書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:エラリー・クイーン ( 2 ) タグの人気記事
2014年 09月 21日
Yの悲劇 【印象度:80】
1932年発表の推理小説。
早川文庫の電子書籍版(宇野利泰訳)を読みました。

最終章でのドルリー・レーンの告白により、
犯人の可能性が数人に絞られますが、
そこで、ようやく犯人に気づくことができました。
犯人が一度視野に入ってしまうと、
第一の毒殺未遂の不自然さ、
実験室の什器の配置や、なにやら細かい採寸、
死の部屋の窓から覗く犯人の表情、
などが次々に思い浮かび、
ほぼ間違いないだろうと確信しました。


この作品の特徴は、
探偵が犯人を特定した後、謎の行動に出るところと、
叙述的なテクニックとして、
犯人が誰であるかを読者に明かさないまま、
探偵の目を通した犯人の行動の描写がなされるところです。
殺人事件自体のミステリに、探偵の行動のミステリと、作者の作為が混じってしまい、
読んでいて何とも言えない居心地の悪さを感じてしまいました。

だがしかし・・・
名前は伏せられた犯人が、
毒を飲む被害者の様子を窓の外から覗き込むシーンで、
読者は仮想犯人を当てはめることになるのですが、
(私の場合は小説の存在を知っていた女性を当てはめました)
違和感を感じ、これはないなと思いつつも、
ゼロではない可能性に背筋がぞっとしたことを考えると、
効果的な手法であったと評価せざるを得ません。
その後、犯人を当てはめたときのしっくり感も含めて。


Yの悲劇
by camuson | 2014-09-21 21:28 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 16日
Xの悲劇 【印象度:75】
1932年発表の推理小説。
ハヤカワ・ミステリ文庫の電子書籍版(宇野利泰訳)を読みました。

エラリー・クイーンがバーナビー・ロス名義で著した悲劇4部作の第1作目です。

探偵は引退したシェークスピア舞台役者で、
事あるごとにシェークスピア劇の台詞を引用し、
中世風の大邸宅に怪しい老召使を何人も抱え込むという、
一言でいえば変人です。
この老探偵の存在により、作品全体がペダンティズムに包まれています。


本作について言えば、この老探偵が金田一なみに役に立ちません。

事がすべて終わった後の探偵の推理は論理的ではあるものの、
可能性を一つずつ潰していくくどい説明は、
論理的思考過程として必要なのでしょうが、
エンターテインメントとしてはあまり光るものを感じられませんでした。


犯人が主要人物ではないので、キャラクターがほとんど描かれず、
当然感情移入もなく、感動も少ないのですよね。
犯人に深く同情し、尊敬までしますが。


どちらかというと警察と検察によるリアルな捜査を追っていく、
硬派な警察小説的な風味が強いのかなと思いました。
警察・検察と探偵が、まだ信頼関係が築けていないこともあって、
互いに牽制し合って、独自に捜査活動を行うところなど面白いです。

だが、しかし、探偵がいくら元役者だからと言え、
完全に他人になり切れるてしまう変装術を持っているという
非現実的な設定はいかがなものかと思いました。
しかも、その変装術が大筋に影響を与えるでもなく、
結局のところ爺さんが周りを驚かしたかっただけという・・・
なんともオチャメな爺さんだとも、さすがの役者魂だとも言えなくはないのですが、
硬派な作風が崩れ、なんとなく中途半端な感じがしてしまいました。


まあ、本作は設定編的な位置づけと考えて、
評価の非常に高い次作に期待します。


Xの悲劇 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
by camuson | 2014-08-16 13:04 | 書籍 | Trackback | Comments(0)