書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2014年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
2014年 07月 29日
優子 【印象度:65】
1996年の小説。
集英社文庫の「夏と花火と私の死体」に収録。
電子書籍版を読みました。

お屋敷、竹藪、日本人形、鏡台などの和アイテム。
文盲の住み込みお手伝いなど、時代を感じさせる設定。
連城三紀彦の雰囲気を少し感じました。

まあそうでしょうよと思いつつ、
何か別の方角からどんでん返しがありそうだと気になり始めますが、
オチはちょっと禁じ手気味で無理があるかなと思いました。。


夏と花火と私の死体 (集英社文庫)
by camuson | 2014-07-29 23:38 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 27日
夏と花火と私の死体 【印象度:86】
1996年発表の小説。電子書籍版を読みました。

木登りして枝に一緒に座っていた同級生の女の子に
突き落とされて死んでしまった小学生の女の子が語る物語。

日本の田舎の夏の風景が喚起するノスタルジーと、
私の死体を探す大人vs隠す兄妹のコミカルなサスペンス劇と、
がうまく融合したホラー作品です。

私を殺してしまった女の子の兄貴がなかなかの切れ者で、
スリルを楽しむ余裕すら持っているのですが、
さらにそれを上回るラスボスも登場します。

後の展開で効果を発揮する設定や道具立てを、
前段でよくなじませてるんですよね。
取って付けた感が一切なく、余分なものが極力排されていて、
洗練されていると思います。


夏と花火と私の死体 (集英社文庫)
by camuson | 2014-07-27 17:08 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 25日
日本人の英語 【印象度:80】
1988年刊行の岩波新書。

日本に在住し、日本語が堪能なアメリカ人が、
日本人が陥りやすい英作文の誤りを指摘するというもの。
日本語と英語の発想の違いが端的に現れる興味深いテーマが選ばれているため、
読み物として中だるみなく一気に読めます。

特に序盤の冠詞の話は印象的でした。
英語的発想では名詞に冠詞を付けるのではなく、
冠詞に名詞を付けるとのこと。
語順どおりに思考が流れるという当たり前のことなのですが、
指摘されるまでなかった発想でした。


日本人の英語 (岩波新書)
by camuson | 2014-07-25 23:50 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 24日
バック・トゥ・ザ・フューチャー 【印象度:80】
1985年のアメリカ映画。Blu-Ray BOXを購入して見ました。

四半世紀前にテレビ放映で見ています。
その時の感想は
「過去の母ちゃん、超かわいい、わー、きゃー、結婚してー」
でした。

再会を楽しみにしつつの視聴だったのですが、
長く抱いていたイメージに比べると、随分オバちゃんっぽい感じでした。
当時の劣悪な視聴環境と、若き日の審美眼の甘さのダブルパンチで
美化されていたことは否めません。
顔の輪郭や凹凸がはっきりすると微妙な間延び感があるのですよね。
いやいや十分魅力的ではあるのですが。

娯楽としてはシンプルで分かりやすく、完成度が高いと思います。
中だるみなく楽しめます。


Back to the Future: 1, 2 & 3 [Blu-ray] [Import]
by camuson | 2014-07-24 23:58 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 23日
英語リーディング教本―基本からわかる 【印象度:90】
これまで何度も英文で書かれた文芸作品を読もうと目論んできたのですが、
英文を読み進めると、予期しない位置に2つめ、3つめの動詞が現れて、文の構造を見失い、
混乱に陥り、結果、読解できないというのがお決まりのパターンになっていました。

このような英文読解の挫折を解決したいというニーズを持っていたところに、
ピッタリとはまったのが本書です。

1つの文章に動詞が5つ、6つとポコポコ出てくる場合の読解に焦点を絞って、
必要となる文法知識を再構成しています。
体系的な文法書を最初から読むとなると、
そこまで到達する前に息切れしてしまうことでしょう。

38の例文とその品詞分解による読解で構成されていますが、
中身の濃いこと濃いこと。

ニーズに直結した文法なので読み進むのも早い早い。
(それなりに内容はあるので1ヶ月近くはかかりましたが)

この手の本としては珍しく単色刷り。
色刷りでごまかしていないのも良い。


英語リーディング教本―基本からわかる
by camuson | 2014-07-23 22:43 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 22日
頼子のために 【印象度:85】
1990年の日本の推理小説。電子書籍で読みました。

冒頭の手記のあまりの悲痛さに、
読み進めるのがためらわれたのですが・・・
(気力があるときでないと読み通せないと思い)

手記が終わり、探偵が登場すると、随分と雰囲気が軽くなります。
雑誌記者やら、学校理事長やら、議員やら、
胡散臭い連中と絡みつつ、探偵が真実に迫っていくというもので、
サスペンス色が強く、読者が推理できる範囲は限られています。

そして、終盤、驚きの真実が明かされます。
真犯人の追求にとどまらず、
ラスボスステージまで到達したことを評価したいと思います。
悲痛は全く毛色の違う悲痛で上塗りされました。

中盤の胡散臭さをなくすと、より純度が高まるような気がします。


頼子のために (講談社文庫)
by camuson | 2014-07-22 22:57 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 21日
自転車泥棒 【印象度:60】
1948年のイタリア映画。モノクロ。
レンタルDVDで見ました。

戦後の貧しいイタリアで、
失業中の男が、職安から自転車保有が条件の職を紹介され、
質に入れていた自転車をなんとか取り戻すも、すぐに盗まれてしまい、
職を失わないために命がけで盗まれた自転車を探すという話です。

テーマは卑近で、貧しい庶民目線ですが、
映像は小綺麗で、汚い貧困は一切映っておらず、
今の感覚からするとリアルとはほど遠く、逼迫感も薄いのですが、
その代わり洗練された映像に感心しました。
質に入れたシーツを受け取った質屋の係員が、
4~5階相当の高さのある収納棚によじ登るシーンは結構な見物です。
贅沢な空間だなおい。と思ってしまいました。
自転車もシステマティックに保管されてるし。
この質屋すごい。なかなかできよる。


本作はネオレアリズモの代表作。
ネオレアリズモとは、
虚飾的なファシズム文化の反動として起こった、
現実に立ち返り、目を向ける芸術活動の流れのようです。


自転車泥棒 [DVD]
by camuson | 2014-07-21 17:34 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 19日
アマデウス 【印象度:89】
1984年のアメリカ映画。
4年ほど前に購入していたBlu-Ray DISCを開封して見ました。
ディレクターズカット版です。

モーツアルトの才能を誰よりも認め、愛し、
嫉妬し、潰そうとする
宮廷のお抱え音楽家サリエリ(実在)の独白。

作品そのものよりも、
作中作の荘厳さ、モーツアルトの天才っぷりに感動するのですが、
それを邪魔することない演出が見事ということでしょう。

嫁は乳が窮屈に寄せられ上げられ少し痛々しいです。


アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]
by camuson | 2014-07-19 20:47 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 18日
若きウェルテルの悩み 【印象度:60】
1774年に刊行されたドイツの小説。電子書籍で読みました。

終盤の一部を除き、ほぼすべてが主人公が友人に宛てた手紙から成っています。
当時としては斬新だったと思われます。

読み始めてすぐ、
思ったことを片っ端からしゃべる躁的な文面に、
うわー。きっついなー。と思ったのですが、
読み進めると、意外と慣れるもので、
空気読まない人はどこにでもいますよね位に落ち着き、
さらに、シャルロッテは確かに魅力的なので、
主人公にシンパシーを感じなくもない位になりました。

まあよくよく考えると、手紙のやりとりの中から、
主人公から友人に宛てた手紙だけを取り上げているので、
ストーカー的に一方的にしゃべってる感じになってしまっているのは錯覚かも知れず、
友人の返事が挟まっていれば全く違った印象になるんだろうなと思いました。

最後の方でシャルロッテに頼まれて主人公が朗読する詩は、
何のことやらさっぱりで、読むのが苦痛でした。


若きウェルテルの悩み (新潮文庫)
by camuson | 2014-07-18 22:11 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 17日
うさうさにゃんにゃん 【印象度:80】
1996年ヤングキング初出。単行本は1巻完結(未完という名の完結)。
かれこれ10年くらい前に読んだと思いますが、
最近血眼になって実印を探していた時に目に入り、思わず再読しました。

内容的には青年誌向けの「ストップ!! ひばりくん!」みたいな。
北川はほぼ耕作ですし。

かなりの美人なのに、がさつで、
レズとまでは行かないものの、
男目線、エロ目線で女を見てしまう癖のあるサクラさん。
作者の自己投影キャラなのでしょうか。
好き勝手やってくれてます。好きです。


うさうさにゃんにゃん (ダイトコミックス)
by camuson | 2014-07-17 21:12 | 漫画 | Trackback | Comments(0)