書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2013年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
2013年 06月 29日
ラン・ウォーク・フォト(~秋葉原~上野広小路~伝通院散策~ 計11km)
気を抜いていたら前回ランニングから3週間ほど空いてしまいました。

せっかくの休日なので明るいうちにと思い、走り出したのですが、
結構日差しが強かったのと、前日の昼以降、ろくに食べてなかったのとで、
秋葉原周辺で立ちくらみしてしまいました。
コンビニでウィダーインゼリーなどで栄養を補給しましたが、
疲れは回復せず、残りはウォーキングになってしまいました。

続きを読む
by camuson | 2013-06-29 15:33 | ランニング | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 27日
最近の>>9とか
自分用メモとして残しておくこととします。


①【芸能】宮崎駿、声優について「女の子の声なんかみんな、『わたし、かわいいでしょ』みたいな声を出す。あれがたまらんのですよ」<ニュース[芸スポ速報+](2013/06/27(木) 15:30:48.43)>
元スレURL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372314648/

(感想)「人の嫌がることを進んでします。」もしくは
「我々が発明したものは0である」系ですね。うまいものです。




①【芸能】宮崎駿、声優について「女の子の声なんかみんな、『わたし、かわいいでしょ』みたいな声を出す。あれがたまらんのですよ」<ニュース[芸スポ速報+]>

1 名前:発狂くんφ ★[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:30:48.43 ID:???0
エキサイトレビュー 2013年6月27日 11時00分 (2013年6月27日 15時02分 更新)

ホリエモンが「声優って実際そんなにスキルいるんかえ?って身も蓋もない話もあるし。」なんてツイートをして波紋を呼んだ。
宮崎駿監督も、そんなふうに思っているのだろうか?

宮崎駿監督は、プロ声優をあまり使わない。
最新作『風立ちぬ』、主役の声を担当するのは庵野秀明だ。
庵野秀明は、声優ではない。
『新世紀エヴァンゲリオン』『彼氏彼女の事情』等のアニメ監督だ。
なぜ? なぜ庵野秀明?

劇場用アニメーションでは、ときどきプロの声優ではない有名人が起用される。
「話題作り」というヤツだ。
有名人が、どんな作品なのか語り、「声もがんばりました」とか言って、ワイドショーに取り上げられる。そのために登場する、というヤツだ。
金メダルをとったオリンピック選手が、まったく必要のないキャラでヒトコトだけ発するなんてケースもある。興ざめなのでやめてほしい。
だが、宮崎駿作品のケースはそうじゃない。
『風立ちぬ』の庵野秀明は主人公の声である。
話題作りでちょいと、ってレベルじゃないのだ。

『となりのトトロ』のおとうさんの声も、プロの声優ではない。
糸井重里。コピーライター、「ほぼ日刊イトイ新聞」の人だ。
これまた、ちょい役ではない。重要な役どころだ。
『ジブリの教科書3 となりのトトロ』には、「どうして糸井重里がとうさん役に抜擢されたのか」が詳しく描かれている。

音響監督・斯波重治のインタビューによると、最初はプロの声優を使うつもりでオーディションもしていたらしい。
だが、宮崎監督はそのテープを聞いて、こう答える。
「やっぱり普通のお父さんになってしまいますね」

>>2-4あたりに続きます

http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20130627/E1372265521873.html?_p=1
http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20130627/E1372265521873.html?_p=2
http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20130627/E1372265521873.html?_p=3

2 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:31:18.53 ID:8EVyoZNI0
以下声豚発狂

3 名前:発狂くんφ ★[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:31:18.99 ID:???0
>>1の続き

『トトロ』に出てくるお父さんは子供と友達でいられるお父さんで、いわゆるお父さん的なイメージとは違うんだ、
という説明を受けて、音響監督は、別の人を探そうとする。
が、すぐに「糸井さんはどうですか」と宮崎監督から提案の電話がかかってくる。
もちろん音響監督は「えーっ!!」である。
不安はありましたか?という質問に対してこう答える。
「ええ、声をあてるのは、よほどの俳優さんでも難しいことで、特殊な能力を要求されるんです」
宮崎駿自身も、糸井重里との対談の中で「ほんというとドキドキしていたんですよ」と言っている。
なぜ、そんなにも大きなリスクをおかしてまで、糸井重里の起用なのか?

宮崎監督は、糸井重里との対談で、こう語っている(これも、『ジブリの教科書3 となりのトトロ』に収録されている)。
「声優さんの声をいろいろ聞いてみたんですけど、みんな、あったかくてね、
子どものことを全面的に理解している父親になりすぎちゃうんですよ」
それで、「これはどこか別のところから人を連れてこなくちゃいけないって話になりましてね。糸井さんがいいっていったのは、ぼくです」
声についてこういうことも言っている。
「映画は実際時間のないところで作りますから、声優さんの器用さに頼ってるんです。でもやっぱり、どっかで欲求不満になるときがある。
存在感のなさみたいなところにね。特に女の子の声なんかみんな、「わたし、かわいいでしょ」みたいな声を出すでしょ。
あれがたまらんのですよ。なんとかしたいといつも思っている」

これに対して、糸井重里は「逆にぼくらはアニメっていうのはああじゃないといけないのかなっていうふうに思ってたんですよね。
芝居もそうだけど、過剰ではないと伝わらないわけでしょ」
おそらく、ここで二人が指し示しているのが「声優のスキル」に関わる部分だ。

4 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:31:26.03 ID:S2Cs3cH10 [1/2]
ワロタwww
確かにww

5 名前:発狂くんφ ★[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:31:45.24 ID:???0
>>3の続き

実際に、父親役の糸井重里の声は、おとうさんっぽくない。教科書的なおとうさんとしては失格っていう感じすらする。
ちょっと不安定で、世慣れていない。
「となりのトトロ」演出覚書の父の項には、こう書いてある(『出発点』P405)。
“実生活のバランス感覚に欠けている部分があって、その負担を娘達におしつけているのだが、今はそれに気づかず、仕事に没頭している。”
声優的な巧さよりも、声優ではない不安定さが必要だったのだ。

アニメ「NARUTO」の声優竹内順子は、声優の仕事について、「日経Bizアカデミー」のインタビューでこう答えている。
竹内 例えば、振り返るときに「んっ」って言って後ろを向いたり、そんな人間いないよって初めは思ったんですよ。
── 普通だったら何も言わずに振り返りますからね。
竹内 でもアニメはそれも一つの様式美で、お客さんに対して音として指定する解りやすいサインだと思ってやるようになったんですけど、
普段出してない音だったので、最初は意味がわからなかったです。
(…)
竹内 「こ、これは!?」の最初の「こ」はなんだよ! とか、悪者の最初の台詞はなんで「ハハハ」から始まるんだろうとか、
いろんなところが引っかかってはいたんですよ。

宮崎駿は、そういった声優独特の「様式美」に不満を持っているのだろう。声優にスキルはいらないとは思っていないだろうが、
定型になってしまったところに安住してしまうようなスキルなら不要だと思っているのではないか。
“どこか別のところから人を連れてこなくちゃいけない”と思ったのは、型通りの父親像にはめ込んでしまわないための冒険だったのだ。
宮崎駿作品は、『ジブリの教科書3 となりのトトロ』以降、どんどん主要人物を担当するのがプロ声優ではなくなっていく。
『ジブリの教科書3 となりのトトロ』は、音響監督や宮崎駿監督のインタビューの他にも、
プロデューサー・鈴木敏夫、美術・男鹿和雄、原画・二木真希子、仕上・保田道世、音楽・久石譲のインタビューや、
エッセイ、宣材コレクションなど、作品を新たな視点で捉え直すヒントが満載、オススメです。(米光一成)

6 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:31:53.92 ID:U7F1WaylO
宮崎さんちの勤くん

7 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 15:32:03.22 ID:NDUg83jo0
せやな

8 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 15:32:06.79 ID:OACUHdFm0 [1/5]
まったくだな
正直声オタ以外のアニオタも辟易し始めてるのを感じる


9 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 15:33:09.07 ID:i5QhREPQ0
宮崎駿 
「特に女の子の声なんかみんな、
「わたし、かわいいでしょ」みたいな声を出すでしょ。
あれがたまらんのですよ。なんとかしたいといつも思っている」

アニヲタ
「特に女の子の声なんかみんな、
「わたし、かわいいでしょ」みたいな声を出すでしょ。
あれがたまらんのですよ。なんとかしたいといつも思っている」




▼ 12 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:33:58.52 ID:S2Cs3cH10
>>9
うーむw

▼ 19 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 15:35:26.23 ID:5Rs+8DJa0
>>9
日本語の面白さだね。

▼ 33 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:37:12.30 ID:j4gsOWSg0
>>9
www

▼ 44 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:38:45.32 ID:p7DAR3hEP
>>9
わろたwww

▼ 48 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 15:38:57.14 ID:yP3fA/mMO
>>9
ワロタ

▼ 56 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:39:31.85 ID:1liN4GSp0
>>9
なんとかしたい、の意味が双方で全く違うだろう

▼ 570 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 16:34:15.90 ID:mm/MMG7G0
>>56
パヤオの「たまらん」は「堪えられない」で
「なんとかしたい」は「改善したい」って意味だったのか
アニヲタのセリフと同じ意味かと思ってたw

▼ 83 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 15:42:47.07 ID:QcWjFYFQ0
>>9
秀逸

▼ 89 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:43:31.47 ID:TDruVAMX0
>>9
「なんとか」って具体的には何をどうするのさ?

▼ 110 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 15:45:22.40 ID:6DPY52QcP
>>89
そりゃ、声優の処女膜を守るために何でもするんでしょ。
なんとかする→記念日のtwitterチェックとか、イベント参戦とか。

▼ 99 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 15:44:25.05 ID:FJtXEuOX0
>>9


▼ 107 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:45:10.60 ID:vGslTFkB0
>>9
すばらっです!!

▼ 132 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:47:39.98 ID:4DB6hQDh0
>>9
わろ

▼ 151 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:49:53.36 ID:A1MJNfZ+0
>>9
つまりパヤオはアニオタと変わらないと。

▼ 295 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:04:00.26 ID:QJHD4nW00
>>151
発言者によって内容が変わって見えるってことじゃない?

▼ 180 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:52:51.28 ID:KCmSdSM20
>>9
おもろいww
頭いいな~

▼ 208 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:55:57.36 ID:qnEyzaWw0
>>9

▼ 226 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 15:57:09.67 ID:xC2VMoRKO
>>9

▼ 242 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 15:59:21.38 ID:AI+MJD6h0
>>9
これはwww

まあ俺はアニヲタで声優好きなんですけどね

▼ 261 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 16:00:59.89 ID:6hMqdnQKO
>>9
wwww

▼ 279 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:02:51.07 ID:scT95uyO0
>>9が全て。

▼ 292 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 16:03:47.40 ID:jgr3pgzT0
>>9
これは残るレス

▼ 301 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:04:34.30 ID:M4oBujVSO
>>9
頭良いな。感心するわ…

普通の人だったら文字を入れ替えてしまうところ、冒頭の言葉だけで表現するなんて…

▼ 302 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:04:43.93 ID:h9ct6HeT0
>>9
朝鮮人と日本人のコピペかよww

▼ 308 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 16:05:22.60 ID:Wj56Fon00
もしかしたら>>9はどちらも同じニュアンスだったりするかもw

▼ 314 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:05:58.02 ID:cqcBgd7G0
>>9
最終到着点は同じ
宮崎「普通の女の子の声がたまらんのですよ」

▼ 327 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:07:02.99 ID:C86proia0
>>314
×女の子
○幼女

▼ 341 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:09:10.73 ID:Ey6qVJW3P
>>9

人の嫌がる事を進んでやる、日韓コピペwww

▼ 366 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:11:14.86 ID:dq/oMfTuO
>>9 日本語の難しさを改めて考えさせられるな

▼ 431 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 16:19:26.18 ID:NM5VL8s+0
>>3が書き込まれてから、わずか1分半ほどで>>9を書き込む才能に嫉妬。
すげえよ。

▼ 452 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:21:19.44 ID:411qGRXL0
>>431
嫌儲のスレは昼前に立てられてんだけどね

▼ 453 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 16:21:19.98 ID:8CQk6xR70
>>431
嫌儲のレスをコピーしただけだろ

▼ 468 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 16:23:28.10 ID:1liN4GSp0
>>431
オレはスレタイだけで同じことを考えたが書き込まなかった (キッパリ

▼ 498 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:27:10.84 ID:Qr1ho9sC0
>>9
ワロス

▼ 515 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:29:03.64 ID:uuqnPvuD0
>>9
これは伝説になるw

▼ 591 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:36:02.36 ID:oOi+ANzA0
>>9
日本語は面白いな

▼ 612 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 16:38:01.45 ID:sNtWMRCJO
>>9
センターの論説文に最適だ。
基礎知識と読解力を要する。

▼ 623 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:39:12.49 ID:0itet8ci0
>>9
おれはスレタイ見て駿がハアハアしてるんだなって思ったw

▼ 625 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:39:26.22 ID:klaQFift0
>>9
宮崎勤
「特に女の子の声なんかみんな、「わたし、かわいいでしょ」みたいな声を出すでしょ。
 あれがたまらんのですよ。なんとかしたいといつも思っている」

アニヲタ
 「特に女の子の声なんかみんな、「わたし、かわいいでしょ」みたいな声を出すでしょ。
 あれがたまらんのですよ。なんとかしたいといつも思っている」

▼ 636 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 16:40:33.35 ID:ZxCPFbp10
>>625
勤かよw

▼ 697 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:47:19.38 ID:5n+wxfFa0
>>625
どっちもおかしいけどなそれ

その流れでいくと
そこでわざわざ「たまらん」なんて使うのは宮崎駿が悪いし
その後に「なんとかしたいと思ってる」
これはアニヲタがおかしい

▼ 650 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:42:49.33 ID:D/DbxrYe0
やり過ぎ感、学芸会感、舞台劇感
これが声優の駄目なところ

>>9
ふかいな

▼ 657 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:43:23.20 ID:LKFGJ6Nv0
>>9
スレタイ見たとき、宮崎駿はアニヲタと同じ意味で「たまらん」と言ってるのかと思ったw

▼ 677 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:45:29.85 ID:ULQ/sa1l0
>>9
wwwwwww

▼ 702 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:48:23.13 ID:2bbFhGED0
>>9
これは面白いな

>あれがたまらんのですよ。なんとかしたいといつも思っている

前者だと「ハハハ…」と呆れ果てている表情が思い浮かぶが
後者だと「ハアハア…」と欲情している表情が思い浮かぶ

▼ 705 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 16:48:45.56 ID:WRslDDwMO
>>9で終わってたwww

▼ 720 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:50:20.74 ID:9kMl0ClU0
>>9
スレタイで後者を想像し内容を読んだら前者だった

▼ 724 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 16:51:00.28 ID:d58F3iUC0
>>9は同じ事を2回繰り返してるだけだろ?
それともオレが知らないだけでいつの間にかパヤオはロリから解脱したのか?

▼ 748 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 16:53:15.71 ID:CaYc84Yj0
>>9
久しぶりの秀作

▼ 780 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 16:56:01.55 ID:0d86olaiP
>>9で終わってた

▼ 819 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 17:00:06.47 ID:Qag6OsG/O
>>9

▼ 825 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 17:00:30.03 ID:wQoiilR+0
>>9
やるなおぬし。

▼ 827 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/06/27(木) 17:00:32.74 ID:9xhq6c9aO
>>9
こわい!

▼ 853 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 17:02:26.75 ID:g+YWSBfj0
>>9が秀逸すぎてwwwww

▼ 979 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/06/27(木) 17:15:19.54 ID:vb3ETlul0
>>9のアニヲタのような発言かと思ってた




▲元に戻る

by camuson | 2013-06-27 18:03 | ニュース | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 26日
Agatha Christie, Woman of Mystery: 700 Headwords (Oxford Bookworms Library) 【印象度:65】
OxfordのGraded ReadersレーベルであるOxford Bookwormsから。
難易度はStage2。
電子書籍版で購入しました。

ミステリーの女王、アガサ・クリスティの伝記です。
出版社に持ち込みするも相手にされない日々、
2度の結婚、本人の失踪事件などなど、
興味深い話が平易な英語で綴られています。

どうもフィクションよりも伝記や史実ものの方が
Graded Readersの限られた表現の中では、満足度が得られやすいようです。
他の著名人についても同種のものがあれば読みたいです。


Agatha Christie, Woman of Mystery: 700 Headwords (Oxford Bookworms Library)
by camuson | 2013-06-26 21:29 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 25日
HOUSE ハウス 【印象度:80】
1977年の日本映画。レンタルDVDで見ました。

女子高校生役の池上季実子が、
女子高校生仲間の大場久美子や神保美喜などを連れて
伯母の家に遊びに行き、様々な怪奇現象に苛まれるというお話です。
映画らしくない斬新な映像で、テンポがよく、面白いです。
でもセットは安っぽくはなく意外としっかりとしています。

池上季実子(当時18歳)の幼く甘ったるい女子高生役が、
後年のちょっとキツイ感じのネーサン役になれていた身にはとても新鮮でした。
終盤には妖艶な姿も見れて、そのギャップも良かったです。
クンフー役もプリプリしていてよかったです(尻的な意味で)


HOUSE [DVD]
by camuson | 2013-06-25 22:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 20日
ヤンヤン夏の思い出 【印象度:55】
2000年の台湾、日本映画。レンタルDVDで見ました。
約3時間の長い映画。
特定の主人公を設定せず、明確なストーリーは組まずに、
現代台湾の都市における一家族(ヤンヤンという名の少年の家族)
の家庭生活、社会生活を、
主人公を切り替えつつ流し見せていくという手法です。


登場人物を役柄の比重の大きい順に並べると以下のような感じでしょうか。
タイトルにあるヤンヤンの比重は決して大きくありません。

(1)ヤンヤンの父親のNJ
(2)ヤンヤンの姉のティンティン
(3)ヤンヤンの祖母
(4)ヤンヤンの叔父
(5)ヤンヤン

ヤンヤンの父親と元恋人との関係、
ヤンヤンの叔父(できちゃった婚で新婚)と
本来結婚するはずだった?仕事のパートナー兼元恋人との関係、
ヤンヤンの姉とその友人の恋人との関係
といった微妙な立ち位置での男女関係を多層的に扱っているのが面白いです。

祖母が体調を崩し、昏睡状態に陥るのですが、
その回復のために、
家族が毎日順番で祖母に対して話しかけるという設定を持ち込み、
家族各々の心情を吐露させるという仕掛けをつくったのも面白いですし、
生死の問題まで絡めたことで作品に深みが出ていると思います。

日本人がプロデュースしていることもあって、
作風が日本的ホームドラマ的感性が混じっている気がします。
エンターテインメントとしては間延びした感じがあるので、
肩の力を抜いて、「ながら見」するといいかもしれません。
そういう意味では映画よりテレビ向きかも。

ヤンヤンの父親役はなかなか渋くていいです。


ヤンヤン 夏の想い出 [DVD]
by camuson | 2013-06-20 20:53 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 19日
八つ墓村 【印象度:75】
1977年の日本映画。レンタルDVDで見ました。

公開時は小学校低学年でしたので、劇場では見ていませんが、
「たーたりじゃー」は、小学生の間でもやたら流行りました。
テレビ放映を部分的かもしれませんが2回は見ています。
また、5年ほど前に1回通して鑑賞してます。
何回も見ているのですが、印象に残っているのは
例の懐中電灯2つを頭に括り付けた大量殺人鬼と、
化け物化した犯人に主人公が追っかけられるところくらいで、
話の内容はあまり覚えていませんでした。

さて、久しぶりに鑑賞して感じたのは、
ロケーションへのこだわりです。
入念にロケ地を選んで、日本の原風景と言える山村の景色を
ゆったりと映像に落とし込んでいるのが見て取れます。
市川崑監督のシリーズと比べて外連味が少ないですが、
スケールを感じさせるなかなかの力作です。

ストーリーの方は、盛りだくさん過ぎて、
一度見ただけでは整理がつきにくい感じです。
村に伝わる祟りを利用した殺人事件と思わせて、
その裏をかいてオカルトに仕立て上げたところは、
考えてみるとかなり面白いのですが、
なかなか伝わりづらい気がします。

山崎勉がやらかす殺人シーンは鮮烈なのですが、
進行する殺人との関連が薄く、浮いてしまっているというか、
最後オカルトとして繋がってくるのですが、
それだけではどこかおさまりが悪く感じます。

鍾乳洞から蝙蝠が大量に飛び出して、
屋敷が炎に包まれる流れはイイと思ったのですが、
落ち武者達がちょっと安っぽい感じがしなくもないです。

本作は原作からかなり改変されているようなので、
原作ではどうなっているか興味が出てきました。


八つ墓村 [DVD]
by camuson | 2013-06-19 21:24 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 14日
悪魔のいけにえ 【印象度:70】
1974年のアメリカ映画。レンタルDVDで見ました。
原題はTexas Chainsaw Massacre。

理屈ではない異様さによる恐怖を演出する
独特の美的感覚が冴えわたっています。
悪キャラのキャラ付けがよくできていて、
ホラーとユーモアの融合という意味では面白いのですが、
悪キャラ達の静物ディテールに対する偏執的こだわりと、
殺し方に対する無頓着とのギャップを
どう評価すべきかは悩ましいところです。


悪魔のいけにえ 特別価格版 [DVD]
by camuson | 2013-06-14 20:53 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 10日
そして誰もいなくなった(And Then There Were None) 【印象度:80】
1939年発表のミステリ小説。

ここのところ英文はGraded Readersを読んでいたのですが、
作品としての面白さはさほど期待できそうにないことがわかり、
背伸びしてでも興味のある作品の原文を読もうと思った次第です。

本作については、2010年3月に講談社ルビー文庫
(英文をベースに、難しい単語等に日本語訳がルビで振られているもの)
を購入して読み始めたことがあったのですが、
まだ英語力が足りないとあきらめて放置していました。

しかし、このたび電子書籍版で購入しなおして、読破することができました。
辞書ツール様様です。
難しい単語は多いのですが、
文章は比較的平易で余計な修飾が少ないのも幸いしました。

検索機能を使い、特定の人物の行動を拾い読みできるのも
電子書籍ならではの便利さですね。



さて、作品についてですが、おそらく幼少の頃、
映像化された作品を部分的に見たことがあり、
犯人が10人の中の1人の男であることは記憶に残っているのですが、
誰だかは特定できない状態でした。
そこで、あえて日本語訳には手を出さず、
原文で驚きたいと思い挑んでみました。
途中でネタバレ情報を自らネットで不可抗力的に読んでしまったりせず、
無事に楽しむことができました。

作品の雰囲気ですが、想像していたよりも、暗くないというか、
岩場しかない小島に、モダンな家という具合に、
犯人が隠れる場所や隙がまったくないことを強調しているため、
恐怖が潜む闇や影などの深みが意外とないのですよね。
殺人も淡々と実行されていき、悲壮感はあまりありません。
見立て殺人も地味な絵が多いです。

島での出来事は思いのほか淡泊な読み心地だったのですが、
最後をボトルメッセージで締めくくったのは素晴らしいアイディアでした。
犯人による事件の真相告白と心情吐露は、
犯人の人生の集大成、凝縮された真の姿が顕現しているのですが、
それが世に出るか永遠に封印されるか、
その行方を偶然に委ねてしまう達観した遊び心、
その美意識が味わい深いです。


And Then There Were None (Agatha Christie Collection)
by camuson | 2013-06-10 22:07 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 09日
過去のない男 【印象度:60】
2002年のフィンランド/ドイツ/フランス映画。レンタルDVDで見ました。

おやじ狩り的な暴漢に襲われて、記憶を失ったおじさんが、
貧困コミュニティの中で生活し、おばさんに恋をするといったお話。

時代設定は、金属製のオシャレな便器や、
医療器具などを見るに現代なんでしょうけど、
少し黄ばんで粒子の荒い、でも空だけはやたら綺麗な映像が、
どこか郷愁を誘います。

冒頭で理不尽な暴力がある以外は、底辺社会での男の生活を追う静かな作品。
どこか小津作品を感じさせます。
(小津作品は1作品(彼岸花)しか見たことないですが)
ご都合主義のジェットコースター的な展開からは最も遠い位置にあると言えます。
それだけに、序盤の非現実的なコメディー描写が必要だったかどうか疑問です。

この作品に描かれる貧困が、フィンランドの現実社会をどの程度反映しているのか、
こちらに知識がないために判断できず、
途上国の作品で描かれる貧困ほど、有無を言わせぬ強烈な切実感がなく、
といったところで、どうしても印象が薄くなってしまうんですよね。

人間を疎外する硬直的な社会システムがテーマの一つと考えられますが、
記憶がないというのは特殊ケース過ぎて・・・
本来手厚い福祉社会システムの中で、
どういう人間が網からこぼれて貧困に陥るのかの方に興味が行ってしまいます。
ドキュメンタリーじゃないので、それを求めるのは違うかもしれませんが。


過去のない男 [DVD]
by camuson | 2013-06-09 17:30 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 07日
ラン・フォト(~御徒町~鶯谷~三河島~田端~ 計13km)
10日ほど間が空いてしまいました。

続きを読む
by camuson | 2013-06-07 21:39 | ランニング | Trackback | Comments(0)