書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2015年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2015年 08月 30日
だから仏教は面白い! 【印象度:85】
2014年発表。電子書籍版を読みました。

ミャンマーでの修行経験も持つ若き仏教研究者が、
わかりやすい例示により、仏教の要諦を説明するというもの。
他の入門書では扱うことがないディープな領域まで迫る意欲作だと思います。


とかく仏教に深い関わりを持っていない一般人は
仏教が人間的な道を説いていると考えがちですが、
第一章「仏教はヤバイもの」で、
まずは、その認識をひっくり返すことから始めています。
ゴータマ・ブッダは、およそ人間的な価値観を否定した先に悟りがあると説いていると。

そして、現代人が人間的なものとして価値を置いているものの例として
例えば「愛」を挙げたとしたら、その範囲が広く抽象的になってしまうところですが、
「おっぱい」を挙げることで、とても具体的にわかりやすくなっています。

「おっぱい」は、悟った人から見れば、脂肪の塊以外の何物でもないわけですが、
悟っていない我々は、それに観念的な意味付けを行い、
あまつさえ、それを愛でることさえしてしまいます。困ったものです。

ちなみにゴータマ・ブッダは女性を紹介されたときに、
こんな「糞袋」は足でも触れたくないと、さらりと答えたとのことです。
さすがブッダ(悟った人)だなと思います。
物理的には糞の詰まった袋でしかないのは事実ですから。
普通は思っても口にしないわけですが、
さすが、ブッダ。痺れます。憧れます。

大乗仏教を説明するわかりやすい例として挙げられた、
蝉丸Pから拝借した「大乗仏教同人誌説」は、
楽しみながら読み進めることができました。

後半は仏教用語が加わり、少し観念的になってくるのですが、
「輪廻」「無常」「苦」「無我」の意味や関係も理解できました。

おかげで、人間的な価値観をすべて棄ててまで、
悟りを開こうなどとは露ほども感じなくなりましたが、
仏教に対して更なる興味が湧いてきました。


だから仏教は面白い!前編
by camuson | 2015-08-30 20:43 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 26日
羅生門 【印象度:60】
1915年発表の短編。青空文庫電子書籍版を読みました。

学生の頃に読みましたが、
当時は門の上に登るってどういうこと?
とうまくイメージを結べなかった記憶があります。

今読むと、少ない言葉で、はっきりとイメージが浮かび上がってきます。
名文ですね。
文中に「sentimentalisme」というフランス語が使われているのですが、
まったく記憶に残っていなかったので、おっと思いました。

学生時代に読んだときは古めかしい文章としか思っていませんでしたが、
語り手が現代人であることを意識させる、
思いのほか洒落っ気のある文章で、新たな発見でした。

羅生門
by camuson | 2015-08-26 21:10 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 25日
インセプション 【印象度:70】
2010年のアメリカ/イギリス映画。レンタルDVDで見ました。

他人の夢の中に入り込んで、自由に行動できる技術があるという世界設定。

他人の夢に入り、アイディアを盗むことをビジネスとして営んでいるのが、
主人公のディカプリオ。

とある会社の経営者、渡辺謙が、
ライバル会社の跡継ぎの潜在意識をいじるように
ディカプリオに依頼するという話。

と、ここまではまだノーマルな想像の領域なのですが、

これに、
夢の中でも夢を見る、その夢でまた夢を見る・・・という夢のネスト構造、
ネストの奥の奥まで入り込んで行けるという設定と、
夢の中では時間の進みが遅くなるという設定が重ねられ、
一気に複雑になります。

(私体験で恐縮なのですが、
夢から覚めて、重たい体を鞭打って、大変な思いをして起きてみたものの、
実は夢から覚めたのは夢で、まだ寝床に寝ていた・・・以下ループ。
という悪夢に陥ったことがある私ですが、
この発想は考えつきませんでした。感心しました。)


と、ここまでは、何とかついて行けるのですが、

これに、
薬の調合だの、目覚めても虚無に陥るだの、
細かい設定が、説明っぽく後付けされるので、
わー、めんどくさー!となってしまいました。

それと、夢に荒唐無稽なところが少なく、全然夢っぽくない感じですね。
夢と現実を区別がしづらいことが、その後の展開にも関わってくるので、
登場人物の感覚と視聴者の感覚が乖離しないよう調整した部分もあるのでしょう。


序盤でやたら複雑さ、めんどくささを感じた割には、
終盤、それなりにスッキリまとまって納得感はありました。
細かいところは理解できてないと思いますが。


P.S.
音声:英語、字幕:日本語 に設定したのに何故か
音声:日本語、字幕:英語 で再生され、何度設定をいじっても変わらず。
最初の登場人物が日本人で日本語をしゃべっていたというトラップでした。
日本人に見えんし。アフレコで吹き替えみたいだし。


インセプション [DVD]
by camuson | 2015-08-25 22:07 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 23日
CLAYMORE 【印象度:98】
2001年。月刊少年ジャンプに掲載開始。
2007年のジャンプSQへの移籍を経て2014年に完結。

2007年放映のアニメにはまったのがきっかけで、
放映途中に原作漫画の既刊単行本をすべて購入し、
アニメ放映終了後もしばらく掲載誌のジャンプSQを購読していたのですが、
月刊誌の掲載ペースの遅さに耐えきれなくなり戦線離脱。

過去記事:「CLAYMORE(アニメ)


あれから7年・・・・

この度、作品が完結したことを知り、15~27巻まで電子書籍版を購入し、
1週間くらいかけて読み終えました。


北の戦乱以降、一気に風呂敷を広げすぎじゃないか?
これまで築いた世界観が矮小化してしまわないか?
内容の引き延ばしとワンパターン化だけは避けて欲しい。

という懸念を7年間持ち越していたのですが・・・


結果的には、歳月を感じさせない一連の疾走感があり、
週刊誌の人気連載なら5倍10倍に引き延ばすところを
惜しみなく切り詰めることで、更なる高みに達し、
かつ、行間に想像の余地を残す、深みが得られていると感じました。

意外性のある展開により緊迫感を持続させる流れと、
過去の伏線を丁寧に回収していく流れの絡まり具合が心地よいです。

終わりが近付くほど、読み進めるのがもったいない、
でも話の行方を知りたいという葛藤に苛まれました。


後半登場のキャラクターでは、クラリスとミアータが好きですね。
主人公達がユマですら、スーパーマンになってしまった後、
クラリスは人間的で感情移入がしやすく、
ミアータとの疑似親子関係は癒やしですらありました。
途中影が薄くなりましたが、美しく昇華され強く心に残りました。



CLAYMORE 27 (ジャンプコミックスDIGITAL)
by camuson | 2015-08-23 23:55 | 漫画 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 14日
天使のたまご 【印象度:87】
1985年発表のOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)作品。
Blu-ray DISCを購入して視聴しました。

服の下に大きなたまごを抱え込み、
妊婦のようにお腹を膨らませた少女が、
人のいない古いヨーロッパ風の街並みの中をひたひたと走る様子を、
ひたすら追っていく、前衛的な作品。

少女は白い長い髪で、
キューティクルがダメージを受けてパサついた感じで、
どこか老婆にも見える雰囲気です。

暗くひんやりとした世界。
過剰なディテール。
まるでバンド・デシネの中に入り込んだような感覚。

暗喩の意味が分からなくても、
心地悪くはない、というかむしろ心地いい不思議。

P.S.
根津甚八ってどういうこと?
と思ったが案外悪くなかった。


天使のたまご Blu-ray
by camuson | 2015-08-14 20:23 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 04日
愛国計画 【印象度:60】
2015年発表の小説。
最近たまたま見つけて、よく閲覧していた映画批評ブログサイトの管理人が、
いきなりamazonの電子出版で本を出したので、購読してみました。

私が購入したときは280円だったのですが、売れてないらしく(笑)
一大決意で100円に値下げしたようですが、それでも売れていないらしく(笑)
落ち込んだあまり、ブログを休止したようです(単なる推測)


さて、作品です。
近未来。移民受入れが進む日本が舞台。
「庇を貸して母屋を取られる」を地で行く政策に異を唱える愛国的活動と
アイドルグループ活動の融合がコンセプト。

発想は面白いと思います。
冒頭の竹島特攻の描写は、美しくて引き込まれます。

ただ、途中、ダレるのですよね。
長く感じて、読むのに時間がかかってしまいました。
そもそも、アイドルグループに大して興味がないわけで、
(読者層の大多数がそうだと思います。)
興味のない人に興味を持たせるような、
知らない世界を覗き見するワクワクするようなネタやシカケがあれば、
もっと入り込めたような気がします。

一般人には現実感の希薄なアイドルタレントの世界に、
中途半端な近未来SF技術を重ねたのが、
更に現実感を希薄にしている気がします。
(話を展開するのに便利に使っているのは分かります)

この内容であれば、ボリューム半分くらいで、
一気に昇華する疾走感が欲しいですね。


愛国計画

by camuson | 2015-08-04 22:01 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 02日
レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー 【印象度:80】
2009年のアイスランド映画。レンタルDVDで見ました。

ホエール・ウォッチングのツアーに参加した人たちが、
捕鯨で生計を立てていた一家の恨みを買い、
船上で惨殺されるスラッシャー作品。

序盤は、ツアー客のエセ日本人のオッサンに大笑い。
あと、ツアー客のおばさん3人組が、
他人の悪口言ったり、スケベな話したりと、
いかにもそこら辺にいそうな感じのナチュラルな陰険さでグッド!

惨殺は、威勢がいい感じで、
迫り来る恐怖は余り感じられませんが、
ヴァリエーションが多彩で楽しめます。

裕木奈江が不思議な役どころをよく演じています。


レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー [DVD]
by camuson | 2015-08-02 16:35 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 01日
コードギアス 亡国のアキト 第4章「憎しみの記憶から」 【印象度:75】
2015年発表のアニメ映画。
公開から1月近くたっており、
上映館は都区内では新宿バルト9だけになっていました。
仕方ないので、会社帰りに24:05~の回を見てきました。
やや小ぶりなスクリーン5。観客10人くらい。
またもや実質最前列でした。


さて、作品です。
前作の第3章で、戦闘以外の描写に重心が移ったので、
本章からこれまで進まなかったストーリーが、怒涛のごとく動き出すかと思えば、
また、戦闘シーン中心のこれまでの調子に戻ってしまいました。

ストーリーに時間を割けていてない分、
話があまり進まないわりに、話が飛躍せざるを得ず、
結果、戦場はいいとしても、
欧州本土の混乱にリアリティが感じられないのですよね。

ま、最終章に期待です。
by camuson | 2015-08-01 12:41 | アニメ | Trackback | Comments(0)