書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2014年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
2014年 09月 28日
当ブログにおける作品の国籍について
カフカの「変身」の国籍は?

作者フランツ・カフカは、プラハ生まれでチェコ語を母語としていますが、
すべての作品をドイツ語で書いています。
カフカが生まれた時代のプラハはオーストリア・ハンガリー帝国の支配下にあり、
同帝国の公用語はwikipediaによると、ドイツ語、ハンガリー語、チェコ語、
ポーランド語、ルテニア語、ルーマニア語、クロアチア語、イタリア語だそうです。

当ブログでは、作品に国籍を設定して分類を行っています。
(参照:国籍索引
当ブログでいうところの作品の国籍は、
第一に作品のメインターゲットとなるマーケットの国籍であり、
(これには作品への投資者(出版社・製作会社等)と、
最終的な消費者(読者・視聴者)があり、どちらに重きを置くかは悩ましい)

副次的に作者の国籍を考慮するものと考えていました。
(母国に母国語の作品マーケットを持つ国は意外と限られているため)

日本の場合は、一国一言語で、歴史的な国境の変化がほとんどないため、
日本語で書かれていれば、日本の出版社でしか出版しないし、
読者として日本人しか対象としていないことから、
上記定義による作品の国籍は、
作者の国籍にかかわらず、日本国籍と言い切れるわけですが、
このようなケースは実は日本だけの特殊事情です。
(アメリカ人作者による日本国籍作品の例:「日本人の英語」(岩波新書))

同じ言語を複数の国で使用していたり、
時とともに国境や支配体制が変わり、言語が変わるのが、むしろ当たり前となると、
出口側では判断ができなくなり、
作者のアイデンティティー、
作者が最も影響を受けた場所のアイデンティティーに重きを置かざるを得なくなってきます。

本来、国というのはまったく固定されたものではなく流動的で、
民族、言語、文化が時間的に流動、変化するわけですが、
当ブログでは、作品を空間軸で分類する便宜上の方法として、
現在における国名を使うという立場をとろうと思います。
(例えばソ連時代のソ連作品の国籍はロシア等の現在の国に変えることにします)


というわけで、「変身」はドイツ語で書かれていますが、作者はプラハの人で、
プラハの国籍は当時はオーストラリア・ハンガリー帝国(ドイツ語が公用語の1つ)でしたが、
現在はチェコなので、作品の国籍はチェコとします。
by camuson | 2014-09-28 19:56 | 蚊も無視する | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 28日
変身 【印象度:85】
1915年発表の中編小説。電子書籍で読みました。
たぶん高校生以来、四半世紀ぶりの再読です。

朝起きたら巨大な毒虫(たぶん芋虫みたいなものと思われます)
に変身していた青年の話。
どこかにぶつけたり、狭いところを無理矢理通ったりすると、
体表が傷つき、おツユが流れ出してしまうという、
ヤワな体の記憶は鮮明なのですが、
どんな終わり方だったかは忘れました。

で、読み出すと面白くて、グイグイ一気に読んでしまいました。

青年の名前はグレゴール・ザムザ。
いかにも芋虫っぽい名前ですよね。
ザムザはちょっと、ざざ虫っぽい響きがあり、そっち系の可能性もありそうです。

非日常的な超常現象に見舞われた主人公を通して、
慎ましい日常を愛おしく感じるとともに、
慎ましい日常が染みついてしまった芋虫そのものも、
悲しくも面白く、愛おしさを感じます。

終わり方は、随分とあっけなく、
オチらしいオチがなく印象に残らなかったので、
すぐに忘れると思います。というかもう忘れかけています。


当作品の国籍について
(参考記事:本ブログにおける作品の国籍について ~カフカの「変身」の国籍は?~)


変身
by camuson | 2014-09-28 19:40 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 25日
果てしなき多元宇宙 【印象度:45】
1967年発表の短編小説。
角川文庫版「時をかける少女」に収録するために書き下ろされた作品。
電子書籍で読みました。

いわゆるパラレルワールドの話です。
なんかの拍子で、とあるワールドの人物が、
他のワールドに移動してしまうと、
1ワールドに同一人物は2人存在できないため、
玉突き現象が起きるというアイディアはなかなか面白いのですが、
オチの付け方が安易で、マンガチックで、
チープな1話読み切りの漫画読んだ読後感です。

短編集と呼ぶには最低3作品必要だよねということで、
書いたんでしょうね。わかります。


時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)
by camuson | 2014-09-25 21:23 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 24日
ラン(自宅周辺5km×1周 計5km)
1か月あいてしまいました。
恵比寿まで走った翌日に出社して事務作業をしていたら、
軽いぎっくり腰になりました。

昔は歩けないようなひどいぎっくり腰に見舞われる半面で、
1週間後にはピンピンしていたのですが、

今回のは一気には来ず、何とか持ちこたえている反面、
長期化してしまいました。

続きを読む
by camuson | 2014-09-24 23:58 | ランニング | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 24日
神様ゲーム 【印象度:91】
2005年発表の小説。
少年少女のためのミステリーを標榜したレーベル
「講談社ミステリーランド」用に書き下ろされた作品。
電子書籍で読みました。

小学4年生の主人公の少年と、その同級生の少年少女達が、
山の中の廃屋をアジトにして、
少年探偵団の活動をするワクワク要素、

神を自称するクラスメートとの交流における絶対的神秘要素、

猫の惨殺に続き、主人公の身近な人が次々と惨殺されていく刺激要素、

ロジックによって推理を進めていくパズラー要素、

短い中にこれらが詰め込まれて、うまいこと融合しています。

ここまで気持ちよく読みを裏切り、
効果的に驚かせてくれた作品はありません。


神様ゲーム (講談社ノベルス)
by camuson | 2014-09-24 21:47 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 23日
ひまわり 【印象度:75】
1970年のイタリア映画。レンタルDVDで見ました。

序盤は、いいおっさんとおばさんが海岸で抱き合ったりして、
どうしたものかなと思ったのですが、
32歳という年齢を聞いて、
意外と若い設定だったことに、麒麟淡麗グリーンラベル吹きました。
日本人の感覚だとそれでも年齢を考えろとなりますが・・・

でも、後半の渋い演技に照準を合わせた結果、
仕方なかったんだなと納得しました。

個人的には、
ロシア戦線に送られた男が、
九死に一生を得て本当にラッキーだなという思いが強く、
他にいくらでもあったであろう悲しい別離と相対化されて、
まったく悲しい気持ちにならなかったんですよね。

戦争とはあまり関係なしに、
男と女の出会いや運命の儚さや切なさに、
ジンときました。

追伸
テーマ曲(ひまわり「愛のテーマ」)に聞き覚えがあるなと思い、
真っ先に市川崑の金田一シリーズが思い浮かんだのですが、
犬神家の一族「愛のバラード」と混同したようです。


ひまわり HDニューマスター版 [DVD]
by camuson | 2014-09-23 17:10 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 22日
ロボット 【印象度:86】
2010年のインド映画。レンタルDVDで見ました。日本公開用の139分版。
歌やダンスがカットされていないインド本国版は177分ですが、
正直日本版でおなかいっぱいでした。

インド人にテクノロジーを与えた結果がこれだよ!!!


あらすじは、ロボット博士が自分そっくりに創ったロボットが、
感情を持つようになり、博士の恋敵になり、お払い箱になり、
悪玉に利用され、暴走し、人間を大量殺傷し、支配しようとし、
ロボットと人間の全面対決に発展するというようなもの。

SFの設定としては周回遅れとも言えるのですが、
ボリウッドの国民的文化産業としてのパワフルさと、
面白いものは精査せずに何でも詰め込んでしまえと言うアジア的カオス精神で、
ハリウッドのCG技術や、香港映画のワイヤーアクションを包括し、
何やらとてつもない熱量を発してしまっている作品です。

特に蚊のシーンが好きです。
アメリカ映画だとC級の烙印を押されることを恐れて、
こういったチープなネタは淘汰されてしまうと思うのですが、
作品をきれいにまとめようとしないところがすがすがしいです。

終盤、ロボットが群体で攻撃してきたところは大笑いできました。
予告編などを見てなかったので、素直に驚けましたね。


ロボット [DVD]
by camuson | 2014-09-22 20:33 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 21日
Yの悲劇 【印象度:80】
1932年発表の推理小説。
早川文庫の電子書籍版(宇野利泰訳)を読みました。

最終章でのドルリー・レーンの告白により、
犯人の可能性が数人に絞られますが、
そこで、ようやく犯人に気づくことができました。
犯人が一度視野に入ってしまうと、
第一の毒殺未遂の不自然さ、
実験室の什器の配置や、なにやら細かい採寸、
死の部屋の窓から覗く犯人の表情、
などが次々に思い浮かび、
ほぼ間違いないだろうと確信しました。


この作品の特徴は、
探偵が犯人を特定した後、謎の行動に出るところと、
叙述的なテクニックとして、
犯人が誰であるかを読者に明かさないまま、
探偵の目を通した犯人の行動の描写がなされるところです。
殺人事件自体のミステリに、探偵の行動のミステリと、作者の作為が混じってしまい、
読んでいて何とも言えない居心地の悪さを感じてしまいました。

だがしかし・・・
名前は伏せられた犯人が、
毒を飲む被害者の様子を窓の外から覗き込むシーンで、
読者は仮想犯人を当てはめることになるのですが、
(私の場合は小説の存在を知っていた女性を当てはめました)
違和感を感じ、これはないなと思いつつも、
ゼロではない可能性に背筋がぞっとしたことを考えると、
効果的な手法であったと評価せざるを得ません。
その後、犯人を当てはめたときのしっくり感も含めて。


Yの悲劇
by camuson | 2014-09-21 21:28 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 13日
ゴジラ 【印象度:89】
1954年の日本映画。モノクロ。レンタルDVDで見ました。

怪獣に翻弄される人間社会のドラマが、
思いのほかリアルに描写されていて、
当時としては驚くべき特撮技術と対等にせめぎ合い、
融合し、熱を発しているのを感じます。

高揚感を煽る音楽が素晴らしい。
神々しいまでの咆哮など音響も素晴らしい。

ゴジラが落っことしていった三葉虫を見て、
子供の頃、生きた三葉虫を飼うのが夢だったことを思い出しました。


ゴジラ(昭和29年度作品) [60周年記念版] [DVD]
by camuson | 2014-09-13 08:11 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 10日
悪夢の真相 【印象度:60】
「中二コース」1964年9月号~12月号に連載された短篇。
角川文庫版「時をかける少女」に収録。電子書籍で読みました。

深層心理に潜む恐怖をテーマにしていて、
厨二向けにしては、しっかり構成されているなという感想です。
表現に縛りがある中でよくやってると思います。
素朴で逆に新鮮です。


時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)
by camuson | 2014-09-10 22:23 | 書籍 | Trackback | Comments(0)