書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:エミール・クストリッツァ ( 1 ) タグの人気記事
2011年 05月 21日
ライフ・イズ・ミラクル 【印象度:86】
1994年のセルビア・モンテネグロ、フランス映画。
レンタルDVDで見ました。

それほど古くはない映画ですが、
古き良き映画を彷彿とさせる雰囲気です。
全体的に赤錆がかっていて、透明感がない、
カーキー色の目立つ油絵的な絵づくりなんですよね。

ロケーションもとてもシャレてるなと思いました。
主人公の家はボスニアの片田舎の山を背にして建てられているのですが、
家の前方には結構な傾斜で下る草原が広がっていて、
そこに張り出して設置したテラスからは草原を俯瞰することができます。
ここで驚くのは、家の真ん前、テラスとの間に鉄道の線路が走っていることです。
山は、家の背だけはなく、左右にも迫っているようで、
家の前を通る鉄道の線路は左右の山をトンネルで抜けていきます。

さて、このボスニアの山奥の一軒家に、
妻と息子と3人で暮らしているセルビア人の男が物語の主人公です。
男は鉄道技師、妻はオペラ歌手で、息子はサッカー選手をめざしています。
家の前を通る鉄道は昔オーストリアが敷設したものの開通しておらず、
現在、開通に向けた作業が進められています。
おそらくその都合で、鉄道技師として現場近くに引っ越してきた
という設定なのでしょう。
(仕事らしい仕事をしてるシーンがないので謎ではありますが)

主人公家族を中心に、この地での生活が、
コミカルに、かつ、丁寧に描き出されていきますが、
その切り出し方と、つなぎ方に絶妙なセンスを感じます。

そうこうしているうちに、ボスニア紛争が勃発し、片田舎とはいえ、
その影響を少なからず受けることとなり、話は動いていきます。
ただし、あくまでも紛争は背景であり、
一貫して人の生き様を描くことに軸足を置いているところが、
他のボスニア紛争を扱った作品と異なるところでしょうか。

結局、紛争があろうが、人間やることはやるし・・・
という人間賛歌みたいなものになっていて、
見終わって、すがすがしい気持ちになる仕上がりとなっています。

ヒロインが大柄なスラブ系美人なんですけど、
表情などがイノセントなスケベという感じで悪くないです。

ライフ・イズ・ミラクル [DVD]
by camuson | 2011-05-21 21:10 | 映画 | Trackback | Comments(0)