書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:ふ ( 24 ) タグの人気記事
2016年 10月 27日
フェノミナ 【印象度:75】
1985年のイタリアンホラー映画。

まとまりがないし、安っぽいところも散見されるのですが、
それでも光るところがあると言うか、
心に引っかかってくると言うか、
嫌いになれないというか、むしろ好きな作品です。

続きを読む
by camuson | 2016-10-27 22:50 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 25日
フィンランド 豊かさのメソッド 【印象度:60】
2008年発表。電子書籍版を購読。
2000年にフィンランドに留学し、大学院を卒業し、
就職した女性の目から見たフィンランド社会の手記。

続きを読む
by camuson | 2016-08-25 23:49 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 17日
プロジェクトA子 【印象度:90】
1986年の劇場公開アニメ。アメリカ版DVD購入。

SFギャグバイオレンスアニメの金字塔。

続きを読む
by camuson | 2016-08-17 22:20 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 12日
プレッシャーなんてこわくない 誰でも本番で勝てるメンタル強化術 【印象度:75】
2015年発表。
原題は「Performing Under Pressure:
The Science of Doing Your Best When It Matters Most」

邦題は、キャッチーな反面、自己啓発本にありがちな安っぽさですね。

続きを読む
by camuson | 2016-08-12 23:17 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 24日
プロジェクトA 【印象度:55】
1983年の香港映画。レンタルDVD。
ジャッキー・チェンは私が小中学校時代にリアルタイムで人気でしたが、
彼の作品をきちんと通しでみるのは初めてになると思います。

続きを読む
by camuson | 2016-07-24 19:16 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 30日
ブリキの太鼓 【印象度:65】
1979年のドイツ/ユーゴスラビア/ポーランド/フランス映画。レンタルDVD。

公開時は小学生でしたが、情報誌ぴあ の表紙に主人公が描かれていたのが
強く印象に残っています。
原作小説は未読ですが、大学のドイツ語教材で使われていて部分的に読んだ気がします。


3歳で自らの意志で成長するのをやめた男が主人公。
第二次大戦下の自由都市ダンツィヒ(現在ポーランド領)がおもな舞台。

彼の周りの人たちが、彼の奇行に翻弄され、
ナチスの侵攻に翻弄される様子が描かれていきます。

奇人の視点で奇妙な世界観を見せつつ、庶民の生活を見せつつ、
戦争の影響も見せつつという感じですが、

いろいろと欲張りすぎて話が散漫になっている気がします。

主人公の彼は適役ですね。
キモい狂気の幼児を良く演じています。レクター博士を彷彿とさせます。

しかし・・・
肌身離さずブリキの太鼓を叩き、奇声を発してはガラスを割る
キモい狂気の幼児でさえモテモテだというのに、お前らと来たら・・・


ブリキの太鼓 [DVD]
by camuson | 2016-04-30 08:08 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 22日
フランケンシュタイン 【印象度:55】
1931年のアメリカ映画。モノクロ。レンタルDVD。

マッドサイエンティストのフランケンシュタイン博士が、
人造人間を作る話です。

このフランケンシュタインという人が、ペラペラに軽薄な奴で、

マッドサイエンティストなら、最後までそれに徹しろと思うのですが、
人造人間に命を吹き込むのに成功した後は、
何故か正気に戻って、新妻との新婚生活を楽しみ始め、
自分がつくった怪物のことを忘れてしまうというノーテンキさ。

その間に人造人間が町に飛び出して、人に危害を与えるという、
もうね。マッドサイエンティストの風下にも置けません。

一方、「せむし」はなかなかに「せむし」らしく役をまっとうしています。

秘密の研究所も立体的なつくりでいい感じです。


P.S.
子供の頃はみんな「フランケン死体」って呼んでたよね。


フランケンシュタイン [DVD]

 
by camuson | 2016-03-22 20:19 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 21日
ファニーゲーム 【印象度:87】
1997年のオーストリア映画。レンタルDVDで見ました。


卵とゴルフボールは冴えたアイディアですね。

卵の男の鈍臭さと図々しさと来たら・・・
デンジャラスのノッチみたいな人を、長袖半ズボンにしたのも、いいセンスです。

終盤はあっさりしていて、あまりネチっこくない、
ネチっこくするときりが無いですから、良かったと思います。

リモコンのアイディアは、
作品そのもののリアリティを削いでしまうので、
入れない方が良かったと思います。


ファニーゲーム [DVD]
by camuson | 2015-04-21 21:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 28日
蒲団 【印象度:75】
1907年発表の小説。青空文庫の電子書籍版を読みました。

私小説と言うことですが、そう言わなければ、
作者の創作ですむ話です。
私小説というジャンル自体いらなくね?
重要なのは事実かどうかではなく、面白いか、共感できるかじゃね?
作品の背景を知るのは、別腹で面白いとは思いますが、
作品の評価にそれが入り込んでしまうのは、ちょっと違う気がします。

それはそうと作品は面白かったです。

若い女性に師として慕われた男が、恋心を抱いて煩悶するという話です。
ある程度の歳を重ねた男にとっては、似たような境遇になる可能性は
十分にあり得るという設定が良いです。
(私小説なら設定ではなく経験のチョイスなのでしょうが・・・)

シンプルな設定で、余計な展開はほとんど無く、
主題を細かくつついて、ふくらまして、
読者の興味を持続させる技巧がすごいです。

「蒲団」「田山花袋」という野暮ったいタイトル・ペンネームからは
想像してなかったですが、
繊細で美しい文章です。


蒲団
by camuson | 2014-11-28 21:28 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 20日
ファンタスティック・プラネット 【印象度:88】
1973年発表のフランスアニメ。Blu-ray DISCを購入視聴しました。

青い肌、赤い眼球、魚の鰭状の耳を持つ巨人ドラーグ族と、
そのペットとして飼われる人間オム族の話。

主人公の飼い主である巨人の女の子が、
賢くて、母性本能もあり、結構可愛いんですよね。

主人公が飼い主から逃げ出し、知恵をつけ始め、
種族間闘争に発展していきます。

アニメーション技法はコマごとにキャラクターを描くセルアニメではなく、
紙に描いたキャラクターをハサミで切り取り、
背景画の上にのせて動かすというものです。

セルアニメの場合は、コマの連続性を保つ必要性から、
しばしば境界部をはっきりさせるデフォルメがなされますが、

本作の場合は、描いた絵を動かす手法であるため、
手書きの細かい線のタッチ、絵心が残っていて、
日頃見慣れているアニメとはずいぶんと風合いが違います。
バンド・デシネの世界を動画にしたような感じでしょうか。


不思議な造形、タッチ、色合いで描かれる幻想的景色と
BGMとして流れるプログレッシヴ・ロックサウンドが
とてもよくマッチしていて、相乗効果で幻想世界が更に広がります。


ファンタスティック・プラネット [Blu-ray]
by camuson | 2014-06-20 21:25 | アニメ | Trackback | Comments(0)