書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2013年 09月 29日
ラン・ウォーク(~外堀通り3/4周~ 計12km)
間が1か月以上あいてしまいましたが、暑さがようやく収まってきたので、
そろそろ走り始めたいと思います。

いきなり外堀通りに挑戦ですが、途中で右ひざが痛くなったので、
四谷近くで歩くことに。
お昼にはTOEICを上智大学まで受けに入ったのですが、
図らずも本日2回目の四ツ谷駅利用で自宅まで地下鉄で帰ってきました。

続きを読む
by camuson | 2013-09-29 18:29 | ランニング | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 26日
Henry VIII and his Six Wives: 700 Headwords (Oxford Bookworms Library) 【印象度:70】
Oxfordのgraded readers。電子書籍を購読しました。

妻を5回も代えた(うち2人は牢獄に送り首をはねた)
絶対王政期のイングランド王、ヘンリー8世の話です。

6人目の妻を語り部にして、
それぞれの妻の最期の声を綴った手紙を
若くて好奇心のあるメイドに読み聞かせるという
フィクション設定を持ち込むことで、
歴史に詳しくないものでも興味を持って”さわり”に
触れられるというすぐれものです。

知識を深めるために、
絶対王政期の映像化作品を探して見てみたくなりました。


Henry VIII and his Six Wives: 700 Headwords (Oxford Bookworms Library)
by camuson | 2013-09-26 21:04 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 24日
オールド・ボーイ 【印象度:86】
2003年の韓国映画。レンタルDVDで見ました。

エグいバイオレンスと、緻密なシナリオ。

原作が日本の漫画だということは聞いていたのですが、
漫画の映像化作品にありがちな、これじゃない感はほとんど感じませんでした。

原作漫画を知らないというのもありますが、
映画作品として普通に完成度が高いと感じました。


オールド・ボーイ スタンダード・エディション [DVD]
by camuson | 2013-09-24 21:16 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 20日
コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれた翼竜」 【印象度:85】
出張から帰ってきたら21時半くらいだったのですが、
ふと上映中であることを思い出し、
新宿バルト9で23:10~の回を見てきました。
200人以上の席に20~40代の男性10人程度でしょうか。
ゆったり見ることができました。

ブリタニア帝国と戦闘状態にあるEUの話。
主人公たちはEU側。
本章では主人公含めた5人+αの奇襲攻撃部隊を
ロケットで敵陣背後に送り込むという
ささやかな大作戦を大仰に描いています。

戦闘描写は文句ありません。笑っちゃうくらいです。
ギアスの力か何かでコントロールを超えた集団バーサク状態。

キャラクターがたくさん登場するのですが、
深堀りする時間もなく、なかなかキャラの個性が立たない感じです。
だからと言って話が進んでいるわけでもなく、
後で収集付かない臭が強いです。
旧キャラクターが数十秒出てきますが、
まだ主要登場人物と絡むところまで行きません。

アニメシリーズの2話分程度の長さなので、
せめて6章までは欲しいところです。
by camuson | 2013-09-20 22:53 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 18日
ソナチネ 【印象度:86】
1993年の日本映画。レンタルDVDで見ました。

北野武監督の作品はこれまでテレビ放映でしか見てなかったです。

「その男、凶暴につき」は暴力描写がそこそこ面白いと思ったのですが、
「キッズ・リターン」、「HANA-BI」は、どうもわざとらしさが気になって、
それ以来、北野作品からは遠ざかっていました。

結果的に本作品を見るのが随分と遅れてしまいました。
時間が無限にない以上、作品を見る順番は本当に重要ですね。


ショウアップされたお約束バイオレンスではなく、
地味だけどエグく、
感覚が麻痺した地点で生まれる狂気とおかしみを交えた
暴力描写は「その男」の発展形です。

命を張った抗争のさなかで、意図せずして訪れた
沖縄の海辺での止まった時間、抜ける空が
ただれた心に沁み入ります。


ソナチネ [DVD]
by camuson | 2013-09-18 22:30 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 17日
スティング 【印象度:75】
1973年のアメリカ映画。レンタルDVDで見ました。

30年代のシカゴを舞台に、
仲間を殺された詐欺師が、ギャングのボスをはめるという話。

入念なシナリオのもとに構築された大掛かりな仕掛けを
ドッキリカメラを見るような姿勢で見ていると、
最後にはサプライズがあるというなかなか巧みな脚本です。

痛快感を損なわずに終わるところがいいですね。


スティング [DVD]
by camuson | 2013-09-17 21:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 16日
1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急 【印象度:80】
kindleランキングで上位にあったので思わず購入しました。

TOEICの穴埋め問題をうまく活用し、
問題を解いたのちに解説を読むことで、
今まであまり意識したことがない、
または、忘れてしまっている英文法のセオリーを学び、
定着を図ることが可能なつくりになっています。

読み物としては本当にクソつまらないTOEICの問題文も、
問題出題者の意図と工夫が見えてくると、
取り組むモチベーションが多少なりとも上がり、
ウンザリ感が軽減しそうですね。


1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急
by camuson | 2013-09-16 17:02 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 15日
アメリ 【印象度:50】
2001年のフランス映画。レンタルDVDで見ました。

少女時代に、勉強はすべて母親に自宅で教えられ、
学校に行かせてもらえなかったため、友達ができず、
コミュニケーション障害ぎみの若い女性が主人公です。

基本コメディーで、
主人公がコミュ障ゆえに
話してコミュニケーションを取る代わりに
いたずらをするという設定なのですが、
どちらかというとコメディーを成り立たせるための後付け設定で、
コミュニケーションをテーマに深く掘り下げるという姿勢はなく、
切実感やリアリティとは全く無縁で、
最後は恋愛成就のハッピーエンドとなっています。

そんな中で、コメディーの主たる部分が、
「そのいたずら犯罪ですから」
と苦笑いしながら突っ込む程度しか楽しむすべがないのが
辛いところでした。
色恋についても途中すっとぱしてバッコンという感じで、
設定とマッチしてないような気がしました。

風変わりな脇役達の雰囲気は悪くなく、
話の転がし方は巧みで、
特に証明写真にまつわる日常系ミステリを絡めた部分は見事なのですが。


アメリ [DVD]
by camuson | 2013-09-15 04:15 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 03日
惑星ソラリス 【印象度:97】
1972年のソ連映画。レンタルDVDで見ました。

冷たい水のような何かが
じわじわ、ひたひたと静かに体を侵食していくような感覚。
どこか懐かしく不快感はない。
原始のスープか?LCLか?


惑星ソラリス HDマスター [DVD]
by camuson | 2013-09-03 23:09 | 映画 | Trackback | Comments(0)