書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2015年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2015年 11月 28日
パンズ・ラビリンス 【印象度:96】
2006年のメキシコ/スペイン/アメリカ映画。レンタルDVDで見ました。

ファンタジー作品だと思っていたのですが・・・

軍と反体制ゲリラとの内戦の前線が舞台で、
訳あって連れてこられた少女が裏世界にいざなわれ、行き来するという話です。
内戦映画、ファンタジー映画は、それぞれ数多くあるでしょうが、
双方濃密に描写した上で、融合させたところに新味を感じました。

少女のみがファンタジー世界に落ちる構造は、
小説「ふしぎの国のアリス」(※1)に近いですが、
軸足をリアル世界に置いているところが異なります。

ファンタジー世界をお花畑ではなく、
虫や蛙、異形がうごめく陰鬱で泥臭く生臭い世界として描いていて、
その過剰なビジュアルが面白いのですが、
現実世界と絡み合ったときに、
マジックリアリズム(※2)のような風合いとなるのもまた面白いです。

展開は、ありがちの逆を行くことが多く驚かされるのですが、
奇を衒ったようには感じられず、ごく自然な流れです。
最後には複雑な余韻を残す、よく練られたシナリオだと思いました。

今まで、映画で見てきた鬼軍人の中でも結構レベル高いな彼は。


※1.参考記事:「ふしぎの国のアリス」
※2.マジックリアリズム→参考記事:「百年の孤独」


パンズ・ラビリンス [Blu-ray]
by camuson | 2015-11-28 23:23 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 25日
天国と地獄 【印象度:94】
1963年の日本映画。レンタルDVDで見ました。

白黒映画ですが、一部ピンク色が効果的に使われています。

黒澤明の現代劇を初めて見たのですが、いやー、面白い。

誘拐犯人を警察が捜査によって追い込んでいくという話なのですが、
犯人が誘拐する子供を間違えるという発想がすばらしく、
話が俄然面白くなっているんですよね。
でもあり得ないわけではない。
なさそうで、ありそうな、絶妙なラインを巧く踏んでいます。

そして、緻密かつ泥臭い捜査の詳細が、いちいち面白い。

三船敏郎、仲代達矢、山崎努とキャラも立ちまくりです。

山崎努は、若き医学生役。
後年と比較するとまだまだ薄味で、むかいり(向井理)とか、そっちに近い感じ。
でも、最後は迫真の演技でした。

まだ新幹線ができる前で、特急こだま号の時代です。


天国と地獄[東宝DVD名作セレクション]
by camuson | 2015-11-25 21:16 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 23日
ラン・ウォーク・フォト(~小村井~亀戸 計13km)
3週間ぶりです。

10km付近で右膝外側痛出ました。

小村井は20年前に中古車を買ったマツダのディーラーがあり、
定期点検もそこでやっていました。
15年前くらいに行ったのが最後ですかね。懐かしいです。

続きを読む
by camuson | 2015-11-23 15:22 | ランニング | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 22日
ミツバチのささやき 【印象度:88】
1973年のスペイン映画。レンタルDVDで見ました。

スペインというと温かいイメージがありますが、
寒々とした乾いた枯れた内陸の村が舞台です。
そんな寒村にも、娯楽として映画がやってきます。
公民館風の石造りの建物に子供も大人も倚子を持ち寄り、映画が上映されます。
そこで映画「フランケンシュタイン」を見た少女の物語です。

特に日本の映画に顕著なのですが、
往々にして子役が「子供」を演じてしまうことが多いところ、
本作にはそれがまったく感じられません。

子供たちの格好も、大人のミニチュア版といった風で、
子供らしい服とか着てないんですよね。
キャラクターがプリントされたシャツとか、
ランドセルとか、黄色い帽子とかの子供を示す記号がない世界。

そのことが、逆に、寒く、枯れて、乾いたシックな世界の中で、
子供らしいちょこまかした体の動きを際立たせていて、
心が少し温まる感じで、不思議な対比になっています。

で、枯れ木、枯草ばかりで、花らしい花もない世界で、
なぜか親父が養蜂をやっているというのが、
また、何とも不思議な取り合わせで、
不思議な雰囲気を醸し出しているのですよね。

主人公は、最初は男の子かと思ったのですが、
おとなしいけど秘めてるものがある、
黒髪で黒目の大きいかわいい女の子です。
姉は金髪で大味な感じ。

アナかわいいよアナ。
アネ(姉)そうでもないよアネ。


ミツバチのささやき HDマスター [DVD]
by camuson | 2015-11-22 11:35 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 20日
ある歌い女の思い出 【印象度:45】
1994年のチュニジア映画。レンタルDVDで見ました。

王家の召使いの娘として育った歌姫(主人公)が、
父親のように慕っていた王家の跡継ぎの訃報を聞き、
廃墟になった王家を訪れ、彷徨いつつ、
王家で過ごした娘時代を回想するという話です。

主人公は、現在ではせいぜい20台後半、
回想シーンでは10台後半といったところでしょうか。
主人公だけ、時代に応じて別々の役者が演じているのが、
まず不自然で、混乱を誘います。

そして、ただひたすら、王家の日常の一端を回想するだけなので、
かなり退屈で、とてつもなく長く感じてしまいました。

役者は良く演じてると思います。
少女時代の主人公は健康そうで愛嬌のある、奥山佳恵系統。


ある歌い女の思い出
by camuson | 2015-11-20 21:50 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 18日
イスラム国の野望 【印象度:75】
2015年発表。電子書籍版を読みました。

中東専門家の高橋和夫氏によるイスラム国の入門書。

読みやすくて、くだけていて、テンポが良く、わかりやすい。

入門書として最適ですね。

同じくイスラム関係の入門書の良書。
「知らないと恥をかく世界の大問題 学べる図解版 第4弾 池上彰が読む「イスラム」世界」
過去記事参照)が、
ジェネラリスト池上彰氏による、図版をたくさん使用した
イスラム世界全般の教科書的な入門書なのに対して、

こちらは、イスラム国に関連したトピックをたてて、
スペシャリストならではの経験に基づき、雑談を交えつつ、
わかりやすく解説する、読み物の色合いが強い入門書です。

どちらも非常に読みやすくわかりやすいです。
相互補完的に利用できるのではないでしょうか。


イスラム国の野望 (幻冬舎新書)
by camuson | 2015-11-18 20:42 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 15日
鉄コン筋クリート 【印象度:80】
2006年のアニメ映画。レンタルDVDで見ました。

原作はほぼ未読です。
学生時代、ビッグスピリッツを読んでいたときに、
原作漫画が連載されていたのですが、絵柄があまり好きでなく、スルーしてました。
文字よりも絵で紡いでいくタイプの作品ながら、かなりクセのある絵柄で、
特に主人公が動物のかぶり物をした子供という時点で反射的に回避していました。
青年誌の中で結構異質な存在感があった気がします。

後で評価が高いことを知り、単行本1巻を購入していたのですが、
結局読みませんでした。

原作からかなり間を置いて、アニメ化の話が持ち上がり、
監督が外国人ということで、当時話題になっていたのを思い出し、
見てみることにしました。

思っていた以上に楽しめました。
原作漫画に比べて、たぶん細部の書き込みがずっと繊細で、
色彩のセンスもよく、カメラワークや画の構成が堅実でしっかりしていて、
変に作家性を出そうとかしないところに好感を持ちました。

話は主人公の子供、町のチンピラ、ヤクザとの抗争の話で、
ありきたりだし、心動かされるところは少ないですが、
町の雰囲気に浸るのが心地いい作品ですね。

主人公の年少の子供の声が、明らかな女声なのが、
気になってしょうがなかったのですが、
それ以外はあまり気になりませんでした。
声優が演じてると思っていたのですが、蒼井優でした。
声優張りの名演が逆に鼻についたのかなあ。


鉄コン筋クリート (通常版) [DVD]
by camuson | 2015-11-15 19:11 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 01日
第4回南魚沼コシヒカリRUN in 石内(ハーフ)
ネットタイムで1:49切るくらい。2年前のタートルマラソン(荒川沿い)とほぼ同じですが、
自己ベストでした。

続きを読む
by camuson | 2015-11-01 09:30 | ランニング | Trackback | Comments(0)