見方が示されていきます。
新たな真実が見えたときの、なるほど感がなかなかに心地よい作品です。

学校という社会から隔絶された世界を舞台にしているので、
閉塞感で息が詰まりますが、
最後には、どっかーんとそれをぶち壊して、風穴を開けてくれるような、
ある種の爽快感があります。


久しぶりに自分の中学時代(四半世紀前)を思い出しましたが、
その頃と比べて最も変化したのは、
ケータイ(通信端末)とインターネットの普及ですかね。
本作品ではこれらのツールを使用した新手のいじめなど、
生徒の生活に与える負の側面が描かれています。
ツール自体が悪いのではなく、使う人間のモラルの問題ですが、
能動的な情報収集ツール故に結果的に偏ってしまうこと、
依存症になりやすいことなどもあり、
未熟なうちは使用を制限した方がよさそうですね。


ここからは、わたくしごとでたいへん恐縮です。
私が通っていた中学校では、いじめなどしようものなら、
教師による体罰でぼっこぼこにされてしまうようなところでした。
特に私のクラスの担任は、ちょっとした悪ふざけ程度でも、
急に怒りだして、胸ぐら掴んで振り回したりして、
場の空気を凍りつかせるような教師でした。
(誰か暗殺してくれないかなーと、ため息を漏らした日々を思い出します)

こういう、わかりやすい「狂人」や「敵」が目の前にいると、
生徒同士は、意外と団結するもので、
そのお陰で目立ったいじめはありませんでしたね。

教師としては、単純に、生徒に舐められないために、
威嚇および実力行使をしているだけと思われますが、
結果的には、少年法に守られることのない大人が暴力を管理することになり、
生徒の暴力はある程度抑止されていたと考えられます。
(殺意のある殺人レベルになると、さすがに別でしょうが)

私がその中学校を卒業した数年後、体罰のエスカレートぶりが報道されて、
小西克也が中学校の校門の前でレポートしていたのを思い出します。
(サンデープロジェクトだったかな?)


色々と考えさせられる映画ですね。
by camuson | 2010-06-09 21:51 | 映画 | Trackback(23) | Comments(0)
2010年 06月 04日
ブラックホーク・ダウン 【印象度:90】
2001年のアメリカ映画。
Blu-ray Disc発売待ちだったのですが、
諸般の事情により発売中止になったようなので、
DVD を借りて観ることにしました。

1993年、ソマリア、モガディシュの戦闘を描いたノンフィクションの映像化です。

米軍の精鋭特殊部隊が、ソマリア反PKO勢力の主要人物2名を、
30分程度で素早くスマートに拉致しようとしたものの、
民兵の反撃にあって泥仕合に発展し、特殊部隊兵18名が殺害されるとともに、
ソマリア人の民兵、民間人350~1,000名を殺害するに至った戦闘です。

米国側視点の映像ですが、
創り手の思想の押し付けは極力排され、
市街地戦の現場で実際に何が起きたのか、
その緊迫感と惨状を再現することに心血が注がれています。

緊張の糸が途切れることなく、見ていて非常に疲れる作品です。
DVD鑑賞の場合、途中でトイレ休憩を挟んだりしますが、
トイレから戻ってきても鈍い疲労感があり、
もう戦場には戻りたくない、という感じで、
再び、映画の中の凄惨な世界に戻るのには、
ちょっとばかり気合いを必要としました。

映像、演技などに緊迫感を壊すようなスキは見られず、
作品に没入することができました。
序盤わかりやすい死亡フラグ立てがありますが、
そういうのも入れないと、キャラの描き分けが弱くなり、
知らない人が淡々と死んでいくだけになってしまいますからね。

RPG!を覚えたのも収穫でした。

ブラックホーク・ダウン [DVD]
by camuson | 2010-06-04 23:49 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 01日
アンダルシアの犬 【印象度:85】
1928年のフランス映画(モノクロ・サイレンス)。
レンタルに供されていないようなので、DVDを購入して鑑賞しました。
基本的に映像ソフトはBlu-ray DISC以外は購入する気はないのですが、例外ですね。

作品の感想の前に、この作品に出会うまでの経緯を少しばかり。
私が高校生の頃ですから、もう20年以上前になりますか。
なにか軽めの読み物の何気ない引用で、
人の眼球を剃刀で切る映画があること、撮影には葡萄を使ったらしいことを読みました。
(wikipediaで調べてみると、実際に使ったのは葡萄ではなくて、子牛の目らしいです)

非常に心がざわついたのを思い出します。

そのとき読んだ言葉によって想起されたのは、
皮をむいた透明感のあるみずみずしい葡萄が、
剃刀を包み込むときに示すであろう弾性挙動、細胞がはじけ、こぼれる果汁、
これに、人の目の映像を、それぞれ透明度50%で重ね合わせたような、
透明感とみずみずしさのイメージでした。


今はインターネットという便利なものがあるので、
昔の記憶を頼りに、調べたところ、
1928年のシュルレアリスム作品であることが判明し、今回、鑑賞するに至りました。


冒頭から、男が剃刀を研ぐシーンから始まり、女の目蓋が男の指で見開かれ、
満月を一筋の雲が横切る映像の後に、
眼球を一筋の剃刀が横切る例のシーンとなるのですが、
想像していたのとはずいぶんと違っていて、
不透明な球体の開いた裂け目から、透明なゲル状のものがじわりと出てくるものでした。
葡萄で言えば皮をむいてない状態、どちらかというとゆで卵の質感と弾性。

映像はすぐさま「8年後」の文字画面に切り替わり、
別の意味ありげなシーンが次々と切り替わりながら続いていきます。
15分見終えると、結局、何の脈絡もない映像だったことに気付かされます。

何の必然性もないことが、逆に凄みを増していますよね。

剃刀のシーンはさすがに笑えないものの、
その他のシーンはコミカルな味付けで、思わず笑ってしまうものが多いです。

一番笑ってしまったシーンは、
どういう訳だか、主人公と思われる男が、重いコンダラよろしく、
腐乱した馬の死体(?)が乗っかったピアノを紐で引っ張る状況になり、
二本の紐を肩に掛けて引っ張り続けると、
その紐には、実は、二人の男がぶら下がっていて、
そいつらが仰向けに床を引き摺られながらついてくる場面です。

おまえはダレですか?と小一時間ばかり問い詰めたい気持ちになります。


まあ、何とも言えない可笑しさが、この作品の妙味ですね。


アンダルシアの犬【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
by camuson | 2010-06-01 21:13 | 映画 | Trackback | Comments(0)