書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2014年 01月 14日
孤島パズル 【印象度:85】
1989年発表の推理小説。電子書籍を読みました。

アリスという作中登場人物による一人称記述となっており、
気取らない語り口調が読みやすいです。
たまに難しい表現や引用を気取ったりしますけど。


宝探しのパズルが仕掛けられた南洋の孤島。
ロケーション、シチュエーション
雰囲気は文句ないです。大好きです。

ただ、肝心の推理の部分が、ごちゃごちゃしていて、かつ
足元が弱くて、吹けば飛ぶような感じなんですよね。


地図を落としちゃったり、それを自転車で踏んじゃったり、
あり得なくはないけどとても不自然。
荷物持って移動するのにバッグの類は持っておけよと。
裸で荷台に紐で縛り付けるて。

また、移動手段として自転車が重要視されているのですが、
少し体力あればランニングでも同程度のスピードで移動できると思ってしまうと、
何時に自転車が何台あったかとか、どうでもよく感じてしまうのですよね。

作者からの挑戦状のところまできて、一から斜め読みしましたが、
上記のようなこともあり、緻密にロジックを組み立てる気力はありませんでした。

犯人が誰だったら最もインパクトがあるかという視点で、
犯人を決め付けて答え合わせへ。

解答編の途中までは、やっぱりそうなのか、
彼女を呼ばなかった理由は彼女が犯人だからなのかぁあああ!!!
自分の犯行ルートをうっかり披露しちゃったお茶目さんなのくわぁああああ!!!!
とドキドキしたのですが、とんだ見当違いでした。


第1の殺人の密室の謎は、なるほどと思いました。
第2第3の殺人より全然納得感があります。ドラマもあって好きです。

3年前の事件も結構ひどいですね。
魔が刺すということがあるとはいえ、雑すぎないでしょうか。
あのキャラ、言うほど悪い奴じゃないと思っていたので、
もう少しフォローがあればよかったかなと。


孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
by camuson | 2014-01-14 22:05 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 13日
バグダッド・カフェ 【印象度:65】
1987年のドイツ/アメリカ映画。完全版をレンタルDVDで見ました。

イラクのバグダッドは関係ないようです。


アメリカの砂漠をドライブしている最中に夫婦喧嘩をし、
車を飛び出した太っちょな妻がたどり着いたのは、
砂漠に建つバグダッドモーテル&カフェ。
店主家族、従業員、風変わりな常連との交流を描くというもの。

ゆったりした時が流れる中で、
なぜに店主の黒人のおっさん(女)が、こうもヒステリックなのか?

ハリウッド出身の絵描きの爺さん、いいね。


バグダッド・カフェ 完全版 [DVD]
by camuson | 2014-01-13 01:21 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 07日
レバノン 【印象度:55】
2009年のイスラエル/フランス/ドイツ映画。
レンタルDVDで見ました。

1982年のレバノン内戦を、イスラエル軍の戦車の中からの視点のみで描いた作品。

戦場にいながら視界が限定され、戦況がわからないことによる焦燥感、
外界で起きている凄惨な現実と、その実感が伴わない疎外感、
などが表現したいところだったと考えられるのですが、

限られた視界で、いかに観客に状況を把握させるか、
エンターテインメントとして成立させ得るか、
というジレンマに陥り、
戦車からの狭いスコープ視点の動きに合わせて、
外界の事象を都合よく不自然に配置するような本末転倒なことになり、
なんとも中途半端な出来になってしまったなという感想です。

スコープからの外界の情報量を半分以下に削るか、
観客には俯瞰させて戦車外の映像も見せるか、
どちらかにした方がよかったかなと思いました。


レバノン [DVD]
by camuson | 2014-01-07 22:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 06日
黒部の太陽 【印象度:88】
1968年の日本映画。レンタルDVDで見ました。

石原裕次郎の遺志で長いことソフト化されず、
見ることが困難だった作品です。

石原裕次郎について、リアルタイムでは、
小学生のころテレビ番組「太陽にほえろ」で見たくらいで、
顔に肉が付いていて無駄にスタイルがいい人という以上の認識はないのですが、
若い頃の裕次郎については、作品を見たことないにも拘らず
何故か苦手意識がありました。
(余談ですが、西部警察は見ていませんでした。
調べてみたらNHKの大河ドラマと重なっていたためでした)

本作では裕次郎氏は34歳ということもあり、
そこそこ落ち着きつつあるのか、画面から多少浮いた感じはあるものの、
気にするほどではありませんでした。


さて内容です。
高度経済成長期に電源不足に陥った関西電力の社運と
関西経済の命運を賭けた一大プロジェクト黒四ダム建設を描いた大作です。

三船敏郎は関電のプロジェクトの現場責任者。
石原裕次郎は熊谷組の下請けの手配師の息子で設計技師。

危険で無謀なダム建設に疑問を持ち、
下請け手配師の親父とは犬猿の仲の石原裕次郎が、
足が動かなくなった親父の代わりに
現場の陣頭指揮を執り奮闘するという話です。

3時間超という大作ですが、中だるみすることなく見れました。
というかむしろ、時間が足らず描き切れていない感が残ります。
工事だけでなく、発注者受注者間の腹の探り合い、腹を割った話、
主人公の恋愛やら、家族の病死やら、盛りだくさん過ぎて時間が足りません。

素晴らしかったのは、臨場感あふれるトンネル工事撮影です。
破砕帯に近づき、支保工が音を立てて軋む場面、
破砕帯にあたり、トンネル内を爆流が押し寄せる場面は圧巻です。
撮影自体も結構ムチャしてそうで、
高度経済成長期の狂気のようなものを感じ取れる気がします。

主人公たちは死者を一人も出さないのが目標とか言っているのですが、
人命確保のための体制がなってないというか、
技術的な裏付けがなく、管理が杜撰で技術が稚拙で、
これがせいぜい半世紀前の話というのに驚いてしまいます。
隙間だらけの木矢板で山止めしているのが泣けてきます。

この人命の軽い扱いは、大戦が影響しているように思います。
戦後復興期は、独特の時代の狂気みたいなものを
感じずにはいられないんですよね。


黒部の太陽 [通常版] [DVD]
by camuson | 2014-01-06 22:27 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 04日
死者の身代金 【印象度:60】
1971年のアメリカのテレビ映画。Blu-ray BOXから。
刑事コロンボシリーズ2作目です。

犯人は辣腕女性弁護士。
同業の夫を殺すのですが、
動機がやや弱い感じ。

結構速い段階で、殺された夫の連れ娘が、
「この女が犯人に違いない」と犯人に対して対決姿勢を表明し、
コロンボにたしなめられるという珍しい展開です。

その変化球を楽しむことはできましたが、
ウィニングショットにキレがない感じです。
犯人の心情に共感しづらいのが難ですね。

犯人の美人おばちゃん弁護士より、
娘の方が断然初々しく好みのタイプでした。


刑事コロンボ コンプリート ブルーレイBOX [Blu-ray]
by camuson | 2014-01-04 17:05 | テレビ | Trackback | Comments(0)